ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
 2泊3日北関東方面てんこ盛りツアー➀~人生はいろいろあるけど~
2018年03月27日 (火) | 編集 |
2014年の春に
ご主人の定年退官で故郷の新潟に転居された
『アレンジ&トール仲間』の友人に会いに行こうと
みんなで積立貯金をしていた。

翌。2015年の春に実現予定だったその旅行が
メンバーのひとりに親戚にご不幸があって延期になり
その年の秋に旅が実現

それがもう楽しくて楽しくて

家族で行く旅行はもちろん楽しく
何よりも幸せな時間だけれど

それとはまた別の
修学旅行のような、日常を完璧に忘れて
すっかり童心に返ってはしゃぎまくる仲間との旅行は
これまた何ものにも代えがたい宝物のような時間だった(*^^*)


その時の日記はコチラ
http://anaheimmaingate.blog73.fc2.com/blog-entry-2975.html

で、それ以来 積み立てを続けて
また仲間で旅行に行こうねと楽しみにしていた

積立金も結構貯まり
新潟の友人ともしばらく会えていなかったので
今年こそは実現しようということで

計画力・行動力共に豊かで
いつもみんなを牽引してくれているメンバーのNさんが

新聞広告から
びっくりするようなてんこ盛りなツアーを発見してくれて
「これどう?」とみんなに提案してくれたのが

世界遺産日光東照宮特別祈祷と水戸・房総お花めぐり 3日間
http://www.hankyu-travel.com/tour/detail_d.php?p_hei=90&p_course_id=73060J

というツアーで

1日目
新幹線でJR金沢駅からJR高崎駅へ行き
磐梯ドライブインで「栗おこわ葵御膳」の昼食

〔世界遺産〕日光東照宮見学(特別祈祷付き)
竜頭の滝(中禅寺湖の隠れた名瀑
中禅寺湖(車窓)
華厳の滝
いろは坂
鬼怒川温泉泊【バス走行距離:約200km】

2日目
鬼怒川お菓子の城
ろばた漬けの販売店
江戸ワンダーランド日光江戸村
水戸ドライブインにて「軍鶏釜飯御膳」昼食
水戸偕楽園(日本三名園のひとつ:約60分)

幕張<泊/17:00~17:30着>【バス走行距離:約265km】

3日目
マザー牧場(見渡す限りの菜の花畑)
★金谷フェリーサービスセンター(「房州うまいもん膳」のご昼食)金谷港
<▲東京湾フェリー:約40分>→久里浜港
鎌倉(鶴岡八幡宮 小町通などの散策)

とまぁこんなびっくりするようなてんこ盛りなスケジュールで
ひとり分の参加費用が驚くなかれ55000円!!

予算が結構貯まっていたので
沖縄もいいよね?湯布院はどうかな?ハウステンボスもいいよねと
当初候補に挙がっていた目的地とは全然違う方面だし
行き先としてはどうなんだろう・・・?とも思っていたけど

日程を聞いて、初めは驚いていた夫が
「まぁ、みんなで喋っていればいいんだろうから
 行き先はどこでも同じなんじゃない?
 なら、ツアーは楽でいいかもね」と言う

それはそうかもと思い始めたら
友人たちもみんな賛同して、このツアーに決定!(^-^)

そして、出発日は
みんなが大丈夫な日がこの日、一日だけしかないという
3月27日に決まった


ところが出発の日の4日前
仲間のひとりが行くことができなくなったという連絡をもらった


私たちの世代は、みんな高齢の親御さんがいらして
それぞれ程度は違うものの介護を担っている

前回の時に一度日程を変更した時から

誰かが突然行けなくなっても
旅行は行けるメンバーで予定通り行くことにしよう
というルールが多数決でできている

私は本当を言うと
日程を変更して『全員揃って行けるときに行きたい派』なのだけれど

確かに、自分自身が『行けない』事情になった場合は
メンバーみんなが当初の予定に合わせていろんなことを調整してきているのに
自分のために変更してもらうのは心苦しいという気持ちは理解できるので
多数決のそのルールに従うことになっている


できるならみんなで行きたいのはもちろんのことなので
残念な思いもあった

けれど
行けなくなった友人が、その連絡をくれたときに
「みなさんが予定通り楽しんできてくれることが
 私の一番の願いです」
というメッセージを書いて下さっていた

ご自身が、旅行どころではない悲しみの中で。。。。

だから

心の中の残念な気持ちは、誰もが胸の奥にしまって
いっぱい笑って楽しんでくることになった


ということで、このつづきの②からは爆笑珍道中の日記(^-^)

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック