fc2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
2年半ぶりのTDRと横浜 ⑫ シーの一日の〆は怒涛の4連続ソアリン(^O^)
2022年08月26日 (金) | 編集 |

ようやく6月21日のディズニーシーの日記の最後

ヴォルケニアレストランで英気を養ったので
アプリで待ち時間を確認して

TDR

東京ディズニーシー20周年 “シャイニング・ウィズ・ユーは
すでにエントリー受付の抽選に外れていたけど
ビックバンドビートはエントリーできていたので

アメリカンウォーターフロントへ移動して
BBBの時間まで少し余裕があったので
やっぱりタワー・オブ・テラーをはずすわけにはいかないよねと
35分待ちの列に並ぶことにした

入園者数制限中で、
どこもコロナ前とは比較にならないほど空いているけど
さすがにタワテラは何時に確認しても30分以下にはならなかった

午前中のセンター・オブ・ジ・アースは15分くらいだったし
インディは待ちナシだったんだけど。。。

タワテラは大好きなアトラクションのひとつなので
もちろんとっても楽しかった

それに、ネットの口コミでも書かれているけど
タワテラの出口のショップは何気に品ぞろえがいい。
季節限定デザインのグッズがわりと揃っている
なので、ショップでも結構な時間を楽しんだ(^-^)

タワテラを出て、久々にタートルトークにも入った
クラッシュのトークは相変わらず冴えてて面白かった(^O^)

BBBの時間になって鑑賞に入り
いつもそうなんだけど、
最初は楽しく見ているんだけど
つい疲れて途中から寝てしまう(^^ゞ

BBBが終わって、劇場の外に出ると
タワテラの後から少し霧雨みたいなお天気になっていたのが
結構雨らしい雨になってきていて
時間は17:30頃だったけど、あたりは暗くなってきていた

TDR

元々、梅雨の真っ最中の旅行だったので
出発前は、どの日も雨予報だった
なのに、夫と末っ子が神宮球場に観戦に行った日も
私が横浜でセグウェイに乗った日もよく晴れてくれて
シーの日も、
昼下がりくらいまでは曇りがちではあるものの晴れてくれていた

なので、雨が降り始めたときには
もういっぱい遊べたし
快適なオフィシャルホテルに戻って
のんびりするのも悪くないかも。。。という気持ちも少しあった

でもね~
せっかくの2年半ぶりのシーで、夜はオフィシャル泊なんだし
閉園までいるっていうのもやっぱり捨てがたい。。。。

夫と作戦会議の上
ソアリンにもう一度乗りたいねということになり
待ち時間表示も30分程度だったので
初めてソアリンのスタンバイに並ぶことにした

TDR

スタンバイ通路、初めてだったので結構新鮮で

TDR

TDR

TDR

TDR

TDR

そして、ほぼ立ち止まることなく、歩いていただけで
あっという間にDPAの合流点の部屋まで着いてしまった

TDR

思った以上に早く乗ることができて

朝のDPAで乗った1回目は
「わぁ~~~」と夢見心地であっという間に終わったフライトを

2回目は細かいところまでゆっくり堪能することができて
本当に気持ちがよく

乗り終えて建物を出たときに
「こんなに早く乗れるんなら、もう一回乗っちゃう?」
と、夫と意見が一致し

そのまままたスタンバイの列に戻る(^▽^;)

3回目もとてもとても楽しく
「気持ちがよくて、あ~もう終わっちゃうんだと思うね。
 もっと長く乗っていたかったよね。」と言いながら

なんと4回目に乗るべくまたしてもスタンバイの列に(^^ゞ

結局たて続けに夕方4回
朝の1回目を入れて、この日だけで5回!
ソアリンを堪能しまくってしまった\(^o^)/

閉園までは、あと30分ほどあったけど
思い残すことがないほど充分シーを満喫できたので
その余韻を楽しみつつ

イクスピアリへ買い出しに寄ってから
快適なオフィシャルホテルへと帰ることにした

TDR

TDR

TDR

TDR

TDR

TDR

やっぱりディズニーのパークは最高に素敵なところ

コロナ禍で、入園者数を制限していたり
人々もまだ遊びに出掛けること自体を控えていたり
東京だけでなく世界中のパークが運営というか経営は大変だと思う
キャストさんたちのご苦労もはかりしれないし

でも、これからもずっと世界中の人たちの夢の場所であり続けてほしいから
今のこの苦しい時期を頑張って乗り越えてほしいと思う

ありがとう ディズニーリゾート
スポンサーサイト



web拍手 by FC2

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック