fc2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
バレンタインデーと 京都の瑠璃光院に似ていると有名な青林寺@和倉温泉
2023年02月14日 (火) | 編集 |
今日はバレンタインデー

長男家のお嫁さんのKちゃんは
ずっと以前からバレンタインデーには
手作りのお菓子をプレゼントしてくれている(*^_^*)

数年前からはマゴのNちゃんと一緒に作ってくれている

今年はRちゃん(3歳)も ご挨拶担当で
玄関ドアを開けるなり
「いつもアリガト!」って元気いっぱい差し出してくれた

今年プレゼントしてくれたのは↓

バレンタインデー

カラフルなお洒落なチョコは↓このブランドのものみたい(^-^)

バレンタインデー

手作りの可愛いカップはこんな感じで↓

バレンタインデー

ナッツやシリアルで作ったらしいロッシェ風お菓子(^O^)
アラザンや星型の小さなチョコチップもデコレーションされていて
とっても可愛くて食感も楽しい
ハートや星型のマシュマロがまたカワイイ

夫とふたりでありがたくティータイムにいただいた。

ちなみに私から夫へは今年は超実用的にワイン

バレンタインデー バレンタインデー


日記の方は1月27日(金)

実はこの週は水曜日に日本中警報級の寒波が来ると言われていた
不要不急の外出は避けるように
特に、立ち往生の危険があるので車での遠出は避けるようにと
さかんにニュースでも言われていて
金沢市のラインでも注意を促されていた

けども。。。
1カ月くらい前に、旅行支援を利用して
我が家は和倉温泉を予約していたんだよね~(^▽^;)

「キャンセルする?」って夫に訊いてみたけど
「行くよ。和倉温泉までならどんな道を通って行けるよ」と言うので
とにかく家の前の路地から大きな通りに出られなくならないように
せっせせっせと雪かきに励み

幸い金沢は予報で言われていたほどには
出発の日までには積もらなかったので
無事に出発することができた

しかし。。。。能登へ向かう里山海道は吹雪

里山海道

途中の道も結構積もったところもあり

能登

能登

能登

お昼を食べようと思っていた七尾市内の少し小高い丘にあるレストランへ
行こうにも、途中の道で立ち往生している車があって通れなかったので
それは断念して、とにかく広い道だけを通って
無事和倉温泉までは順調に到着し

車をすぐさま宿泊先の「海舟」に停めて
急遽ネットの口コミで探して
徒歩圏内で(5分余り)行けるイタリアン epice (エピス)へ

とはいえ、歩道が全然除雪されていないので
歩くだけでも大変だった

能登ミルクの隣のビルにあるepice (エピス)
https://tabelog.com/ishikawa/A1703/A170302/17007642/

店内はそこそこ混んでいたけど結構広さもあって
幸いすぐにテーブルに案内していただけた

ちょっと食べちゃってから撮った写真だけど
自家製パンの盛り合わせ ランダム3つ 300円

epice (エピス)

夫も私もキノコとベーコンのペペロンチーノ1150円

epice (エピス)

予定していたレストランじゃないけど
期待以上に美味しかったので満足(*^_^*)


温泉でのんびりすることが目的で来た和倉温泉で
ひとつだけ行きたいと思っていた「青林寺」は

このレストランから徒歩で5分あまりの距離にある
雪でぐちゃぐちゃな道で
寒いし、みぞれみたいな雪と風で
歩くのはまぁ楽じゃなかったけど、近くて良かった(^▽^;)

それほど大きくはないけど
由緒ありげな雰囲気の、立派なお寺

青林寺@和倉温泉

とりあえず、お参りをして

青林寺@和倉温泉

本堂から右手に進み客殿(御便殿・御座所)へと進む

青林寺@和倉温泉

若い女性の観光客さんが2人先客でいらっしゃって
お寺の方(ご住職かな?)が写真を撮ってあげているところだった

そのままご住職に、どうぞどうぞと促されて
すぐさま私たちにも写真を撮って下さった

青林寺@和倉温泉

そのあと、おふたりのお嬢さんたちと一緒に、ご住職の説明を伺った

御便殿は明治42年(1909年)に皇太子さま(のちの大正天皇)が
和倉にいらっしゃった時に
今は総湯のあるあたりにあった大観荘の敷地に休憩所として建てらたもので

建物全体に宮内庁の木曽御用林の檜材が使われ、
「御座所」内部には格式高い折上げ格天井を施しながらも、
構造は「洋風トラスト」となっている和風意匠が見どころ

なのだそうだ

このような休憩所として作られる建物は
維持費がかかるため、ほとんどは使用後には取り壊されるものなので
現存しているものは日本に3か所しかないのだそうだ(@_@)

2017年10月に国指定登録有形文化財に登録されたのだそう

ここを見に来て、その景色に感動したひとりの観光客が
撮った写真をSNSに投稿したところ
京都の瑠璃光院によく似ていると話題になり
一躍有名になり、訪れる観光客が激増したのだそう

実際には鏡面のようになっているわけじゃなくて
こんな感じになっているんだけど

青林寺@和倉温泉

青林寺@和倉温泉

青林寺@和倉温泉

お部屋の中央に置かれた、磨かれた机の角に
掛け軸の表具みたいな布を敷いてくださってある場所にカメラを置いて
そこで写真を撮ると

青林寺@和倉温泉

こんな風に鏡面に写った風景のような写真になる

庭と御便殿が一体になってみえるリフレクション撮影というらしい

青林寺@和倉温泉


皇太子殿下がお座りになられたのは、こちらの方で↓

青林寺@和倉温泉

他の方々が座敷の方にひかえておられたのだそう
(ん?なんか敬語変かな?この言い方で大丈夫?)

格式高い折上げ格天井には、虎のように見える部位を使ってあるんだって

青林寺@和倉温泉

青林寺@和倉温泉

とても丁寧に、熱心に解説して下さったご住職のお話し、興味深かった(^-^)


HPには土曜日のみライトアップしているって書いてあったけど

青林寺@和倉温泉

金曜日もやっているそうで
「今夜もやっていますよ。夜も来られますか?」ってお誘いいただいたけど

違う季節だったらぜひ見に来たかったけど
あまりに寒くて足元が悪すぎるので
さすがに夜また来るのは諦めた(^▽^;)

ホテルまで歩いても10分かそこらなんだけど
道が雪でひどすぎて、
夫はもうブーツの中まででびしょびしょで歩けないというので

先にホテルのロビーで待っていてもらって
私は辻口パティシエのル ミュゼ ドゥ アッシュへ
ケーキを調達に寄る

ちょうど改修工事中で
外から見たらやってないのかと思ったけど
カフェはお休みで、テイクアウトは営業されていた

ル ミュゼ ドゥ アッシ

ル ミュゼ ドゥ アッシ

さて!ケーキもGETしたことだし
以前宿泊して大満足だった海舟を満喫するぞ (^O^)
スポンサーサイト



web拍手 by FC2

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック