FC2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
上海ディズニー旅行 3日目⑥~上海半日&夜景ツアー・後編~
2016年12月04日 (日) | 編集 |
カフェやレストランなどの店舗だけでなく
新天地のあたりは雰囲気が素敵で
このあたりで散策したかったけどな~と横目で見つつ

新天地

新天地

新天地

新天地

ツアーのバンに乗って
夕食のレストランの前で降ろされて

それでもここで夕食の前に
1時間程度自由時間をもらうことになった

南京西路

なんと!そのレストランの真ん前に
許留山があるではないか?!ヽ(゜◇゜ )ノ

許留山は以前香港ディズニーに行った時に
すっかり魅了されたフルーツいっぱいの激美味しいスィーツのお店

でもまだ全然お腹空かない上に
1時間後には夕食だし・・・・

無念だけれど入るのは諦める
。・゜゜(>_<)゜゜・。

このあたりは南京西路というエリアで

日中散策した南京東路の延長線上にあり
ほとんどが商業施設というか
まぁ普通に地元の方々の繁華街というところだった

なので、少し歩いてみたものの
どこへ行っていいのかわからず

南京西路

結局1時間後に集合と言われた場所(レストランの前)に
集合の20分前には着いてしまった(^^;)

ガイドさんはこの周辺で待っていて下さったらしく
私たちがいるのを見ると
「もういいですか?夕食に行きますか?」と
すぐにやってきてくれた

とにかく反省点は
豫園か新天地で少し自由時間をもらえるように
思い切って頼めば良かったなぁ~ということだ。ヾ(^^;)


上海は小籠包が名物というか有名な都市で
特に有名なのが“南翔大饅頭”というお店だと
北京に住んでいる友人から聞いていたので

このナイトツアーの夕食が
南翔大饅頭だということで楽しみにしていた(お腹空いてないけど ^^;)

南翔大饅頭

あらかじめツアー代金に夕食は含まれているので
メニューもすでに決まっていて
他に希望があればその分追加料金を
各自で支払えばいいようになっていて

ついていたメニューが

南翔大饅頭

南翔大饅頭

南翔大饅頭

南翔大饅頭

南翔大饅頭

南翔大饅頭

こんな感じで、充分たっぷりだった(^-^)

この他に追加で上海焼きそばを頼んでみた

南翔大饅頭

ソース味じゃなくて、独特の味
これはこれで美味しかったけど。

あと、夫がビールを注文
バドワイザーだったかハイネケンだったか
欧米のビールの写真がメニューにあって
それを指さして注文したんだけど
それは「ない」とのことで
あるのは中国の青島という銘柄だけで
しかもそれは夫が言うには相場より高かったらしい(^_^;)

焼きそばにしろビールにしろ
店員さんには英語は全く通じなくて
こちらは中国語は全然わからなくて

ツアー料金に含まれているコースというかセットには
それは含まれていないということを
店員さんはうまく伝えられず

こちらは別料金でも構わないということを
店員さんに説明できず
なかなか意思疎通が上手くいかず

近くで待機して様子を見ていてくれたらしいガイドさんが
助っ人に通訳に何度か来てくれてどうにか・・・という感じ(^^;)

ガイドさん、いい人なんだよね
記念撮影とか自由行動とか
そういう気が利かないだけで。

ゆっくり夕食を楽しみ

最後にナイトクルーズの乗船場に移動

上海ナイトクルーズ

すごく大きな立派なクルーズのターミナル

上海ナイトクルーズ

中も広くて、観光客でいっぱいだった(@_@)

上海ナイトクルーズ

乗船の時間になり、黄浦江河畔へと出る

上海ナイトクルーズ

対岸の夜景がすでにとっても華やかで綺麗

クルーズの船は何台も何台も停まっていた

上海ナイトクルーズ

各船には、船の名前ではなく
スポンサーというか広告が大きくライトアップされていた

上海ナイトクルーズ

さすが大人気のディナークルーズだけあって
川沿いの夜景は本当に華やかで美しかった

このためにわざわざライトアップしているビルがたくさんあって
ただの夜景ではなくとてもカラフル

船内には有料のテーブルに座って飲み物などを注文する席もあるけれど
ほとんどの人が甲板に出て、ぎゅうぎゅうに立って景色を眺める

上海ナイトクルーズ

上海ナイトクルーズ

上海ナイトクルーズ

上海ナイトクルーズ

上海ナイトクルーズ

上海ナイトクルーズ

50分ほどのクルーズが終わると
ホテルまで10分あまりで送ってもらい

お昼頃から半日だけの上海市内観光だったけれど
現地ツアーに参加して、結構中国を堪能することができた(*^_^*)
スポンサーサイト



web拍手 by FC2
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック