fc2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
ようこそKくん お手伝いの旅  ② エシレとエアキャビンの優雅な数時間
2021年06月23日 (水) | 編集 |
Mちゃんと赤ちゃんがまだ入院中の
次男とYくんとチビMちゃんと4人での週末が明けた月曜日

1年生のYくんが、元気いっぱいにはりきって登校し
コロナ禍以降基本在宅テレワークのパパ次男が
チビMちゃんを保育園へ送って出掛けたあと

朝食の片付け、洗濯 掃除をしていたら
次男が帰ってきて

「さて、俺はこれから8:30から12:30までテレビ会議だ。
 静かにしているように!
 Yが帰ってくるのは1時半くらいだから
 オカンはそれまでフリータイムだ。
 好きにしていればいい。
 横浜でも行ってくれば?」   と言う

えっ!横浜?! w(゚o゚)w

ナント!

次男家から横浜までは電車で20分もあれば行ける
駅まで歩く時間を考えても30分あれば大丈夫
掃除と洗濯が済んですぐに出掛ければ
13::30までに帰ってくることは全然楽勝だ

実は前々からエシレのバターサンドがどうしても食べてみたくて
今回、もし可能だったら帰りに新宿か丸の内のエシレに
寄ることはできないものかと考えて
事前に調べてみたところ
横浜の高島屋に2021年3月にOPENしたばかりなのを知っていた。

それと、12月にYくんの発表会で来た時に
桜木町からみなとみらいのワールドポーターズまでの
都市型ロープウェイを建設中だったのを見て
それが4月末に開業というニュースを見たので
いつか乗ってみたいと思っていた

エシレとエアキャビン ♪

全力で用事を済ませて、脱兎のごとく出発
ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ

途中友達とのグループラインに、そのことを書いたら
横浜のエシレOPENで、連日長蛇の列という情報サイトを送ってくれて
開店後に到着した場合
買いたいものが売り切れの場合もあることを教えてもらい

どうしたって開店時間前に着くのは無理なので
ダメ元の覚悟をしつつ、高島屋へ

エシレ@横浜高島屋

すでに列はできていて、最後尾の案内もされていたものの
(店舗前で並べる人数は制限されていて
 離れた別の場所に並び、少しずつ店舗前へ誘導される)
覚悟していたよりは順調に列は進み

エシレ@横浜高島屋

30分ほどで売り場前に到達

エシレ@横浜高島屋

エシレ@横浜高島屋

吟味して購入したものは~♪

念願だったサブレサンド

エシレ@横浜高島屋

ショソン・エシレ
エシレ@横浜高島屋

フィユタージュ
エシレ@横浜高島屋

サブレグラッセ
エシレ@横浜高島屋

もう、こんなことで並ぶ機会はそうそうないと思い
次男家で一緒に食べようと思ったものや
長男家と末っ子にもおすそ分けとかあれこれ買ったら
あっという間に10000円越え (^▽^;)

さらに、帰る道に、ブーケ型クッキーが可愛いオードリーもあって
オードリー

一個だけ、前から気になっていた↓をGET

オードリー

大急ぎで、桜木町に移動して、エアキャビン乗り場へ

日本初、世界最新の都市型循環式ロープウェイ YOKOHAMA AIR CABIN .
https://yokohama-air-cabin.jp/

エアキャビン

只今コロナ禍で、ほとんど観光客がいないので
待ち時間がないどころか
8人乗りのキャビンにひとりで乗せてもらった

エアキャビン

エアキャビン

片道5分と、あっという間に着いてしまうので
乗車券1000円はちょっと高いかなと思うけど
みなとみらいの景色を上空から一望で
本当に気持ちがいい

コロナが収まって、観光の人が増えたら
きっと大人気になるんだろうな~(^-^)

エアキャビン

エアキャビン

エアキャビン

エアキャビン

エアキャビン

エアキャビン

いつか家族と一緒にまた乗りたいな
夜景の時間帯にも乗りたいな (^-^)

ワールドポーターズ側のエアキャビンの建物 ↓

エアキャビン

ナビオス横浜から赤レンガ倉庫はすぐ目の前

みなとみらい

エアキャビン

素晴らしい眺めなんだけど、
写真を撮るとキャビンのガラスに風景が反射して
イマイチその良さが伝わらないかな? ↓はスマホで撮影

エアキャビン

さて!Yくんが学校から帰ってくる時間までに
次男家に急ぐよ~  三 (/ ^^)/

馬車道の駅ピアノには
この日も演奏する人がいらっしゃった (^-^)

馬車道

スポンサーサイト



web拍手 by FC2

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック