FC2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
5年ぶりの北海道の旅~⑦ 大自然の中でセグウェイツアー~
2018年09月17日 (月) | 編集 |
2年前にハウステンボスで
ミニセグウェイ体験をしてから
すっかりセグウェイに魅了されていた私は

  その時の日記はコチラ
  http://anaheimmaingate.blog73.fc2.com/blog-entry-3053.html

  家の中でこんなものまで買って乗って遊んでいる
  http://anaheimmaingate.blog73.fc2.com/blog-entry-3102.html

その後、昨年シドニーのブルーマウンテンズのホテルで
オフロードのセグウェイの貸し出しをしているのを見かけ
http://anaheimmaingate.blog73.fc2.com/blog-entry-3528.html

いつの日か、またどこかでセグウェイツアーがあったら
絶対に参加するんだっ!!という野望を抱いていた

思いのほか早くにそのチャンスがやってきて
函館大沼のこのプリンスホテルで
セグウェイツアーがあるのを知って

夫に相談したら嫌がるに決まっているので
夫に言う前にとっとと予約を取っておいた(=^・^=)
(ネットで予約するとクレジットカードで事前精算になる)

前夜夫が
嫌だな~やりたくないな~と抗議の意を示すので

ちょうど
『おススメの えびそば 一幻 が美味しかったよ』と
末っ子とラインしていたので

明日セグウェイツアーするんだけど
お父さんがあ~だこ~だ嫌がっているから激励してあげて

と、言ったら

末っ子から夫のスマホにメッセージが入り

「みんな楽しそうだよ」と
こんな写真が送られてきたり
セグウェイ
(Wikipediaより)

小泉さんも乗ってるよ と
こんな写真が送られてきたり
セグウェイ
(共同通信社)

夫はすっかり爆笑モードになっていた

さすが末っ子!(^O^)

朝、ホテル前の朝市を覗きに行った時に
ツアーの集合場所の看板を見てみたら
昨夜と同じ人数で

セグウェイツアー

我が家は9:30の回の予約をしていたんだけど
定員の8人枠がもう埋まっていて
9:00の回ならばまだ空きがあったので

ちょうど通りかかったセグウェイツアーの係りの方に
可能ならば早い方の回に変更してもらえないかと訊いてみた

人数少ない方が緊張しなくて、気が楽でいいかと思って(^^ゞ

幸い快く変更してもらうことができて
9:00の回に集合場所へ

ホテルのエントランスの横にある倉庫みたいなところが
セグウェイの駐輪場らしい

セグウェイツアー

簡単な説明を聞き、同意書にサインして
少しだけ離れた林の中の広い野原?で練習をする

この回は参加者が我が家だけだったので本当に気が楽だった

セグウェイツアー

セグウェイツアー

セグウェイツアー

30~40分くらいで一通り練習を終え

インストラクターの若いお兄さんのあとについて
大沼プリンスホテルの、以前使っていたゴルフ場の跡地だと言う
広いコースを爽快にツアースタート

セグウェイツアー

自分では乗車中は写真を撮ってはいけないことになっているけど
インストラクターの方がたくさん撮って下さっていた

セグウェイツアー

休憩の時間にこんな枠を出してきて記念撮影もしてもらったり

セグウェイツアー

コースの途中で、かつてゴルフ場だった時に
クラブハウスだったところでは
テーブルにクロスまで敷いて
温かいコーヒーを入れて、クッキーまで出していただいたり

セグウェイ

セグウェイツアー

セグウェイツアー

コテージが点在するエリアがあったり
池に面した展望シートのあるあずまやの名残があったり
白樺林あり、黄色い花の咲く野原があったり

とても楽しいセグウェイツアーだった(*^^*)

最後は、駒ケ岳が美しく見える広場で記念撮影

セグウェイ

セグウェイ

セグウェイ

ここは、ZIPラインのコースでもあり
参加者の方々が楽しそうに滑っているところに遭遇して
インストラクター方が逆さになって滑っているのを見て楽しかった

セグウェイ

たくさん撮ってもらった写真は
パスコードを入れるとネットで見られるようになっていて
ダウンロードも無料という良心的なサービス(^O^)

こういうのって有料で、しかも高いものと思っていたので意外だった~

インストラクターの方がオマケで入れて下さっていた写真に
キタキツネや駒ケ岳、タンポポモドキというお花もあった

セグウェイ

セグウェイ

セグウェイ

セグウェイツアー、めちゃめちゃ楽しかった\(^O^)/

またどこかで参加したいな~
スポンサーサイト



web拍手 by FC2
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック