FC2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
白いヒガンバナと  7月の日記は 母の分骨と 金澤さくら亭 で会食
2020年09月26日 (土) | 編集 |
この久々に賑わっていた4連休中は
お天気に恵まれて、気温も過ごしやすかったけれど

(4連休の日記は後日別途で)

本日は雨で朝からどんよりと暗かった

用事で出掛けて夕方帰ってきて
夫が花壇のヒガンバナに気が付いて
「これ、なんていう花だっけ」という

「ヒガンバナだよ」
「そうか、そうか、本当にお彼岸の頃に咲くんだね」

ヒガンバナ

「そうなの!お彼岸に咲くのよ。
 それに、白いのは珍しいって、よく通りかかる人に言われるよ」
「そうだね。よく見るのは赤いね」

ヒガンバナの赤いのは、朱色なので
私は白いのが咲いてくれるほうが嬉しい。

オマケの本日のライちゃん

ライちゃん



で、まだ続く7月の日記は24日

昨年亡くなった母の遺骨は
1年間家の簡易祭壇に置いて、月命日にはゴボサン(お寺さん)に
お経をあげていただいて
1周忌の法要をした3月に、実家のお墓に納骨したんだけど

私の父も、祖父も
喉ぼとけを分骨して、東別院の本堂に収めていただいているので
母のもそうしてあげようと思っていた。

コロナ禍で、納骨の後、しばらく遅くなっていたけれど
7月24日、少しコロナが落ち着いていたので
東別院に分骨を収めていただいてきた

長男に声をかけてみたら
一緒にお参りしてくれることになり
長男一家と一緒に東別院でおまいりして
無事に母の喉ぼとけを本堂に収めていただいた

さすがに写真を撮るのは自粛したので、画像はないけど(^▽^;)

そういう法要のあとって、
なんとなく会食するものという慣例に従って(笑)

兼六園すぐ近くの 金澤さくら亭 に初めて行ってみた
http://www.sakura-tei.co.jp/

坂の途中にあるお店で、さらに階段を上って入り口がある

金澤さくら亭

金澤さくら亭

面白い造りの店構えで
お部屋もいろんな形があるようだった

金澤さくら亭

金澤さくら亭

金澤さくら亭

金澤さくら亭

金澤さくら亭

金澤さくら亭

ギリギリに予約したので
我が家のお部屋は窓には面していなかったけど
個室になっていて、足落とし(掘りごたつ式)の和室だったので
1歳のRちゃんがいても快適だった

金澤さくら亭

金澤さくら亭

夫と私はさくら亭風懐石弁当
金澤さくら亭

金澤さくら亭
金澤さくら亭
金澤さくら亭

金澤さくら亭

金澤さくら亭

1年生のマゴのNちゃんは
お子様プレート”童” 1,500円

金澤さくら亭

金澤さくら亭

金澤さくら亭

Nちゃん、すごく美味しいと言っていた(^-^)

1歳のマゴのRちゃんには温かいうどんを注文したんだけど
写真を撮っている余裕がなかった(^^ゞ

長男とお嫁さんのKちゃんは
新和食スタイル ランチコースのステーキ付きだったと思うんだけど
どの料理を誰が食べたんだったか
全部のお料理の写真が撮れているのかどうかは、もはや覚えていない(^▽^;)

金澤さくら亭

金澤さくら亭

金澤さくら亭

金澤さくら亭

金澤さくら亭

金澤さくら亭

金澤さくら亭


大人4人と幼児1人と赤ちゃん1人で
↑の全貌を食べた。。。。ということで(^▽^;)


兼六園のすぐそばのお店なので
観光客向けで、高くてたいして美味しくないのではと思い込んでて
今まで来たことなかったんだけど
(↑ 偏見と先入観)

なかなか美味しくて、お値段もリーズナブルで
お部屋の居心地もとても良かった

また次男や末っ子が帰省してきた時などに
みんなで一緒に来られたらいいな~と思った(^O^)

スポンサーサイト



web拍手 by FC2
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック