ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
長野Spitzライブ&お墓参り旅行~③ビックハットでSpitz 30/50 ツアー~
2017年08月05日 (土) | 編集 |
叔母さまの家をおいとまして
宿泊するホテル、ドーミーイン長野の指定駐車場に向かい
とりあえずチェックインを済ませ

この日はべらぼうに暑かったので
一旦シャワーを浴び
(私は部屋のシャワーブースで、夫は最上階にある天然温泉の大浴場へ)
ツアーTシャツに着替えて

Spitzのライブに向かうべく、長野駅へ


次男一家は、この日長野市中心部で行われる
「びんずる祭り」見学など
善光寺への参道、中央通り方面へ散策に(^-^)

すでにライブ会場が開場されている時間(17:00)になっていたけれど
シャトルバス乗り場には結構な行列ができていて
10分間隔くらいでやってくるバスの4台目か5台目にやっと乗ることがきた

シャトルバス

オリンピックのスピードスケート会場だったビックハット

ビックハット

ツアーグッズはすでに1か月前の大阪城ホールで購入済みなので
そのまま会場に入る

大阪城ホールでは過去最高の好指定席で
なんと前から6列目だったので
持参したオペラグラスで見るよりも
普通に見た方が良く見えるという驚くべき位置だった

今回は最長で54列までしかないアリーナで34列目
(^▽^;)
肉眼じゃほぼ見えないのに
ステージのモニターがお洒落にできているため
なんか大小のモニターが角度もバラバラに配置されている

でも、実際ライブが始まってしまったら
座席位置なんて別に問題じゃないな~と後で思うくらい
充分に楽しかった (ノ´▽`)ノ

セットリストはコチラ

1 醒めない
2 8823
3 涙がキラリ☆
4 ヒバリのこころ
5 ヘビーメロウ
6 スカーレット (大阪城ホールでは冷たい頬)
7 君が思い出になる前に
8 チェリー
9 スターゲイザー(大阪城ホールではさらさら)
10 惑星のかけら
11 メモリーズ・カスタム
12 エスカルゴ
13 ロビンソン
14 猫になりたい
15 楓
16 夜を駆ける
17 日なたの窓に憧れて
18 正夢
19 運命の人
20 恋する凡人
21 けもの道
22 俺のすべて
23 1987→

アンコール

24 歌ウサギ (大阪城ホールではSJ)
25 スパイダー(大阪城ホールでは春の歌)

今回のツアーのセトリはファンのBBSというか
ネット上の書き込みでは大変に好評で
最高だったと書いている方が多数な感じ

ライブの定番曲がほぼ網羅されている感じだもんね。
2曲目でもう8823って
豪華すぎる~と思ったくらい(^▽^;)

私としては
若葉とかPとか雪風とか
あまりライブで聴いたことがない、静かな曲も
もうちょっと聴きたかったかな

同じツアーを別会場で2回聴いたのは初めてだったけど
MCはちゃんと全然別のことを話すんだなぁとわかって面白かった(^-^)

今年の新曲である3曲が

ヘビーメロウ(めざましTVのテーマ)
歌ウサギ(生田斗真と広瀬すずの映画『先生』の主題歌)
1987→

どれもとても胸に響く曲で
結成して30年
チェリーや空も飛べるはずの大ヒットから20年以上経って
今もこんなに素敵な曲を作り続けているスピッツは
本当にすごいなと心から思う

spitz、ありがとう!
この世界に、今、活動していてくれて本当にありがとう

と、
大阪城ホールの時と同じことを思うのだった


今回のライブは始まる前に
長野ライブの主催者であるFOBのスタッフの挨拶があった。
FOBにとっても信越地区での開催ライブが記念すべき50回目だそうで
すごく思いのこもったスピーチで
会場も大いに盛り上がった

今までライブでこんな風に
主催者の熱のこもった挨拶を聞いたのは初めてで

FOBがまだ開設されて間もないころに
会員になっていたことがある私は
小さな事務所に現金払いの手渡しでチケットを買って
その事務所も何度か移転をして
だんだん大きくなっていった経緯を知っているのもあって

このスタッフの方の挨拶にもまた感慨深いものがあった

FOBで当時買っていたチケットは
山本コウタローとウィークエンドのだったし
今回のスピッツはオンライン先行で購入したんだけど(^-^;

長い時間が経ったんだなぁ
いろんな意味で


帰りのシャトルバスは恐ろしいほどたくさんの人が並んでいたけど
「今日の運行が終わった路線バスを全部連れてきたんだな」と夫が言うほど
どんどんどんどん、市内の路線バス「川中島バス」がやってきて
思ったよりはサクサク列が進み、無事に長野駅に戻ることができた

長野駅はこれまた
びんずる祭りが終わって帰る人(浴衣や法被姿の人多数)でごったがえしていて
長野でこんなにたくさんの人を見たことがない
と、思うほどの混みあいようだった

びんずる祭りに行ってきたYくんの写真を
あとで見せてもらった(^-^)

Yくん

Yくん

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック