ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
9月が春のシドニー旅行 2日目 ④~インターコンチネンタル クラブラウンジとお部屋~
2017年09月22日 (金) | 編集 |
旅行するとき
ホテル選びが大好きな私は
今回もあれこれネットの情報を読みまくって
インターコンチネンタル シドニーの
クラブラウンジアクセス可能の部屋に決定!

チェックインもクラブラウンジで行うので
朝荷物を預けに行った32階のラウンジへ

ぐるっとガラス張りのラウンジはとにかく景色が素晴らしい
ガラス窓や壁の外にはデッキがあり、椅子やテーブルが置かれている

シドニー

シドニー

椅子やテーブルのある部分も長細いんだけど
さらに、こういう通路みたいな部分もある(^-^;

シドニー

通路みたいなデッキの正面がこんな景色

シドニー

ウッドテーブルが並んでいる側の真下は
広大な王立植物園

シドニー

いやもう。。。。あまりに美しい景色に
何枚でも同じような写真を撮りまくってしまう ヾ(^^;)

シドニー

シドニー

シドニー

チェックインのあと、何か飲みますかと訊いてくれて
ラテをお願いしたら、ちゃんとラテアートも描かれていて
可愛いクッキー付き♪

シドニー

この景色を眺めながらラテを優雅に飲んだ

シドニー

部屋は30階の角部屋で
シティビューのキングサイズベッドというカテゴリーだった

シドニー

広さは結構ゆったりしていた

シドニー

シドニー

便利だったのが、この窓際のベンチ風の椅子

シドニー

シティビューなので目の前はビル

シドニー

90度横の窓からは
ビルとビルの間から少しだけ海が見えた

シドニー

洗面所とトイレとお風呂はバスルームとして一体化したタイプ

シドニー

シャワーは固定式で日本人にはちょっと使い勝手が悪いけど
湯船は特に浅くもなく、普通だった

シドニー

コンセントはこんな感じ

シドニー

アメニティはアグラリア(AGRARIA)
レモンヴァーベナの香り

シドニー

ボディソープやボディジェルはなく固形石鹸のみだった

パジャマはなくて、分厚いバスローブ
でもスリッパはあった!(歯ブラシはないけど)

シドニー

シドニー

お水は350mlのボトルが毎日2本無料であったけど
部屋の冷蔵庫のお水は有料で、500mlのが約800円もする(@_@)
コンセントの変換機も置いてあるけど
サービスじゃなくて有料で販売しているもの(^-^;

シドニー

シドニー

シドニー

昨夜飛行機であまり眠れてなかったし
一日観光して遊びまわってきたので
相当に夫も私も疲労困憊(#+_+)

もうちょっと、もうちょっと・・・・とダラダラ休憩

ラウンジの利用表を見たら
カクテルタイムが17:00~19:00と書かれている

でも、それとは別に終日の軽食サービスとも書かれている

はて?19:00過ぎても食べるものってあるのかしらねぇ?と
ちょっと不安になり
19:00ギリギリに、疲労感満載でどうにかラウンジへ

その段階ではまだカウンターに
ビュッフェ方式でオードブルなどは並んでいた

シドニー

シドニー

とりあえず1回目というつもりで
この2皿を持ってきて食べていたら

シドニー

シドニー

奥のキッチンから、温かいこの料理を運んできてくれて

シドニー

まったりのんびり食べていたら
19:00過ぎたら、ビュッフェみたいに並んでいたお皿は
どんどん片づけられていった(・_・;)

まだ満腹まではいってない状態だったので
え~本当にカクテルタイムって19:00で終わり~?
ってなかりガッカリしたε-(•́ェ•̀๑)

でも、後日わかったことなんだけど
メニュー表を持ってきてもらえば
終日軽食メニューはいつでも作って持ってきてもらえるようだった

この時はまだ着いたばかりの日で
その辺のことがわからなくて
片づけられてしまったからには
帰らねばならないと思い

やや不完全燃焼で部屋に戻るのだった(^-^;

それにして、夜景がまた素晴らしかった

シドニー

シドニー

シドニー

シドニー

ウエルカムチョコが置いてあった

シドニー

ベッドはターンダウンされていて
ハウスキーパーさんが氷と水のボトルを持ってきてくれた
チョコも二個

シドニー

部屋の窓からの夜景はこんな感じ

シドニー

シドニー

明日は結構早いので、早く寝て体力を回復しないとね (๑•̀ㅂ•́)و✧

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック