FC2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
従姉妹たちと一緒に義叔父さんの法要 & 金沢ミニ観光1日目
2020年12月08日 (火) | 編集 |
1年ほど前に、ひとり暮らしが難しくなって
叔母さん(89歳 父の妹)が
娘さんたち(つまり私にとっては従姉妹)のいる関東の施設に引っ越した

最初は
ちょくちょく従姉妹たちに会えるようになって
『良かったなぁ、叔母さんも安心して過ごせるようになって』
と、思っていたのだけれど

このコロナ禍で、高齢者用の施設はどこも面会が厳しく制限されてしまい
従姉妹たちも滅多に叔母さんに会うことができなくなっている

まぁそれでも、コロナ禍になる前に
娘さんたちの近くに行くことができたことは
本当に良かった

少なくとも、施設の職員の方々が守ってお世話して下さっているというだけで
ひとり暮らしをしていた時とは比較にならないほど安心だ
従姉妹たちだって
面会が制限されてはいるけれど
何かあれば、すぐにも会いに行ける距離だものね


その叔母さんのご主人だった、
つまり私にとっては義叔父さんの25回忌の法要とお墓参りに
従姉妹たちが千葉と横浜から来ると連絡をもらったので
私も一緒にお参りをさせてもらって、
一緒にお茶したり、ランチしたりしようということになった

お昼過ぎの新幹線で到着した従姉妹たちと
金沢駅近くの専光寺という大きなお寺で待ち合わせて
25回忌のお経をあげていただいた

専光寺


実は、義叔父さんが亡くなったのは、私の父と同じ年だった

父のお通夜の夜、
義叔父さんが癌の闘病中で、もうすでにかなり病気が進行していたのに
点滴を打ちながら、叔母さんに支えられて、父の枕元へ来てくださり
「義兄さん、よく頑張ったね」と泣きながら父に語り掛けてくださった

そのときの光景は今もまだ鮮やかに私の脳裏に残っている

そして、その2か月後に、義叔父さんも帰らぬ人になってしまった

ほぼ同時期にひとりになった母と叔母さんは
なにくれとなくお互いに助け合って過ごしてきた

私も、ふたりを誘って買い物に行ったりランチに行ったり
義叔父さんのお墓参りにも
母が元気なころは、よく3人で一緒に行っていた

叔母さんとは、長いそんな歴史がある

母が具合を悪くしてからは、
すっかり義叔父さんのお墓にはご無沙汰してしまっていたので
こうして25回忌の法要に、
従姉妹たちと一緒にお参りすることができて良かった


お参りのあとは、クルーズターミナルのベイアルセを予約しておいたので
従姉妹たちを誘って金沢港方面へご案内(^-^)

先ずは営業時間17:00までの
ヤマト醤油味噌の糀パークへ

ヤマト味噌醤油 麹パーク

ヤマト味噌醤油 麹パーク

ヤマト味噌醤油 麹パーク

従姉妹たちはとっても喜んでくれて
ひしほ蔵で、なにやらいっぱいお土産を買い込んでいた(^▽^;)

それからクルーズターミナルのベイアルセへ

混んでいると思って予約していったんだけど
びっくりするほどガラガラだった(@_@)

雨の平日の夕方だったから?

それとももう最近は混んでないのかな?

ベイアルセ

ベイアルセ

ベイアルセ

パフェ食べて~♪

ベイアルセ

5色のライトアップは今もやっていて、日が暮れたら綺麗だった

クルーズターミナル

ちょっと更新が滞っていたけど
これが11月26日の話

翌日のお墓参り&ランチへつづく~

オマケのジョニー

ジョニー
スポンサーサイト



web拍手 by FC2
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック