FC2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
にゃんずのお散歩と 7月の日記のつづきは 今だから書ける葬儀の話
2020年09月16日 (水) | 編集 |
日曜の雨からぐっと涼しくなった金沢は
月曜も、今日の火曜日もすっかり秋モードだった

涼しくなった一晩で、ハナミズキの実が一気に赤く色づいた


今日はお天気も良くて爽やかだったので
夕方、久々ににゃんずのバギー散歩復活

にゃんず

なかなか3にゃんずの目線がカメラに合わないけど(^▽^;)

にゃんず

風が涼しくて、気持ちが良かったので、ベランダにも出てみた

ハナミズキ

日が短くなったなぁ。。。

夕焼け


7月の日記のつづき

点滴の水分補給だけで頑張ってくれていた義母は
7月上旬に天寿を全うして93歳で亡くなった

リアルタイムに近い日記はコチラ↓
http://anaheimmaingate.blog73.fc2.com/blog-entry-4057.html


で、今だから書ける葬儀の話を少し。

2年ほど前に、実のお母様と、ご主人のお母様を相次いで見送られた友人が
おひとりは家族葬
もうおひとりは一般的なお葬儀でのお見送りされていて

家族葬と一般的なお葬儀は結局予算としては同じくらいになるのよと
前に言っていらっしゃった

まさに、その通りだった。

まぁ家族葬は、催行してくれる葬儀社にもよるだろうし
同じ葬儀社の中でも
いろいろランクを選べるようになっているところもあるんだろうけど

昨年2月に母を一般的な葬儀で見送り
今年7月に義母を家族葬で見送ったわけだが

母は生まれてから(旅行以外には)金沢を一度も出たことがない人で
とにかく『きちんとした』ことを重んじる人だったので
闘病生活をしていた頃から
もしもの時はごく普通の葬儀で見送ると決めていた

義母は10年も15年も前の元気な時から
お葬式なんかしなくていいからと
壁に新聞の記事の切り抜きを貼っていたくらいなので
(「葬儀は近親者のみで行いました」と知らせる他人の告知文)
家族葬で見送ろうと夫と決めていた

母も義母も、それぞれがた自分で冠婚葬祭の会社に積立をしていた
なので、父も、義父も、その同じ葬儀社でお葬式を行った

義父の時は、金沢で仮通夜を行って
火葬してから長野へ移動して、長野でお葬儀をしたので
少し変形ではあったものの、普通のお葬儀だったからいいとして

その同じ、老舗の大手の葬儀社で
果たして、家族葬って対応してもらえるのだろうか?と少し心配だったけど

大丈夫です、家族葬も対応できますとのことだった

このコロナ禍もあり、本当に身内だけ

それも、東京から来る次男家には
道中の感染のリスクも考慮して、夫が
家族全員じゃなくて今回は次男だけでいいからと伝え
次男と上の孫のYくんが2人で参加

横浜の姪は、なんと出産の日がお葬儀の日だったので
もちろん来てもらうことはできないし
お産の手伝いと上のお子さんの面倒を見る担当の義姉にも
姪の出産の方に行ってくださいと伝えておいたので
義姉は、義母の顔だけ見に来てくれて
そのままとんぼ返りで姪の横浜へと向かったので

義姉家からは代表で甥が神戸から来て出席してくれて

長野から義母の義妹である夫の叔母さんとその娘さんが来てくださって

長男一家4人、次男とYくん、末っ子、そして夫と私

長男家の1歳のマゴのRちゃんを入れても全員で12人

大きな葬儀場なのに、そんな人数の家族葬でも大丈夫ですか?と訊いたら

「12人なら多いほうですよ。今、このコロナで
 昨日の方は3人だけで家族葬されてましたよ」とのことだった

緊急事態宣言中には
他府県の身内も参列できなくて
リモートで、スマホでという話も聞いていたけど
やはり今年はみなさん大変なのね。。。。。

テレビのCMなどで見る家族葬って
ホテルのロビーみたいなところで
アルバムなんか眺めながらアットホームな感じで
ゆるやかに行っているような印象があったけど

義母の家族葬は
一般的なお葬儀の家族だけバージョンという感じで
至って『普通の小規模なお葬式』だったので、少し意外だった

祭壇

祭壇

12人しか参列者がいないのに、しかも家族だけなのに
ちゃんとプロの司会者まで用意されていてびっくり

お通夜の夜は、
控室になっていた広い和室に
何人でも泊まってもよくなっていて
使ったお布団の分だけ使用料を支払うということになっていた

葬儀場の待合室

お風呂もあったけど
もう一組のお葬儀のご家族も使われるそうで
使用するときは使用中の札を下げてくださいということだった

葬儀場の宿泊施設

葬儀場の宿泊施設

夫と私だけが泊って、他の家族は家に帰って寝ることになった
                          @駅近くのC社


ちなみに。。。。。。

昨年の母の葬儀の時は家族葬でなくて一般的なお葬儀だったけど
家族控室はホテルの部屋みたいになっていて
お通夜の夜に泊まるには、こちらの方がありがたかった

@泉が丘のS社

葬儀社控室

葬儀社控室

葬儀社控室

葬儀社控室

葬儀社控室

葬儀社控室


お葬儀の時は、立て込んでいるし、気が動転していたりもするし
何が何だかわからなかったようなところもあるけど

経験した人にしかわからないこともあるから
何かの役に立てることもあるかと思って書いてみました~
スポンサーサイト



web拍手 by FC2
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック