FC2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
上海ディズニー旅行 2日目②~朝食難民になる(^_^;)~
2016年12月03日 (土) | 編集 |
ソアリンのFPを発券して
明日世界へ移動してトロンに乗った段階で時刻は10:00ちょっと

朝からほぼ飲まず喰わず状態で活動しているので
すっかり疲れてお腹も空いたらしき夫が
「さぁ、サンドイッチとコーヒーで朝食を食べよう♪」と
キビキビしている(^_^;)

私がシングルライダーでトロンに乗っている間にMAPで見たようで
このエリアにあるレストランに行こうと意気揚々と歩き出す

この明日世界のエリアは平坦ではなく、トロンに向かって下り坂になっていて
坂道や歩道橋のような場所があり
まだ地理に不案内な我が家には
目指す場所に簡単にたどり着けない(^^;)

どうにか目指すレストランに着いたところ
(多分 Stargazer Grill という
 Western & Asian style burgres のお店)
メニューはこんな感じで

上海DL

軽いサンドイッチ風のメニューはなく
夫はちょっと落胆していた

「まぁハンバーガーだっていいじゃない?
 私はフィッシュバーガーにしようかな~♪」と言ったら
夫も気を取り直して
「じゃぁ僕はチキンのバーガーにしよう!」と
2人でお店に入ろうとしたとろ

入り口に立っていたキャストさんに
『まだOPENしていない』というようなことを中国語で言われ
よくわからないで聞き直したら
「ten fifteen」と英語で言われた

ははぁ・・・・今は10:00ちょっとなんだけど
あと10分あまり、まだ開店していないということなのね(^_^;)

この場で10分ほど待つのではなく
もともとハンバーガーじゃなくて
サンドイッチ風の軽めの食事がしたかった夫は

「他の店を探そう」と歩き出す

ステージのような場所でベイマックスがグリーティングしていても

上海DL

一歩たりとも立ち止まらずに足早に歩く夫(^_^;)

「どこに行けばレストランあるかな?」
「やっぱりミッキーアベニュー方向じゃないかな
 東京だとワールドバザールやプラザのあたり」
「なるほど」


途中、いかにも中国という重厚な雰囲気の巨大なレストランを通り
(Wandering Moon Teahouse)

上海DL

これまた中国らしいワゴンの前を通り

上海DL

そうかと思うとクリスマスデコレーションの街灯があったり

上海DL

私は歩きながら写真を撮りつつ、せっせと夫についていく
ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

たとえ、サンタダッフィーがグリーティングをしていて
しかもゲストが2組くらいしか並んでいなくても

上海DL

とにかく通りすがりで急いで写真だけ撮ってひたすら歩く(^_^;)


すると、ミッキーアベニューに来ると
マーケットカフェというお店があり

上海DL

カフェというからにはサンドイッチとコーヒーくらいかるかも?と
ウキウキ入って行くと・・・・

上海DL

こんな感じのメニューだった(クリックで拡大します)

上海DL 上海DL

上海DL

ビーフステーキだったり、チャイニーズチキンシチューだったりと
かなりどっしりとしたお食事メニュー満載で(^▽^;)

これまた夫が求めていた軽めの朝食ではなかったので
即Uターンして店を出る

次に、こんなメニューの看板に遭遇して

上海DL

「あっ!ここ、サンドイッチあるよ!」
「サンドイッチって三明治って言うんだね~」

と、今度こそ!!と和気あいあいに
レミーのパティスリーへと入って行くと

上海DL

中にはチョコクロワッサンやペストリーのような甘いパンばかりで
しかもコーヒーというメニューがない(  ゜ ▽ ゜ ;) 

キャストさんに
レジの上にあるメニュー表のサンドイッチを指さして
「これはないの?」と訊くと
中国語で何やら仰る(⌒-⌒; )

わからないので
「I can’t understand Chinese」と言うと

何やら一生懸命言おうとしてくれるけれど言えない

別のキャストさんを連れてきてくれて
紙に字を書いてくれたんだけど
「11点」と書いてあり

夫と私は理解できずに顔を見合わせる

キャストさんは時計を指さして
もう一度11点を指さす

「11? eleven o'clock ?
 not yet?」

単語だけで聞き返すと

2人のキャストさんは「そうそう!!!」と言うように頷く

そーなんだ~
マフィンとかペストリーはあるけど
調理パンは11時からのメニューなのね

最初のキャストさんは数字を英語で言えなかったようで
こんなに若い人でも数字も英語は通じないんだぁと
中国語のわからない我が家は大苦戦だった(^_^;)

朝、ゲートに並んでいるときに
見るからに食べ物を持ち込みしているゲストがいっぱいで
びっくりしたけれど

実は上海のパークの中には
何カ所も、大きなピクニックエリアがあって

中国の方々はみなさん持ち込んだ食べ物でお食事されていた

上海DL

上海DL

世界中、どこのパークでも
食品の持ち込みはできなくて
持参したモノを食べるピクニックエリアはパークの外にある
それがディズニーのルールだと思っていたけれど

どうやら上海のパークは最初からそのルールは存在しないようだ

そのせいか食事できるレストランやワゴンがとても少ない気がした

「サンドイッチとコーヒーなら
 ディズニータウンにスタバがあるよ」
「だね。スタバに行こうか」

と、パーク内での軽めの朝食とコーヒーは断念して
一旦パークを出て、ディズニータウンのスタバへと向かった

ここでまたびっくりしたのが
再入場するための手の甲のスタンプが要らないこと(  ゜ ▽ ゜ ;) 

再入場は、ただまた同じパスポートを
入園ゲートでかざすだけでいいのだそうだ

で、スタバで朝食(^^) 
結局11時だったので
レミーのパティスリーでもサンドイッチは始まる時間になっていたけど
あそこはビバレッジにコーヒーがなかったので

スタバで美味しいコーヒーと
サンドイッチにようやく遭遇できて
ほっと一息(*^_^*)

スタバ

スタバ

スタバ

スタバ

スタバ

スタバ

上海のご当地マグはこんなデザインだった

スタバ

スタバ

スポンサーサイト



web拍手 by FC2
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック