fc2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
よつばと!原画展とミレーから印象派への流れ展 
2021年09月02日 (木) | 編集 |
気が付けばもう9月になっている(@_@)

8月は上旬に胃の具合がイマイチで胃カメラを20年以上ぶりに飲んだり
聞いてびっくり、眼科の手術と入院という経験を
しかもかなりな急転直下でしてしまったりと

なんだかもうワケわかんなんない感じの1か月だった気がする(^▽^;)

本当のはその前に、お盆よりはずっと前の初旬に
次男一家と末っ子の帰省という
幸せな時間を短いながらも過ごすことができたんだけど
その時の日記は改めてまた書くとして

それ以外に
8月に我が家的にあった唯一のレジャーが

夫が前売り券をまん延防止法施行以前に買っておいてくれた

21世紀美術館で行われた
ミレーから印象派への流れ展  と

ミレーから印象派への流れ展


大和デパートで行われていた
よつばと!原画展

よつばと!原画展


その2つをハシゴして鑑賞してきたことだった(^-^)

夫が前売り券を買っておいてくれた時には
まだコロナ禍が多少は落ち着いていた時だったんだけど
その後感染者数がどんどん増えて
まん延防止法適応になってしまったので
そのどちらの催しも、果たしてあるのかどうか・・・?と危惧していた

実際21世紀美術館は金沢市の施設なので
通常の展示はすべて休館になってしまったのだけれど
貸しているギャラリー部分だけは予定通りの開催ということで

がらんとした美術館の中の、一部のギャラリーで
ミレーから印象派への流れ展 は行われていた
(と、あとひとつ、仮面ライダーだったかウルトラマンだったか 
 何かそういう展示を開催していた)

ミレーから印象派への流れ展

ミレーから印象派への流れ展

私は
笹倉鉄平の絵が大好きで
札幌の若いイラストレーターさんの鈴木果澄さの絵をとても応援している
けれども、絵画のことは全然詳しくないし知識も恥ずかしながらほぼない(^▽^;)
ただ、好きか、そうでもないかという感想があるだけなんだけど

ミレーから印象派への流れ展 は、さすがの迫力があった
ミレーなら、一番有名な「落ち穂ひろい」はないし
モネの睡蓮の池の絵はあるけど
一番よく目にする構図の池の絵ではないんだけど
それでも、しばし立ち尽くし眺めてしまうような
説得力というか迫力というか、重みというか
そういうものが伝わってくる絵がたくさん展示されていた

格調高い((笑)絵画鑑賞のあとは

大和デパートへ移動して
我が家の家族みんなが好きな「よつばと!」の原画展へ

よつばと!原画展

↑、このよつばは、大和デパートのためのオリジナル書き下ろしだそう

なにやら食べ物メニューのコラボもやっていたらしい

よつばと!原画展

会場内は、動画撮影は禁止だけれど、写真撮影はOKという
大変太っ腹な原画展だった(^O^)

作者の執筆中の動画が流れている展示もあった

よつばと!原画展

よつばと!ファンにはうれしい、↓こんなオブジェもいろいろ

よつばと!原画展

で、↓こうなる

よつばと!原画展

よつばと!原画展

さすがに、このポーズで写真は撮れない(^▽^;) ↓

よつばと!原画展

よつばと!原画展

ジュラルミンもいるし

よつばと!原画展

ダンボーもいる(^-^)

よつばと!原画展

案内板もよつばバージョン

よつばと!原画展

よつばと!原画展

よつばと!原画展

夫と私の8月唯一のレジャーの日のしめくくりはミスド

ミスド

↓こっちはお持ち帰りして翌日食べた分

ミスド

オマケのジョニー

ジョニー

ジョニー
スポンサーサイト



web拍手 by FC2

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2021/09/04(土) 15:08:51 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック