FC2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
9月が春のシドニー旅行 4日目 ④~ロックス再び散策とディナークルーズ~
2017年09月24日 (日) | 編集 |
せっかくオペラハウスの至近距離まで来たので
中に入ってみることにする。

元々、中の見学の日本語ツアーに
時間があれば参加しようかとも検討していた。
日本語ツアーといっても、
旅行会社の現地ツアーとは違って
オペラハウスの公式HPで受付をして催行しているツアーだ

確かひとり25ドルとかそんなくらいだった。
見学後に食事が付くプランまである(@_@)

写真で見るとオペラハウスはひとつの建物のように見えるけど
実際は5つ(かな?)の建物に分かれていて
その間の通路というか、建物の間隔は結構広かった

シドニー

外側から見るととても印象的な建物ではあるけれど
中に入ってしまえば、
まぁコンサートホールなどのある複合施設(^-^;

当初4年の予定だった工期は10年以上も延び、
最終的には16年かかったとか
予算も当初の予定を遥かに莫大に超えてしまったとか
そういうエピソードはブルーマウンテンズのツアコンのお姉さんに聞いたし

わざわざガイドツアーに参加するほど
中の設備には特に興味があるわけではない
・・・ということで夫と意見が一致したので(;´▽`A``

少しだけスーベニアショップを見学して

元々物価が高いと言われているシドニーで
スーベニアショップのお土産の高さにびっくりし

満足したので建物の外に出た(^-^;

ハーバー沿いにサーキュラーキーの埠頭方向へ散策すると
それはそれはたくさんの人で賑わっていてびっくり(@_@)

シドニー

この日は日曜だったしね~

シドニー

さらにロックスの方へ散策

シドニー

ポスターか何かの撮影なのか、
はたまた合同結婚式なのか
花嫁3人花婿3人で写真を撮っていた

シドニー

趣のある風景の中を歩く

シドニー

今日も週末マーケットをやっているので
お店の出ている通りは人通りが多く

細い路地や裏通りはひっそり静かだった

シドニー

シドニー

シドニー

この時間は誰もいなかったけど
パブとかそんなお店らしく
日暮れ頃からだんだんお客さんが座ってきていた↓

シドニー

右手の建物は外国船旅客ターミナル↓

シドニー

シドニー

このあたりの風景を座ってぼんやり眺めながら
暮れていくロックスの空気を堪能しているうちに

シドニー

ディナークルーズの現地ツアーの集合時間になったので
集合場所のDFSギャラリアへ

お迎えのバスに乗ると
現地ツアーお得意の
「あと一カ所お迎えのポイントがありますので」とのことで
近辺の道を走り

最終的に2つの別のナイトツアーのお客さんで
満員になった大型バスは
ダーリングハーバーへ着いた

我が家の参加したキャプテンクックのディナークルーズは
3段階のコースのお食事を選ぶことができて
そのそれぞれに、さらに窓際確約プランが選べるようになっていた

添乗員さんが参加者を
料理のプランごとに(高い順に)名前を呼び、
その順で並んで乗船する

食いしん坊の我が家は
ゴールドメニューという 料理が6品のコースで
さらに、せっかくなのでと窓際確約プランにしたので
一番最初に呼ばれて最初に乗船(^▽^;)

    ちなみに
    前菜 メイン デザート のスターライトコース160ドルくらい
    前菜 メイン デザート のエレガントコース 190ドルくらい
    ゴールドコースは6品目で250ドルくらい
    ゴールドコースだけ、各お料理にそれぞれに合ったワインと
    他にもドリンクはすべてフリー
    窓際確約はそれぞれ+25ドル
    

ものすごい大きな船で
最初の出発がサーキュラーキーだったため
すでに乗船されている方もいらっしゃった

シドニー

ステージがあり、女性のボーカルの方とピアノ奏者の方が演奏されていて
ディズニーの映画曲やカーペンターズなど、
ポピュラーな感じの歌を歌っていらっしゃった

シドニー

窓際ではない席は、少し高くなっているので
夜景をちゃんと楽しめるようになっていた

シドニー

シドニー

First カナッペ
シドニー

Second アップルサイダーで煮込んだポークべりーとホタテのソテー
シドニー

サーブしてくれる方が写真も撮ってくれたりする

シドニー

その後、カメラマンが順番に各テーブルの写真も撮り歩いていた

Third クィーンズランド産スナッパー(鯛)とキングプロウン
シドニー

Fourth カボチャのニョッキ 子牛のスネ肉を煮込んだソースで
シドニー

Fifth アンガスビーフのフィレステーキ
シドニー

Sixth 杏のティラミス ピスタチオのビスケット添え
シドニー

料理のお味は、びっくりするほど美味しいわけじゃないけど
普通にそれなりに美味しかった
2人で5万円に相当するほど美味しいかというと
ちょっとそこまでじゃないかもだけど
クルーズの料金も含めて考えれば全く不満はないという感じかな~
     ヾ(^^;)

乗船する前に、ツアコンの方が
「オペラハウスとハーバーブリッジが綺麗に撮れるポイントを
 2回通ります。
 1回目は出発して間もなくの10分後くらい
 2回目はちょうどメインのお食事を食べ終わる頃です。
 1回目の時は、料理を運んだり、船内がまだ落ち着かないので
 メインのお料理を食べ終わるころに、展望デッキに出て
 景色を眺めたり、撮影するのがおススメです」

と仰っていたので
そのまま真に受けて、メインを食べ終わった頃にデッキに向かったけど

船内の座席を見れば↓一目瞭然なんだけど
 
シドニー

デッキは黒山の人だかりと言っても過言ではないほど
景色を見る人、写真を撮る人で混み合っていて ε-(•́ェ•̀๑)

ゆっくり写真を撮りたかったら
ダーリングハーバーを出航してすぐがおススメだと思う

展望デッキが無理なので
2階の階段脇でどうにか撮ってきた写真がこんな感じ

シドニー

シドニー

シドニー

シドニー

昨日ツアコンの方が仰っていた

他の夜景で有名な都市は
主に、高いところから見下ろした夜景が綺麗なのだけれど

シドニーの夜景は
海側から山の方を見上げた時に
海に映る灯りも含めて、美しく見えるように計算されている

という言葉を思い出して

なるほどな~と思ったヽ(´ー`)ノ

乗船したダーリングハーバーまでそのまま乗っていてもいいし
サーキュラーキーがホテルに戻るのに便利な場合は
先に寄港するサーキュラーキーで降りてもいいと言われていたので
そうすることにした

今夜がシドニー最後の夜だった
夜景を眺めるのもこれが最後なので
ホテルに戻ってから
もう一度クラブラウンジからの夜景も見た

さて、明日は最終日
飛行機は夜の便なので、最後までめいっぱい遊ぶぞ~~~
(๑•̀ㅂ•́)و✧
スポンサーサイト



web拍手 by FC2
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック