FC2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
9月が春のシドニー旅行 4日目 ③~王立植物園でChuchuトレインに乗る~
2017年09月24日 (日) | 編集 |
タロンガ動物園を出て、再びフェリーに乗って
対岸のサーキュラーキーへ戻る

フェリーはほんの10分くらいで、結構な速さで
デッキで対岸の景色を眺めているととても爽快だった(*^^*)

シドニー

カメラじゃ視界が切り取られるけど
360度海のフェリーからの眺めは本当に気持ちがいい

シドニー

シドニーに着いてから、
一体何枚のオペラハウスとバーバーブリッジの写真を撮っただろう
このシドニーのシンボリックな景色は魔力のように美しかった

シドニー

サーキュラーキーの埠頭に降りたら
こんなパフォーマーの人がいた(^-^;

シドニー

ディズニーシーにも、石像みたいなパフォーマーいたけど
このシルバーのオジさんは中腰で静止しているので
最初はオブジェなのかと思った(^-^;

↓サーキュラーキー駅の埠頭と逆側

シドニー

その前にある広場と建物

シドニー

せっかくクラブラウンジアクセスのホテルで連泊しているので
お昼はどんな感じなのか一度は行ってみたかったので
本日のお昼はホテルに戻ってクラブラウンジへ

朝も来たのに、また写真を撮っちゃう
どんだけこの景色が好きなんだって話だよねヾ(´▽`*)ゝ

シドニー

朝食ブッフェでもアフタヌーンティータイムでも、
カクテルタイムブッフェでもない時間なので
料理は全然並んでなくて
メニューを持ってきてくれる

それなりに軽食メニューも品数があるようだった

サンドイッチとコーヒーをお願いすると
待っている間にコーヒーとクッキーが出てきた(^-^)

シドニー

この写真ではまったくわからないけど
ツナサンドと卵サンド2人分 (^▽^;)

シドニー

今夜はディナークルーズを予約しているので
お昼はこのサンドイッチだけにしておいた

一旦部屋でしばし休憩して
午後はホテルの隣にある王立植物園へ

到着した日にも一度少し散策したのだけれど
植物園の中に、Chuchuエクスプレスという観光用電車があるそうなので
本日はそれに乗ろうというのが目標(^.^)

ホテルを出てすぐに王様の像(説明聞いたけど忘れちゃった)

シドニー

部屋でiPadで調べたら、ChuchuExpressの位置は
植物園の、海とは逆側、しかも正門から20分くらい歩いたところにあると出ていたので
一旦正門というか、ホテル横の入り口から入ったのだけれど

シドニー

入り口に看板が立っていて
ChuchuExpressはオペラハウスゲート側から出発と書かれていた

逆じゃん( ˘•_•˘ ).。oஇ

一旦植物園を出て、マッコーリー通りを海方向へ下る

インターコンチには売店がない
クラブラウンジへ行けば飲み物も食べ物ももらえるので
それほど不自由はなかったけど

こうして歩いてみたら
マッコーリー通りに、徒歩1分の距離でコンビニがあった!(^O^)

シドニー

入れそうな入り口があったので、植物園に入って
さらに海側へ歩く

シドニー

お~眼下にオペラハウスが見えてきた!

シドニー

シドニー

シドニー

シドニー

オペラハウスゲートに、確かにあるじゃん、
ChuchuExpressのチケット売り場!!(^O^)

シドニー

シドニー

ひとり10ドルで、30分ごとに運行しているのね

シドニー

こんなわかりやすい表示
園内の数か所にあればいいのに~~~

ここにたどり着くまでに、相当彷徨っちゃったよ┐(´~`;)┌

ようやく無事に乗ることができてホッと一息

シドニー

ChuchuExpressはほぼ満席

シドニー

数か所のポイントで乗降できることになってはいるのだけれど
ほとんどの人がスタート地点まで一周ずっと乗っているので
途中のポイントで降りたら、次の便に乗ることは至難の業かも

遊覧船かな?ガラス張りだらけの船
乗ってみたいな~♪

シドニー

王立植物園~ロイヤルボタニカルガーデン~は
ものすごく広大な敷地で
かなり丁寧に手入れされていて、素晴らしい施設だった

シドニー

シドニー

シドニー

シドニー

シドニー

シドニー

ここはスーベニアショップのようだった
(カフェもあったかも)

シドニー

シドニー

シドニー

ミセスマッコーリーポイントという
     オペラハウスからファーム・コーブ(入り江)をはさんだ
対岸に位置する岬で
     オーストラリアに移住してきた初代総督マッコーリー氏の夫人が
     ホームシックにかかってしまい頻繁に訪れた場所。
     夫人は総督が囚人に造らせたという砂岩造りのいすに座り、
     イギリスを行き来する船を眺めた
という観光ポイントも列車の通り道になっている

シドニー

そのポイントあたりからの眺め

シドニー

ゆったりと、結構長いルートを走ってくれるし
運転手さんは解説してくれるし(英語だけど)
10ドルはお値打ち!!!
と大満足なChuchuExpressだった(*^^*)

終点のオペラハウスゲートに到着~

シドニー

スポンサーサイト



web拍手 by FC2
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック