FC2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
 箱根&横浜&江の島&鎌倉2泊3日の旅 ➀小田急ロマンスカーに乗る
2018年04月14日 (土) | 編集 |
1月にちょっとした事務的手続きをする用事があったのと
1月末までの株主パスポートがあったのとで
東京へ行くことになり

次男のお嫁さんのMちゃんとマゴのYくんと
平日にディズニーシーで遊んだり
末っ子とお茶したりしてきた(^-^)

その時の日記はコチラ
http://anaheimmaingate.blog73.fc2.com/blog-entry-3613.html

私だけで楽しい旅行をしてくるのも夫に申し訳なかったので
週末に一緒に行く?と訊いてみたけれど
夫は今回はやめておくよという返事だったので

じゃぁ春になったらあらためて一緒に
末っ子のところへ遊びに行こうねということにして
4月の箱根旅行が企画されたのだった(^-^)

今回もにゃんずはネコシッターさんにお願いして

帰りは次男のお嫁さんのMちゃんとマゴのYくんと一緒に帰るので
富山空港からの出発と相成った

飛行機が7:10発なため
我が家を朝の5時に富山に向けて出発(^-^;

北陸自動車道はまだほんのり朝焼けだった

北陸自動車道

北陸自動車道

1時間弱で富山きときと空港に到着

富山きときと空港

さらに、飛行機に乗ること1時間弱
羽田空港に8:15到着

すご~く久しぶりにモノレールに乗って
山手線に乗って新宿駅へ行き、
そこから小田急ロマンスカーに乗る

時間に余裕を持って移動してきたので
予約したロマンスカーの時間まで
これまた小一時間空き時間ができた(^-^;

なんなら1本早いロマンスカーに乗ってしまっても良さそうなものだけど
今回は途中の駅(町田)から
末っ子が乗車してきて合流することになっているので
急遽電車を変更するわけにもいかないので
小田急の駅でコーヒーでも飲もうかということになり

結構座席数の多いカフェルゥールーというお店に入った
http://www.odakyu-restaurant.jp/shop/cafe/cafelu-le/

コーヒーだけ飲むつもりだったのに
メニューを見ていたら美味しそうなので

夫はハムとチーズのホットサンドイッチセット
カフェルゥールー

私はぷりぷり海老とアボカドたまごチーズサンドセット
カフェルゥールー

を、ついうっかり注文
両方ともコーヒー込みで500円なり
美味しかった♪


実は富山空港でもちょこっと食べちゃったんだけどな~(´▽`;)ゞ
(夫はホットドック、私は鱒のおにぎり)



事前に調べたところによると
小田急ロマンスカーには普通の座席の他に
展望シートとサルーン席という席があり
(※サルーン席は車両によってはあるものとないものがある)
普通席と料金は同じなので、人気が高いらしい

予約開始日にネットでも申し込みできるのだけれど
受け取りは小田急の駅か
それができない地方の場合、
旅行会社での発券になるということで

それに
もしかして、そういう激戦のチケットは
旅行会社に前もって頼んだ方が取れるかも?と思って
とある旅行会社に予約に行った

けども(^-^;

「小田急ロマンスカーですか~
 あんまり需要がないもので・・・・」と
ほとんど情報をお持ちでない係りの方で
展望シートもサルーン席も
どんな席なのかもご存知なかった(^-^;

(※箱根へのツアーなどは扱っていらっしゃるようだけど
   ロマンスカーのチケット単品では
   あまり金沢では申し込む人はいなかったらしい)

何やらマニュアル本みたいなものやパソコンを駆使して
「まぁ、やってみます。取れないかもしれませんが」

ん~どうなんだろう???と
自宅でも結局ネットで挑戦してみたけど
展望席は玉砕、
さらに希望の時間のロマンスカーの車両にはサルーン席はなかった

旅行社の方も
「ちゃんとコンピューターで登録しておいて
 予約開始時間には申し込みを入れるようにしておいたのですが
 展望シートは取れませんでした」と仰っていた

それでも帰りのサルーン席はGETできたし
ウキウキとロマンスカーに乗った

小田急ロマンスカー

名前はロマンスカーだけど
普通席は普通の電車ヾ(´▽`*)ゝ

小田急ロマンスカー

小田急ロマンスカー

車内販売のメニュー表
(クリックで拡大します)

小田急ロマンスカー 小田急ロマンスカー

町田駅から、無事に末っ子も合流してきて

さて♪ 末っ子と夫と初めての箱根一泊の旅に出発

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック