FC2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
 5年ぶりの北海道の旅~④ 大通公園とミッシュハウス伏見本店~
2018年09月16日 (日) | 編集 |
やや曇り空の2日目朝

いつもなら、旅先での食事は結構綿密に調べるか
あるいは美味しいという口コミのホテルの
朝食付きプランにする私だけれど

今回は「えびそば 一幻」に行きたいということと
できればミッシュハウスの伏見本店に行きたい
ということ以外は、特にこれといった予定は立てていなかった

ミッシュハウスに行けるとしたら
この日の午前中しかなく
お店のOPENが11時なので
パフェを食べてから
この日の目的地 ニセコ経由大沼へと出発することにしたので

昨夜遅い時間に濃厚なえびそばを食べたことと

スタンディングのライブで開演待ち時間を含めたら
3時間半もぎゅうぎゅうのフロアーで立っていた疲労で
起きた時から爆発的な食欲はなかったし(^-^;

夫もまた、私がライブに行っている間に
多少お酒も、食事も食べたうえで
えびそばを一緒に食べに行ったので食欲イマイチ

ということで、
ホテルのラウンジや
ガイドブックやネットの口コミの美味しいお店で
がっつり朝食を食べるほどの元気がなかった私たちは
(11時にパフェも食べるし♪)

大通公園で、サンドイッチでも食べようか

ということで意見が一致(^^ゞ

早々にチェックアウトして
車だけしばらく駐車場に置かせてもらったまま
地下鉄で大通公園へ向かった

大通公園に面したビルはまだどこも始まっていない時間で
歩道は閑散としていたけれど

大通公園

公園の方には結構たくさんの人が歩いていたり
屋台のとうもろこしを食べていたり

大通公園

大通公園

近くにドトールがあったので
『旅先でドトール?』という気もしないでもなかったけど(^▽^;)
ミラノサンドとコーヒーを買ってベンチで食べることに

もう少し紅葉が始まっている樹があった

大通公園

札幌市民も観光客もたくさんやってくる大通公園
さすがに花壇の手入れも行き届いていて
とても気持ちのいい景色だった(^-^)

大通公園

大通公園

大通公園

大通りから再び地下鉄で中島公園駅へ戻り
(2駅なんで、歩いたってそんなに遠くはないんだけどね~)

ホテルの駐車場へ車を取りに行く

中島公園側からホテルに行くと
パティオに本日も結婚式があるらしく
白い椅子が並べられていた

プレミアホテル中島公園 札幌

ちょうどラウンジのガラスの壁の正面がパティオ

プレミアホテル中島公園 札幌

プレミアホテル中島公園 札幌

いいね~9月の3連休だもんね
結婚式日和(^-^)

中島公園からミッシュハウスまでは10分かそこらなので
到着した時はまだOPENの時間より早かった(^▽^;)

ミッシュハウス

一番乗りでレンタカーのヴィッツを停める

ミッシュハウス

ミッシュハウスの真横に
伏見稲荷があり、京都の観光客で有名な伏見稲荷と同じように
赤い鳥居がたくさん並んでいた

伏見稲荷

伏見稲荷

夫はこの鳥居をくぐって、参拝してきたそうで
夫の撮影した上から撮った写真↓

伏見稲荷

伏見稲荷

伏見稲荷

夫が参拝してきている間
私は何をしていたかというと

およそ30年前
札幌に住んでいた頃

いつも平岸のアパートの我が家まで
抹茶アイスクリームを宅配してきて下さっていた
ミッシュハウスのご主人が
ちょうどお店の前にいらっしゃって
当時お世話になったお礼と

ミッシュハウスがこんなに大きく立派なお店になって
ガイドブックにも紹介されるように有名になったことを
とても嬉しく思っていることをお話していたのだった(*^^*)

このブログを12年前に始めたきっかけのひとつが
ミッシュハウスのことを書きたかったからで
私には本当に思い入れのある大好きなお店なので
30年ぶりにお会いできて
当時のお礼を言うことができて嬉しかった

その、最初のミッシュハウスの記事はコチラ
http://anaheimmaingate.blog73.fc2.com/blog-entry-1.html

↑この記事が、このブログの一番最初の日記です(^^ゞ

11時になって 一番乗りでお店に入って

ミッシュハウス

ミッシュハウス

夫はハスカップのソースのソフトクリーム

ミッシュハウス

私は木いちごのパフェを堪能(*^^*)

ミッシュハウス

ミッシュハウス

私にとってはミッシュハウスは今でも特別な存在で

この世で一番好きなスィーツ

それはずっと変わらないから

遠く金沢から、これからもさらなる発展をずっと応援したい

さて!念願を果たしたので、これからニセコへ
ニセコもまた30年ぶり(^-^;
スポンサーサイト



web拍手 by FC2
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック