ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
 元気を出して。。。。
2017年11月10日 (金) | 編集 |
今週から開始したホットヨガ

家で夜、DVDに合わせて夫と時々ヨガを続けてきたので
なんとか立位のバランスポーズ以外は
ついていけるかもしれない(^-^;

私も夫も運動全般が苦手で
リズム感も致命的なほど悪い

運動しなくては!! という強迫観念に駆られて
かつて一緒にスポーツクラブの会員になったことも3回ほどある

一応やり始めたらすぐに辞めるのはうしろめたいので
会員になると最低でも1年は頑張って続けた

けど、1年が経つ頃には、
『すぐやめた』という罪悪感が減少し始め

『限られた人生の大切な時間を
 こんなに大嫌いなことをして過ごすのは嫌だ』と思うようになり

やめたら、晴々した気持ちにる (^▽^;)

そして、数年過ぎるとまた
このままでいいのか?運動しないとダメなんじゃないのか?
と、会員になる

それがかれこれ過去3回 ヾ(^^;)

運動全般がダメな私にとって
ヨガは唯一『やるのが嫌じゃない』運動なので
このまま頑張って当分は通おうと思っている

ヨガもまた嫌いな夫にとっては
夜一緒にDVDに合わせてつき合わされなくなるのは嬉しいらしく
私がホットヨガに通うことには概ね好意的だし(^▽^;)


母の状態のことで先生から
CTの画像を見ながら説明をしていただいた

先日からの嘔吐と発熱と酸素飽和度の低下に関しては
点滴などの治療をしていただき
だんだん落ち着いてきていて

少しずつ様子を見ながら
点滴を外して、経管栄養を再開していくとのこと

だけれど
そのまま快方に向かうとは限らず
胆のうにできている炎症が
経管栄養の再開で、再発することも考えられる

そういう状態が繰り返し起きるようであれば
そろそろ胃瘻からの経管栄養を諦め
鎖骨からの高カロリー輸液に切り替えることになり
その場合は鎖骨の下に簡単な手術をして
ゴムの弁のようなものをつけることになる

そこまでのことをするか
もう少し自然な状態で見守るかを
そろそろ少しずつ考えておく時期が近いのかもしれない

というようなお話だった

母の最期をどのうような形で見守るか
いろいろ覚悟をしていくことが必要な時期だということ

でも

まだ必ずしも経管栄養の再開で、
再び状態が悪くなると決まったわけではないし

もしかしたら、状態が安定して
まだまだしばらくは穏やかな時間を過ごすことができるかもしれないし

元気を出して、
頑張らなくちゃと自分に言い聞かせる

帰り道、スタバでクリスマスのフラペチーノを購入

スタバ

ファイト!私

頑張れ!お母さん!


オマケのトラちゃん
トラちゃん

トラちゃん

トラちゃん

ライちゃん
ライちゃん

ライちゃん

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック