FC2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
 2泊3日北関東方面てんこ盛りツアー③~正統派観光地へ・日光東照宮~
2018年03月27日 (火) | 編集 |
コワもてのオジさんだと思っていた添乗員さんの
お話をアレコレ聞きながらバスは快調に進み
次なる目的地・日光東照宮を目指していた

「添乗員といえば、普通は若い女性のバスガイドさんや
 イケメンの若い男の添乗員のものなのに
 こんなフケたオジさんだとは思わなかったと
 仰るお客さんがよくいらっしゃるんですが
 フケフケメンの添乗員でも、良い面もあるんですよ」
と、仰り
渋滞や気象状態(大雪など)で
スケジュールが予定通りに進まなかった時の経験談を
その時に対処された例を交えつつ
「こういうフケフケマンだからできる対応もあるわけです」と
豊かな経験を聞かせて下さった(^-^)

集合時間や場所の説明をしている時には
「ツアーの旅行で何が一番大事かというと
 トイレ休憩の時間には必ずトイレに行っておくということです。
 『さっきいったばかりだから、今は行きたくないわ』と思っても
 行ってトイレに座れば条件反射で出るものです」
なんて、真面目な顔でにこりとも笑わずに仰る(^-^;

けど、添乗員さんにいろいろ注意事項とともに教育されたおかげか(笑)
2泊3日のツアー中
集合時間に遅れるようなことはどなたも一度もなかった

「添乗員さん、なんか面白くない?」
「だよね!にこりともしないで喋っているけど、面白いよね」

気が付けば、すっかりその話術にはまっていたわたしたちだった(^-^;

そうこうするうちに、日光東照宮へ到着
バスは、めっちゃ立派な社務所?の前に停まり

日光東照宮

添乗員さんについて、ぞろぞろ歩いて境内へ

日光東照宮

日光東照宮

平日だけれど、たくさんの観光客&参拝客で
外国人の観光客さんがすごく多かった(@_@)

日光東照宮

境内に入ってからは、巫女さんが案内をしてくれて
先ずは五重塔の説明を聞いた

日光東照宮

東照宮の中にはたくさんの彫刻が施されているそうで
五重塔にも、1面に3つずつ干支の彫刻があった

日光東照宮

五重塔は中心に心柱(しんばしら)を据えた優れた耐震構造物だそうで
東京スカイツリーの耐震システムは
この五重塔の心柱構造を応用して設計されたのだそう

春秋渡御祭「百物揃千人武者行列」で使用される
馬具や装束類が収められている
上神庫・中神庫・下神庫 (総称して三神庫)

日光東照宮

神厩舎(ご神馬をつなぐ厩(うまや))に
人間の一生を現した猿の彫刻が施されていて
これが有名な「見ざる・言わざる・聞かざる」

日光東照宮

こちらが大改修されたばかりの陽明門

日光東照宮

故事逸話や子供の遊び、聖人賢人など
500以上の彫刻がほどこされているのだそう

日光東照宮

有名な左甚五郎作 眠り猫

日光東照宮

日光東照宮

猫のちょうど裏側にはスズメの彫刻があった
裏で雀が舞っていても「猫も寝るほどの平和」を表しているのだそう

本殿に入ってからは撮影は禁止なので写真はない

一般の参拝客が入る場所の他に
このツアーの参加者の特典(?)で
一般には簡単に入れない「将軍着座の間」で
特別祈祷というのを受けた

将軍が座られたという場所の真上には
徳川の紋章が描かれていた

特別祈祷のあとは社務所の上で
記念品(御神札・朱盃・葵グラス・福箸)の授与が行われた

日光東照宮

行われた場所はこんなところ

日光東照宮

日光東照宮

日光東照宮

しか~し。。。。。
別料金で、一般には入れない場所で特別祈祷って
これこそ地獄の沙汰も金次第ってやつ?(^-^;
いや、神社だから地獄ってことはないか

にしても
特別祈祷を受けた人だけが買うことのできるお饅頭とかも
この場所で販売していたし(←まんまんと買わされてきたしσ(^_^;))

本殿では、陽明門改修記念の特別お守りというのも
期間限定で販売していて
通常はお守りって、効果が1年なんだそうで(知らなかった~)
この特別お守りは香がある間はご利益あるそうで

しかも、通常のお守りは
交通安全とか学業成就とか
願い事別になっているけど
この特別お守りは5つの祈願全部に有効なんだそうで
(家内安全とか商売繁盛とかね)

なかなかに神社も商売上手なのだわ~

と、思いながら、そのお守りもまんまと買わされている私(^-^;

最初の主目的 日光東照宮参拝を終え
再びバスにわいわいと乗り込み

新潟から合流した友人がお土産に持ってきてくれた笹団子を
これまたわいわい言いながら美味しく食べながら
さらにバスは快調に走行

笹団子

いろは坂

紅葉の季節には大渋滞になるという「いろは坂」を上り

いろは坂

中禅寺湖へ~

中禅寺湖

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック