fc2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
SPITZ JAMBOREE TOUR ’23-’24 “HIMITSU STUDIO”で 名古屋の旅 ③ ガイシホールでライブ
2024年01月11日 (木) | 編集 |
12月20日の日記のつづき

平日なので、日本ガイシホールの会場は18:00
ライブの開始は19:00

ホテルのすぐ前の金山駅からは
ガイシホールのある笠寺駅まで電車で6分

今回のツアーグッズは、金沢公演の時にすでに購入しているので
(4時間半も並んで、直筆サインまでGETした♪)

早く着きすぎても困るし、全席指定だし(ライブ中はみんな座らないけど)
ホテルを17:00に出れば十分だよねと、
それでも早いくらだと思って出発

金山駅


なんの なんの。。。。
名古屋は政令指定都市、大都市だけれど
やっぱり関東の交通網とはわけが違うのよね(^▽^;)

ホームにはちょうど帰宅ラッシュ時間も始まる上に
ガイシホールへ向かう人もいっぱいで
3両しかないJRは、すでに名古屋駅から満員状態でやってきた

ほんの数人しか乗れない上に
「次の電車をお待ちください」とアナウンスされていても
次の電車が来るのは15分後なんだよね~
金沢のバス並みの頻度

東京や横浜みたいに3分や5分じゃ次の電車は来ない

「次のが来たらなんとしても乗ろう」と夫が言い
次の電車も、すでに名古屋駅からほぼ満員でやってきた

これ?乗れる???

どうにか乗り込むと
後ろからさらに人が乗って来て、超満員

「久々に朝のラッシュの京浜東北線みたいな満員電車に乗った」と
夫がつぶやく

都会の人は大変だ。毎日こんなにぎゅうぎゅうの電車で通勤するなんて。

ともあれ、電車に乗ってしまえば、6分の辛抱で笠寺駅に到着

今回身に着けていったのはこんな感じ↓

SPITZグッズ

昨年ゴースカの時、若い女の子が着ているををみて
すごく可愛かったので、メルカリで探して購入したMIKKEのパーカー
(MIKKEツアーの時は買わなかった)

SPITZ グッズ

Iーoくんの缶バッジも
下北沢線路街区のコラボイベントのを
メルカリで探して購入したもの (^^ゞ

今のライブチケットは
入場する時まで座席の位置はわからないようになっている

我が家の入場ゲートはC

SPITZ

入場ゲートCと知った時から
きっとアリーナ席の後ろの方だろうな~という気がしていいたけど
案の定、アリーナ席のパイプ椅子、かなり後ろだった(^▽^;)

まぁステージにモニターがあったから見えることはみえる。

金沢でのホールツアーの時と同じようなセトリかと思っていたけど
アリーナツアーは少し違っていた

以下、ガイシホール2日目セトリ
(ネタばれしたくない方は飛ばして下さい)





めぐりめぐって
ときめきpart1
けもの道
跳べ
紫の夜を越えて

大好物
チェリー
スーパーノヴァ

手鞠
i-O(修理のうた)
みなと


サンシャイン
未来未来
夜を駆ける
俺のすべて

美しい鰭
オバケのロックバンド
甘ったれクリーチャー
8823
涙がキラリ☆

アンコール

僕の天使マリ
醒めない



金沢の時の日記はコチラ↓
http://anaheimmaingate.blog73.fc2.com/blog-entry-4622.html

優しいあの子が聴けると思っていたのに、今回はなかったのが残念だったけど
金沢ではなかった「みなと」と「手毬」が聴くことができて嬉しかった(*^_^*)

MCの時、スキマスイッチの「全力少年」やゆずの「栄光の架け橋」を
チェリーの歌詞で歌ってくれたのがめちゃめちゃ面白かった(^O^)

金沢の時も、ちょっとアクシデントあって
歌いなおしてくれたんだけど
ガイシホールでもアクシデントありだった

「最近マサムネさん、歌詞出てこないことちょいちょいあるのかも?」と
帰りに私が言ったら、夫が
「Spitzあれだけたくさんの曲があるのに
 何も見ないで歌うの、すごいと思ってたよ。
 それに高温ののびやかな声、とてもあの年とは思えないよ」
と言ってくれたので嬉しかった

昔からの歌も、今の歌も、スピッツの曲は本当に全部が好きで
スピッツが活動している時代に生まれたことを、本当に幸運だと思う

ありがとう、 SPITZ !!!


オマケのトラちゃん

トラちゃん

トラちゃん

トラちゃん
スポンサーサイト



web拍手 by FC2

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック