FC2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
能登ミニ旅行④~厳門で遊覧船♪~
2016年08月11日 (木) | 編集 |
もともとは
次男一家とのとじま水族館でジンベエザメを見て
夜は温泉でまったり&夫と末っ子も遅れて合流してみんなで夕食
そして翌朝はYくんの海遊び

というのが目的だったので
2日目は
夕方から友人と飲み会のある次男が
だいたいの時間に間に合うように
のんびり帰宅するというつもりで

宿泊したシーサイドヴィラ渤海が
「世界一長いベンチ」に認定されたベンチのある海岸のすぐそばだったので
そのベンチを見て
お昼には
これまたすぐ近くにある「てらおか風舎」本店でランチ
くらいの大雑把な予定を考えていた。

チェックアウトしてから
てらおか風舎の予約まで1時間ほどあったので

ホテルからこれまたすぐ近くに『厳門』という
昔からの能登の観光名所を
ちょっと見てこようと
軽い気持で向かってみた

本日は
夫と末っ子と私
次男一家 で、車2台で出発

ホテルからは10分とかからずに厳門に到着

駐車場に立つお土産もの屋さん&軽食の小屋に
『遊覧船』という看板
http://www.ganmon.jp/

そういえば、はるか昔に遊覧船に乗ったような記憶が・・・・

夫や末っ子はこういうのは
私が乗りたいと言えば付き合ってくれるんだけど

次男に
「気が進まなかったら別にいいんだけど
 遊覧船に乗ってみる?」と恐る恐る訊いてみた

かつての次男だったら
「いいよそんなの」とか「オレは車で待ってるよ」とか
ケンモホロロに即答で断られそうな提案だと思ったんだけど

「いいよ。乗ろうじゃないか」と軽快なお返事

可愛いお嫁さんとYくんがいるようになって
次男もすっかりいいパパになっているだなぁと
しみじみ感慨にふける私(^^ヾ

急いでスマホで調べたら、HPに100円の割引券発見(^-^)

お土産屋さん(旅の駅 厳門 というらしい)に入ってチケットを買おうと思ったら
http://www.ganmon.jp/mysite2/index1.html
「券は船で買ってもらうから
 そのまま乗り場に行って下さい」とのこと
「船はすぐにありますか?」
「船は行けばすぐ乗れるよ」ということで
何分発とかではなく
お客さんが来たら出港するのだそうだ

厳門

乗り場へ降りる道がうっそうとした森の中でちょっとひるむ(^_^;)

しかも急な坂道で、降り口の前に杖がいっぱい置いてあった(^_^;)(^^;)^^;

厳門

しばらく降りると海が見えてきた(^^)

厳門

森をくぐって急に視界がぱぁぁぁっと開けるので
「わぁ~(^O^)」という気分になる

厳門

しかし、結構な急な坂で、しかも長い
バリアフリーではないにもほどがあるので
年配の方には相当大変

厳門

このあたりはちょっと地中海的風景じゃないこと?(*^_^*)

厳門

船は我が家の他にも数組の方が乗船され
乗ってすぐに出発

厳門

先に出ている船が岩の洞窟の入り口にさしかかっている様子

厳門

このあたりは水深8mだそうだけれど
水の透明度が高くてすごく綺麗なのだそうだ

厳門

小さなボートなら通り抜けることができるけれど
遊覧船は入り口ちょっとでUターンする厳門

厳門

現存する木製灯台としては日本最古の木造灯台だそう

厳門

船頭さん?が説明してくれるのを聞きながら
気持のいい海風の中遊覧船は快適に航海

Yくんは乗船してすぐからもう眠そうにしていて
出港して間もなく寝ちゃってた
船に乗っていることをどんな風に思っていたかなぁ(^^)

厳門

あっという間に20分が過ぎ帰港

厳門

次男もMちゃんも気持ちよかった楽しかったと言っていて良かった(^-^)

末っ子は
「沖縄で乗ったグラスボートが暑くて暑くて辛かったから
 この船の方が楽しかった」と言っていた(^_^;)(^^;)^^;

厳門

こんな近場で遊覧船で海を楽しめるとは
これぞまさに「灯台もと暗し」だなぁ

厳門

さて、ちょうどお昼の予約の時間にぴったり!(^^)!
スポンサーサイト



web拍手 by FC2
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック