FC2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
 ようやく脱出
2018年02月08日 (木) | 編集 |
2月5日から3日間
ほとんど止むことなく降り続いた雪は
8日のお昼頃ようやく青空になった

幹線道路というか、路線バスが通るような道は
除雪車が動いていたし
融雪装置も作動していたので

大きな道にさえ出てしまえば、車は走ることができる

けど、その路地っていうか小路っていうか
住宅街の小さな道がどこもかしこも
人が一人通れるかどうかというありさまだったので
自宅から車を出すことができなかった

6日7日とひたすら家の前を雪かきして
ほぼ外界へ出られず過ごし

8日のお昼にどうにか大通りまで脱出できて

気になっていた母の施設へととにかく向かった

雪

犀川・上菊橋

雪

除雪車と融雪装置の威力で
バス通りはこんな感じで路面が出ている

雪

でも片側2車線の道が、片側1車線しかなくなっているから
朝晩のラッシュ時はすごいことになっているらしい

それに、歩道がろくに人が歩けないから
みんな車道を歩くことになるので余計混乱している

雪

雪の壁で、道路からお店が見えない

雪

雪

雪

金沢は76cmでこうなんだから
福井は市内でも130cmとかニュースで言っていたから
どんなにか大変だっただろうと思う

3日間行けなかったので
母のこと心配していたけど

施設に着いてみたら
母はちょうどお風呂に入れていただいて
部屋に戻ってきたところで、さっぱりしたいい表情をしていた

学校は休校になったり
お休みになった会社もたくさんあると思うけど

   金沢駅に隣接するイオンのファッションビル「フォーラス」だって
   雪のため全館休業というラインが来ていたし

でも施設の職員さんたちは
絶対お休みするわけにいかないから
どんなに大変だっただろうと思うと申し訳なくて申し訳なくて

職員の方々のおかげで
母や義母のこと心配しなくても良かったのだと思うと
本当に頭が下がる

お風呂の後のケア(鎖骨の輸液のチューブを挿したり)を
して下さっていた看護師さんに

「大変だったでしょう。本当にありがとうございます」と言うと
「私は近くに住んでいるから、歩いてくることができて全然大丈夫」と仰り

「でもどうしても来られない方もいらっしゃったでしょうから
 人数が少なくて大変だったでしょう」と言うと

「どうしても来られない人ももちろんいたけど
 来られる人でなんとかやりくりして大丈夫でしたよ」
って笑顔で仰って下さり

ありがたくて涙が出そうになった

他にもたくさんの«どうしても休めない»方はたくさんいらっしゃるわけで
(病院や薬局の方々をはじめ・・・ね)

ドンドン降る雪の中
歩いて配達していらっしゃった新聞屋さん、郵便局の方

たくさんの人に感謝の気持ちが湧き上がってきて

世の中のみなさ~~ん 本当にありがとうございました

って言いたくなったり


家の前で雪かきしていると
通りかかる人みなさんが
「ご苦労さまです」とか
「よく降りますねぇ」とかご挨拶して下さったり

ご近所なのに、数年ぶりに会ったなんて方と立ち話したり

なんか大雪も少しは楽しいような記憶も残してくれた

パソコンタイムに
膝の上に乗るのが好きなジョニー

ジョニー

ジョニー

ジョニー

ジョニー
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック