FC2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
沖縄旅行1日目?憧れのザ・ブセナテラス~夕食・ラ・ティーダ編~
2008年04月12日 (土) | 編集 |
ブセナテラスの中には、プールサイドの小さなスナックカウンターを含めたら
和食、フレンチ、イタリアン、中華、鉄板焼きなど11のレストランがある

どこもそれなりのお値段がするらしいが
今回の我が家のように義母と母が一緒だと、ホテルの外にわざわざ食事に出るのも大変なので
ホテルの中のレストランでいただくことにする。

事前に調べたクチコミによると、どこも大体海が見えて素敵なので
夕日が沈む時間に合わせて、テラス席を予約しておかないと、混み合うらしい。
なので、出発前に予約をお願いした。

ホテルのHPではレストランの詳しいメニューや価格が全くわからないような
イメージ的な内容になっているので
電話で対応して下さったスタッフの方にどこがいいのか伺ってみたところ
「どのような種類のお食事がよろしいですか?」と訊かれ
「高齢の母たちが一緒なので、あまり移動しなくていい本館にあって
 量がたくさん食べられなくても大丈夫なところがいいのですが」と言うと
「それでしたらブッフェになりますが、本館のラ・ティーダがよろしいかと思います」
ということで、洋食のラ・ティーダのテラス席をお願いした。

本当はブッフェだと、母たちの分も料理を取りに行かなくてはならなくて大変なので
できればテーブルサービスのお店にしたかったのだけれど
他はほとんどコース料理だそうで、食べる量の少ない高齢者には向かないらしい。

日没の予想が6:50とのことで、予約は6:00
2階にあるラ・ティーダもまた、入り口からすでに海が見えるオープンエア
ザ・ブセナテラス 

さっそくテラス席に案内していただく
ザ・ブセナテラス  ザ・ブセナテラス 

先ずはオードブル風の料理が並んだカウンターから
義母や母の分を持ってきて、それから自分の分
これはちょっと大変かも・・・・・アップロードファイル
ザ・ブセナテラス  ザ・ブセナテラス 

鴨のロースト、スモークサーモン、ローストビーフなどどれも大変美味しい
夫が持ってきてくれたシーフードのグラタン(右の小皿)や
その場で注文して焼いてもらうラム(左の小皿)もとっても美味しい

メイン風の料理があるカウンターには
ビーフカツレツのフレッシュトマトソース添え
ローストチキンのポアロネギ添え
シュリンプとカラーピーマンのソテーなど
これまたどれもとっても美味しい
ザ・ブセナテラス ザ・ブセナテラス


ザ・ブセナテラス  ザ・ブセナテラス 

「本当に素敵なホテルねぇ」
「海がこんな曇った日でもエメラルドグリーンですごい」
などと楽しくお食事していると、だんだん日が沈んで夕暮れの海になってきた
ザ・ブセナテラス

クチコミではプールサイドでサックスの生演奏が夕暮れ時に始まって
それがすごく感動したとみなさん口々に書かれていたので楽しみにしていたのだけれど
この日は生演奏はなかった スホトラヨテヲ、キ、ニ、ッ、タ、オ、、

でも、デザートのコーナーがまた大変充実していた はーと
ザ・ブセナテラス  ザ・ブセナテラス 

ザ・ブセナテラス

義母はデザートだけは自分で2回も取りに行くほど気に入っていた
ザ・ブセナテラス

コーヒーはブッフェではなく、最後にサービスに来てくれて
ゆっくり2時間もかけて楽しんだ夕食が終わる頃には、すっかり外は夜になっていた
ザ・ブセナテラス

ラ・ティーダのブッフェは大人ひとり4000円。とってもリーズナブルだったと思う。
夫がフルボトルのワインを1本注文していたが
一番お安いものだと4000円くらい。
こちらもこういうホテルにしてはリーズナブルなのでは?
ちなみにファヌアンというコース料理のお店は、クチコミを読むとひとり1万円くらいらしい。

せっかくなので、車椅子を押してホテル内を散策する
どこのスペースも広々としていて、オープンエアで気持ちが良い
下の写真はライブラリーという表示がかかっていたので図書室らしい
あまりたくさんは本がなかったけれど、静かでゆったりした部屋だった
ザ・ブセナテラス

スーベニアショップで義母が琉球織風模様のハンカチを購入
また、ホテルのオリジナル商品を扱ったお洒落なお店があって
ホテルメイドのジャムやジュース、ドレッシングにクッキーなどを販売していた。
下の写真はそのお店で夫が買ってプレゼントしてくれたチョコ
クリックして拡大していただければわかるけれど
シークワーサー、泡盛、さんぴん茶など、沖縄らしいテイストのチョコたちだった(^o^)
ザ・ブセナテラス ザ・ブセナテラス

さんぴん茶というのは、沖縄のコンビニではいっぱい種類が置いてあるお茶で
ジャスミン茶の一種らしい。なかなか美味しかった。
ザ・ブセナテラス

夫はすでに大浴場に入ってきたわけだが
ここは部屋のお風呂も広々していて気持ちが良いので
義母と母と私は部屋で入浴することにした。
ちゃんとアロマな入浴剤もあって、なかなか快適なバスタイムだった。

今日は移動して来ただけだけれど、すごく充実した一日だった気がする。
やっぱり憧れのブセナテラスにいるからかな?

窓の外はこんな美しい夜景
ザ・ブセナテラス ザ・ブセナテラス
スポンサーサイト



web拍手 by FC2
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック