fc2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
山本コウタロー トーク&ライブinもっきりや
2009年09月09日 (水) | 編集 |
山本コウタローさんのライブが金沢であると知って夫に伝えると
「それは是非とも行かなくちゃね」と言ってくれたけれど
夫は平日なので難しいとのことで
誰か友達を誘ってみれば?と言われ
ぱっとひらめいたのが
高校大学とずっと一緒だった友達

17歳だった高校生の時、彼女との出会いは衝撃的だった

「こんなに楽しく生きられるんだ」

彼女と知り合って、一番強く思ったことがそれ

それまではどちらかというとネガティブシンキングで、
クヨクヨすることばかりの私だったけれど
前向きでアクティブな彼女のおかげで、『楽しく生きる』ことを教えてもらった。
彼女はそういう意味では恩人でもあると思っている(^-^)

今も、彼女に会えばいっぱい笑って
すごく元気をもらえる。

一緒にライブに行けば、楽しさ倍増

さて、高校生の息子が2人いる現役薬剤師(パートだけど)の彼女と
夕方から一緒に出掛けるなんて機会は滅多にないので
せっかくだから、夕食もどこかで一緒に食べようということになった。

お互いに家族の食事の準備をすませて、
初心者マークの我が家の末っ子の送迎で、
ライブの行われる『もっきりや』のある柿木畠周辺で
彼女と私の共通の友人のオススメのお店に行ってみた。
(それは時々このブログに登場する北京に住む友人)

鳥の坊 鳥の坊
串焼きと釜飯のお店 『鳥の坊』

串焼きも丁寧な味で美味しかった(映像を撮り忘れたけど ^^;)
釜飯が、しっかりダシの味が効いていて見た目以上に美味しかった アップロードファイル

北京に住む友人のブログでの紹介記事はコチラ
http://lamer22.blog110.fc2.com/blog-entry-32.html

さて、満腹したところで
まだ1時間近く早いけど『もっきりや』に向かう

山本コウタローライブ 山本コウタローライブ

このチケット、メールで予約して、受け取りに行ったら
裏側に書いてある番号が001と002 (^^;)

ほとんど全く宣伝というものをやってなかったけど
果たしてコウタローさんのライブがあることを知っている人っているんだろうか・・・不安になる。
もう少し、地元情報誌とか新聞のイベント欄とかに
広告を出して、たくさんの人に知らせて欲しかったなぁ。。。。

「もっきりや」のご主人は
「コウタローさんを聴きたいという年代の人たちに
 宣伝する手段がないんですよね~
 もっと若い人だとネットとかでみてくれるんだけど」って仰ってたけど
地元の情報紙とかに出す商業広告って高いのかなぁ。

南こうせつさんやチューリップのコンサートがあったときは
テレビのCMが何度も流れていたし、
生協の共同購入でチケットを売っていたもんなぁ。

山本コウタローライブ

全く宣伝されていなかったライブだったので
超満員というわけにはいかなかったが
その代わり、とてもアットホームな雰囲気のライブになった

ほぼウィークエンドメンバーが全員揃ったライブは
それぞれのメンバーのスケジュールの関係や
地方都市でのライブハウスでは、その広さ(狭さ?)の関係で
できない場合があるけれど
これからはコウタローさん一人でも、
地方都市の小さな会場でも機会があればライブをやっていこうと思われたそうで
この金沢の「もっきりや」が、その最初のライブなのだそうだ。

金沢をスタート地点にして下さったことが、とても光栄で嬉しい(*^_^*)

ほぼウィークエンドのミュージシャンという歌の中に
    
    スーパーの駐車場のステージで
    でも手抜きだけはするものか
    聴いている人が一人いれば
    心が届くように歌うだけ

というフレーズがある。

コウタローさんは歌っていらっしゃる時は
まさにそんな風に

歌うとこが楽しくてたまらないという風にだったり
渾身の歌声という雰囲気だったり

とても素敵なライブを聴かせて下さるのだった。。。。。。


もちろん、トークタイムも楽しくて面白くて
一緒に行った友人は爆笑していた(^O^)

演奏曲目は
    懐かしき海の歌(ウィークエンド)
    落ち葉の舗道(ウィークエンド)
    走れコウタロー(ソルティシュガー)

    遠い世界に・今はもう誰も・僕の胸でおやすみ  を口ずさんで(^-^)

    フォーエバーヤング(吉田拓郎)
    虹の風船(ほぼウィークエンド)
    東京の詩(ウィークエンド)

          休憩を挟んで

    ウィスキー(新曲・ほぼウィークエンド)
    青春は心の中に(渡鬼オヤジバンド)
    LOVE-LY(ほぼウィークエンド)
    Old country song(コウタローさんソロ時代の曲)
    musician(ほぼウィークエンド)
    森へ帰ろう(ほぼウィークエンド)
    岬めぐり(ウィークエンド)

    ★アンコール 
    カリフォルニア・ドリーム(ウィークエンド)
    めぐる季節に(ウィークエンド) 
    煙草露地(少年探偵団)

7時半に始まったライブが終わったのは9時55分

すごくすごく素敵な時間だった


一緒に行った友人が高揚して楽しんでくれていたこともすごく嬉しかったし
東京から来てくれた、ファン仲間のお友達と
一緒にライブを聴くという夢がひとつ叶ったこともすごく嬉しかった

    
山本コウタローライブ


いつかまた、コウタローさんとほぼウィークエンドのライブが聴けるといいなぁ

スポンサーサイト



web拍手 by FC2

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック