FC2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
 富良野・帯広 3泊4日 2019 ~2日目 ⑤ 幸福駅と六花亭本店 ~
2019年11月14日 (木) | 編集 |
郊外にある六花の森から
帯広の中心部市街地にある六花亭本店までは
小一時間ほど距離がある

その途中で思いがけない看板を見つけて
おお~~~っ!! (ノ´▽`)ノ と
寄ったのがココ ↓

幸福駅

帯広市幸福町にある旧・国鉄・広尾線沿線内の駅で
今はもう広尾線は廃線になっているのだけれど

かつて現役の駅舎だったころ
愛国という駅からこの幸福駅までの切符が
一大ブームになって以来
たくさんの人が観光にくるようになって

〈廃線後も観光地として存続することになり、
 人々に幸せを実感していただく『観光ポイント』として
 生まれ変わりました。〉
(公式HPより)

ということで、公園になっている幸福駅
https://www.koufuku-eki.com/

ブームだったのはもうずいぶん昔の話で
私がまだ10代の頃だったんじゃないかな~

幸福駅だなんて
そんな素敵な名前の駅が実際にあるんだな~と
遠く北海道の地に思いをはせていたこともあったのに

すでに電車は廃線になり
もうその存在も忘れてしまっていたのに

こんな風に、偶然に
旅の途中で出会うことがあるなんて

人生には
こんな風な小さな奇跡に
遭遇することがあるから面白い(*^_^*)

それに、意外なほど観光客さんはそれなりにたくさんいらしていた

こういう縁起のようなことに元気をもらったり
背中を押されたりする人っていっぱいいらっしゃるんだな~

せっかくなので
国家試験の結果待ちの末っ子と
駅舎をバックに記念撮影

幸福駅

幸福駅

売店では今も
愛国駅から幸福駅の乗車券を
当時と同じ値段(220円)で販売していて

日付を希望の日にちで押印してくれる
(キーホルダー料金は別途)

幸福駅

せっかくなので
我が家分・長男家分・次男家分の
それぞれ結婚記念日の日付入りと
末っ子の誕生日の日付入り
そして今日の日付(9月28日)で5個購入(^-^)

(写真は公式HPより)
幸福駅


幸福駅

現役当時の列車の車体の中にも観光客さんが乗ってみていた

なんだかこの偶然に、幸せな気持ちになりつつ

帯広市内に向かって出発


六花亭本店は帯広が本店の
誰もが知っている北海道を代表するお菓子屋さん

札幌に住んでいたころ
今みたいに、まだロイズもルタオもなかった頃から
六花亭は地元の人に愛されているお菓子屋さんで

お歳暮やお中元のシーズンには
金沢で言うところの森八や小出のように
札幌の人たちはデパ地下で並んでギフトを発送してもらっていた

今では〈六花亭札幌本店〉なる不思議な店もあるけど
本当の本店は帯広にあって
当時、本店にも心弾ませて行ったことが一度だけある

忘れもしない
買ったのは、モカ味のホワイトチョコでできた兜だった(*^_^*)
生まれたばかりの長男のお節句に飾った

当時の店舗とはもう全然違った店構えだったので
(場所も違うのかもしれないけど、それはもう全然わからない)
地図を頼りにどうにか到着

六花亭本店

六花亭本店

もうラストオーダーに近い時間だったのに
2階のカフェはほとんどの席が埋まっていたので
店内の写真は
我が家が座っていたテーブルを最後に撮ったものだけなんだけど(^▽^;)

六花亭本店

六花の森のカフェでお茶するのをグッと我慢したのは
帯広本店でしか食べられないというコレ↓

六花亭本店

マルセイアイスサンドを食べたかったから

最初メニューをくまなく眺めても
マルセイアイスサンドがないので、焦って
店員さんに訊いたら

1階の売店で販売していて
カフェでも召し上がっていただけます とのことだった
よかった~~~


下の売店ではこんな感じで↓

六花亭本店

本店限定のお菓子を販売していた

他にも本店限定の↓これも

六花亭本店

さらに季節限定の栗のコレ↓
六花亭本店

ひとりで3つも注文するという暴挙に出て(^▽^;)

夫と末っ子の驚愕されたのだった

ちなみに夫と末っ子は
コーヒーと栗のお菓子を食べていた

六花亭本店

六花亭本店


帯広ドライブも満喫したので
富良野へと戻ることにする

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

この日記は9月28日の話なんだけど
これを書いている今現在はもう11月もそろそろ中旬

実は末っ子の国家試験
合格率5~6%という難関だったんだけど
無事末っ子の頑張りが実って見事合格することができた \(^O^)/

幸福駅に偶然遭遇したご利益も
もしかしたら  あるのかもしれない (*^_^*)
スポンサーサイト



web拍手 by FC2
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック