FC2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
1年ぶりのプリン
2018年09月06日 (木) | 編集 |
母の誕生日


昨年
理学療法士のリハビリのC先生と
看護師さんたちが
誕生日に
ほんの3~4口ではあるけれど
ケーキの上のクリームを食べさせて下さり
母の表情が一変した

やっぱり美味しいんだね~
と、先生も看護師さんもみなさん一緒に喜んで見守って下さって
本当にいい誕生祝ができて嬉しかった


その後母は胆嚢炎を何度か繰り返すようになってしまい
胃瘻から
鎖骨からの高カロリー輸液へ
変更せざるを得なくなり

これでもう母は何も食べることは
完全にできなくなってしまった思っていたところ

ここ数カ月前から
STのリハビリのK先生が
母にとろみをつけたジュースを飲ませて下さっていて

もう長いこと何も口から食べることができなくなっていた母に
大きな大きな楽しみの時間を与えていただいている

誕生日にはケーキは無理でも
ゼリーなら挑戦してみましょうと
仰っていただき

プリンや水羊羹ではダメでしょうか?と伺ってみたところ

胆嚢炎には乳脂肪分は危険だそうで
最初は少し考えていらっしゃったK先生

主治医の先生に相談して下さって
少しだけだったらいいでしょうと許可をもらって下さり

(しかも主治医の先生は
 「何かあったらすぐ連絡してください」とも仰って下さったそうで)

「今日はプリンを食べるんですよね」と
介護士さんや看護師さんにも声をかけていただいて

1年まえの誕生日の生クリーム以来
1年ぶりに母はほんの少しではあるけれど
プリンを食べさせていただくことができた

理学療法士のK先生もいらしてくださって

ひ孫のNちゃんが
ハッピーバースデー ひいばあちゃん
って歌ってくれている動画を耳元で流して

現状考えられる最高のお祝いができた(*^^*)

母と先生方

母にはどれくらいの時間が残されているのかわからないけれど

この施設の先生方、看護師さん、介護士さん
みなさんのおかげで

今年も桜を見に行けたし
誕生日をお祝いできたし

理学療法士のC先生は
「寒くなる前に、秋を見に、紅葉のあるところへ出掛けたいですね」と
また先への楽しみを考えて下さっているし

本当にただただありがたく
感謝の気持ちでいっぱい


私の横で爆睡中のジョニー
ジョニー

実は膝の上にはライちゃんも♪
(ユニクロのリラコで失礼します (^-^;))
ジョニー(&ライちゃん)

トラちゃんは相変わらず、その向かい側
トラちゃん



スポンサーサイト



web拍手 by FC2
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック