fc2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
 Rちゃんの表現会
2024年02月16日 (金) | 編集 |
長男家の次女であるマゴのRちゃんは4歳
只今こども園の年少さん
生まれて1年と半年くらいの頃に
ママのKちゃんがお仕事に復帰して
こども園には赤ちゃんの時から通っている

Rちゃんが生まれたのは2019年の春で
1歳になる前からコロナ禍が始まってしまっていたので
こども園の行事は中止になったり延期になったりで、
開催できるようになってからも
観覧に行けるのは1家庭から家族ひとりとかふたりとか人数制限があり

Rちゃんのこども園の行事(夏まつりとか運動会とか表現会とか)の様子は
お嫁さんのKちゃんが撮ってくれた動画や写真を見ていたくらいだった

(あ、運動会は昨年度は見に行くことができた(^-^))

今年は表現会を「おじいちゃんおばあちゃんの観覧の日」と
「父兄の観覧の日」と2日に分けて開催されるとのことで
初めて見に行ってきた(*^_^*)  それが2月9日の話

Rちゃんのこども園の表現会

Rちゃんが生まれたときは
お姉ちゃんのNちゃんがこのこども園の年長さんで
ママKちゃんがお産と養生の間
私はNちゃんのお世話を担当していたし

それ以外にも、夏祭りも表現会も敬老の日の行事にも
いつもお嫁さんのKちゃんが声をかけてくれたので
何度も見に行ったり、参加したりしていたので
発表会の会場になる講堂というか、大広間?大きなお部屋も懐かしい(^-^)

会場に入る廊下で、他のみなさんと並んでいたら
年少さんのクラスの部屋から出てきたRちゃんが
ちょっと得意げな、でもちょっとはにかんだ、複雑な表情で
「あーちゃん」って、私を見上げていた

「あ!Rちゃん!
 今日はどんぐりの大工さんなんだって?頑張ってね!」って言うと
にこっと笑って、うん!とうなずきながら
「長っが~いよ」って言っていた(^▽^;)

思えば、Rちゃんと、外でふたりで話をすることが初めてだったのかもしれない

Rちゃんがうちに来るときは、お姉ちゃんのNちゃんが一緒だったり
パパ長男かママKちゃんが一緒だったり
あるいは次男家のマゴたちがみんな一緒だったり

いつまでも赤ちゃんな気がしていたけど
Rちゃんはいつの間にかとっても成長していたんだなと
改めて新鮮な驚きだった

年長さん年中さんもみんな一緒に合奏をして
Rちゃんたち年少さんは、鈴を鳴らしたり、
先生お手製のガチャポンのケースのマラカスを鳴らしたり
緊張した顔をして、一生懸命に頑張っていた(^_^)

Rちゃんのこども園の表現会

劇の時も、ちゃんとお話しのストーリーを理解して
次の動作やセリフを、他の人のぶんもわかっていて
頼もしいなぁと感心した

そして、とても楽しそうに演じていて、
Rちゃんも、お友達たちも、本当に可愛かった(*^_^*)


翌日は土曜日でパパママ観覧の日
2日連続で本番を演じる園児たちもなかなか大変

で、その次の日曜には、長男一家と一緒に
『Rちゃん表現会ご苦労様会ランチ』に行くことになっていて
それもまた楽しみ


オマケのにゃんず

トラちゃん
トラちゃん

ライちゃん
ライちゃん

ジョニー
ジョニー
スポンサーサイト



web拍手 by FC2

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック