fc2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
1年半ぶりのSpitzライブ へ♪  ① NEW MIKKE ツアーで名古屋に行くことになったワケ
2021年07月13日 (火) | 編集 |
昨年1月にSpitzのMIKKE ツアーで大阪城ホールへ行った

その時は、何やら中国では未知のウイルスによる感染が流行っているらしいことは
すでにニュースにはなっていたけれど
まだ日本では対岸の火事状態で

数年前のSARSの時みたいに
対岸の火事のまま終わるものだろうとタカをくくっていた

大阪から帰って2週間ほどしてから
そのコロナウイルスによる日本人初の感染者が出て
それが観光バスの運転手さんで
渦中の武漢からの観光客を
大阪城などへ観光案内していた人だというニュースが流れ

夫が
「Spitzのライブに行ったのって、何日だったっけ?」と思わず確認していた
Σ(=°ω°=;ノ)ノ 

幸い、我が家が大阪城ホールのライブに行った日と
その翌日の、ついでに大阪城を観光した日は

くだんの武漢からの観光バスが大阪城に行った日とは
近いけど違う日だった (; ̄ー ̄A

MIKKEツアーは
前半の13(だったかな?)公演は大都市の大きなアリーナのような会場でのツアー
後半の多くの地方のホールでのツアーという構成になっていた

前半の大きな会場でのツアーは
幸い1月末までで、無事に全公演が開催されたけれど

後半の3月から始まる各地のホールツアーは
すべて延期になっていた
一旦再開催の期日が決まったツアーもまた再延期となり
ここ1年、ずっと延期のままになっていた

私は大阪城ホールはオンラインメンバーの先行予約でGET
金沢のホールツアーはファンクラブ先行予約でGETしていたので

金沢公演の延期になったチケットを手元に持って
コロナ禍が落ち着いて再開される日を待っていた

けれども、結局1年が過ぎたあたりでお知らせメールが来て

ホールツアー全公演を中止することになり
大都市圏の大きな会場で、
コロナ対策のガイドラインに沿った形で
(定員の半数でとか、上限を5000人以下とか)
NEW MIKKE ツアーとして開催することになった
とのことで

ホールツアーのチケットを先行予約ですでに持っている人用に
NEW MIKKEツアーの先行申し込みを受け付けるとのこと

そこで、金沢会場のチケットの予約番号を記入した上で
距離的に一番行けそうな名古屋のガイシホールを申し込み
無事に希望日のチケットをGETしたのだった

当初は問題なく行けそうと思っていたのに
愛知県のまん延防止の延長で
ライブ当日はまん延防止法真っ最中に
なってしまった ( ̄_ ̄ i)

夫が
「名古屋なら車で行けるし
 他にはどこも観光しないで
 気を付けて行って来よう」と言ってくれたので

いくらかの うしろめたさ は、ないではないけど

行ってきたんだよね~Spitzライブ 日本ガイシホール in 名古屋

ちなみに、大阪城ホールのMIKKEツアーに行った時の日記はコチラ
http://anaheimmaingate.blog73.fc2.com/blog-entry-4035.html

ライブ当日、早くに着きすぎても
ライブは17:30開場 18:30開演なので

どこかへ観光に寄ることができるわけでもないんだしということで

のんびり家を出発

今回も、にゃんずはせいぜい30時間ほどのお留守番なので
シッターさんにはお願いせずに
にゃんずだけで待っていてもらうことに

トラちゃん

ライちゃんとジョニー

ライちゃんとジョニー

ジョニー

往路は夫がひとりでずっと運転頑張ってくれて

休憩したのはお昼を食べた養老サービスエリアくらい

平日のせいもあって(まん延防止施行中ももちろんそうだし)
とっても大きなサービスエリアのフードコートはすごく空いていた

夫はカツカレーを食べていた(映像ナシ)

私は飛騨牛メンチカツドックというのを食べてみた
美味しかった(^-^)

養老SA

↓こんな変わったメニューもあった(^▽^;)

養老SA

SAの前ののぼり(?)に書かれていた宣伝が
やっぱりお馴染みの北陸自動車道とは違うので
それだけで、『久々に遠出した気分』満喫

養老SA

伊勢名物 赤福とか 中津川の栗きんとんとか
北陸じゃ見ないもの、なんか楽しい (^O^)

養老SA


名古屋市内での移動を極力減らすために
ガイシホールの真ん前のホテルを予約し

そのホテル(名古屋笠寺ホテル)に着いたのが14:30くらいだった

名古屋笠寺ホテル

スポンサーサイト



web拍手 by FC2

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック