fc2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
奥能登国際芸術祭@珠洲
2023年12月02日 (土) | 編集 |
2年前の秋に、珠洲の奥能登国際芸術祭に行ってきた

その時はまだコロナ禍で、屋外展示が主で
屋内の作品は見ることができなかった。
それでもとても楽しかったので、また行きたいねと言っていたところ

今年は屋内展示も見ることができる規模に戻っていたので
ぜひとも行こうと夫と話していた

のだけれど(^▽^;)

9月末に長野へお墓参り旅行
10月末に末っ子と富士山麓旅行
その他にもいろいろ日常の予定もあり
今年はどうなか~?
日帰りで駆け足でなんとか行こうか?
それとも今年は諦める?  という感じになっていた。

たまたま従兄の奥さんから珠洲のお土産をいただいて
「ラブロ恋路に泊ってきたの。
 以前は国民宿舎みたいなところだったみたいで豪華ではないけど
 手頃な値段で、お食事がとっても美味しかったわよ
 温泉もオーシャンビューだし」
というお話を聞き

調べてみたら国際芸術祭の閉幕の間際の日曜の夜に
(11月12日で閉幕
そのラブロ恋路に空きがあったのを発見して

じゃ~やっぱり思い切って1泊で行こう! ということになった

河口湖&横浜旅行から帰って来たのが10月30日(月)で
珠洲に行くのが5日(日)という暴挙(^▽^;)

https://www.oku-noto.jp/ja/

ということで、11月5日の日記

今回は日程が決まったのが結構直前だったので
猫シッターさんにはお願いせず
にゃんずはネコの見守りカメラと共にお留守番していてもらうことにした

8:30ころ家を出発して、
珠洲のひとつめの作品会場になっている閉校した小学校に着いたのが10:30過ぎ

地元のボランティアの方々なのか
駐車場の案内をされている人がいっぱいでびっくり

会場も、作品もとても多いので
全部は無理だけど、一部をご紹介

祈りのかたち という作品
珠洲 国際芸術祭

あかりのありか という作品
珠洲 国際芸術祭

会場が珠洲市広域に渡って点在しているので
車で移動して、あちこちで作品を見る

↓このボトルシップという作品が設置されている場所は
シーズンの頃には蛍がいっぱい見られるのだそうで
会場でボランティアで案内をされている年配の地元のおばあちゃんが
そんな説明をしてくださったり、
市をあげてみなさんが
このお祭りを盛り上げようとされている温かい雰囲気が伝わってくる

珠洲 国際芸術祭

珠洲 国際芸術祭

↓これはとても印象的だった

珠洲 国際芸術祭

時を運ぶ船 という作品
珠洲 国際芸術祭

塩田のつづく海岸線を走って

珠洲 

インフォメーションセンターのある、シアターミュージアムへ行くと

珠洲 国際芸術祭

前回はテントが張ってあって、お弁当など軽食を販売していた場所に
潮騒レストランという、すごい素敵な建物が建っていてびっくり(@_@)

珠洲 

珠洲 国際芸術祭

珠洲 国際芸術祭

眼下にこういう景色が見える、丘の上にある

珠洲 国際芸術祭

ぜひとも潮騒レストランでランチをしたかったところだけど
この日は日曜で、時間もちょうど12時すぎくらいで
ものすごい人が列に並んでいらっしゃった

シアタミュージアムのパフォーマンス「光の方舟」の時間も
微妙に都合が悪かったので

明日の月曜に、最後にここにきて
光の方舟を見て、潮騒レストランに行こうという作戦に変更して
ランチできる場所をパンフレットで見て、先へと進む

・・・・ものの・・・・
ちょうどお昼時なので、レストランやお食事処はどこも混んでいる

木ノ浦ビレッジに寄ってみたら(13:00ころ)

木ノ浦ビレッジ

木ノ浦ビレッジ

今日はお食事メニューはお休みしているとのことで
やむをえず、そのまま海岸線を狼煙の方へ進み

4軒ある食事ができるお店のうちの、空いていた1軒に
どうにか入れたのが14:00ころ

民芸茶屋というお店

ここだけ空いているけど大丈夫?ってちょっと不安だったけど

珠洲

珠洲

昔ながらのドライブインみたいな感じの店で(メニューも内装も)
カツカレーを食べた。家庭料理みたいなカレーで不通に美味しかった

海岸線に沿って、内浦方向へ南下しつつ
作品のあるポイントを見て回る

珠洲 国際芸術祭

その中の一部をご紹介

Autonomoという作品
珠洲 国際芸術祭

記憶への回廊 という作品の導入ゾーン
珠洲 国際芸術祭

家のささやき という作品
珠洲 国際芸術祭

なにしろ作品は全部で48あるので
とても全部はご紹介できないけど(^▽^;)

この日は日が暮れてくるまでに半分くらいの作品を見て回った

珠洲

有料で公開されている作品を含めて、全部見て回ることのできるパスポートを
夫が準備してくれていたので、明日も精力的に見てコンプリートする予定 (๑•̀ㅂ•́)و✧

旧のと鉄道の駅(廃線になっているエリア)を使った作品は
どこもとても印象的なんだけれど
常設で2年前と同じ作品のところも多かったので
前回回った時の日記もよろしければご覧ください ↓

http://anaheimmaingate.blog73.fc2.com/blog-entry-4323.html

http://anaheimmaingate.blog73.fc2.com/blog-entry-4324.html


http://anaheimmaingate.blog73.fc2.com/blog-entry-4330.html


オマケのトラちゃんとライちゃん
キャットタワーの上段の場所取り合戦?!

トラちゃんとライちゃん

トラちゃんとライちゃん
スポンサーサイト



web拍手 by FC2

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック