FC2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
能登の桜を見に行く~里山里海号4回目 花嫁のれん号2回目 の旅~①
2016年04月09日 (土) | 編集 |
1週間前に友人たちと
里山里海号&花嫁のれん号に乗って
能登に行ってきたばかりの私なのだけれど(^^;)

その友人たちとのミニ旅行を計画した時に
「のと鹿島駅は桜で有名な駅だよねぇ。
 せっかくだから桜の時期に行こうよ」ということになり

金沢の開花予想が4月3日というのを調べて
じゃぁ4月1日の金曜に行こうと決め
みんなの予定を調整して予約完了

のと鉄道の方に平日のカジュアルコースのことで
質問があって電話をしたときに

「先日息子一家と一緒に里山里海号に乗って
 あまりに楽しかったので
 今度は友人たちと乗りに行くことになり
 桜が咲く頃にしたんです」という話をしたところ

「桜ですか・・・1日だとまだちょっと早いかもしれません」
「そうなんですか?
 開花予想が3日と聞いたのですが」
「能登は金沢より1週間くらい遅いんです。」

そ~だったんだ(^_^;)

みんなの予定を1週間ずらすのは難しいので
友人たちは
「桜がまだ咲いてなくてもまぁいいよね
 みんなで乗ることが第一目的だから(^^)」と
そのまま1日に予定通り行くことになった

さらにその話を夫にして
「ということで、能登では9日10日の週末頃が見ごろみたいだけど
 花嫁のれん号に乗って、桜見に行く?」と誘ってみたところ

「いいねぇ(^^)」と、即賛同を得た

というわけで(序章が長い ^^;)
2週連続で能登へ行くことになった私(^_^;)(^^;)^^;

9日もまた見事に晴れ渡って、願ってもないお花見日和になった

花嫁のれん号はやっぱり人気で
予約申し込みを事前にネットでしたけど
行きの指定はあえなく取れなかった。

帰りの指定は取れたので
里山里海号もすぐに予約

そして1週間前と同じIRいしかわの七尾線各駅停車に乗って
先ずは七尾駅へと向かう

車窓から見える風景がまた春爛漫

桜

菜の花

1時間半ほどで七尾に着くと、七尾駅にも桜が満開

七尾

20分ほど待って、里山里海号に乗車~♪

車内の様子はコチラでどうぞ♪
http://anaheimmaingate.blog73.fc2.com/blog-entry-3086.html


今回のお土産は前回とはお菓子の種類が変わっていた
前回は大きなどら焼きで
今回はなかじま菜のパイ(^^)

里山里海号

窓向きの席を予約してあったので
早速座って
金沢駅で調達してきた大友楼のお弁当を食べる(^o^)

夫は前回友人たちと私が食べたのと同じお弁当で
(その上、持参してきた天狗舞も飲んで ヾ(^^;) )

大友楼

今回の私のお弁当はコチラ

大友楼

レイアウトは違うけど、中身はほぼ同じだよねぇと(^_^;)

大友楼

アテンダントさんの説明を楽しく聞きながら
海の美しい風景を眺め

里山里海号

日本に2台しかない郵便列車が見学できるのと中島駅に停車

里山里海号

里山里海号

この駅だけでも桜がいっぱいでとても綺麗

里山里海号

里山里海号

のどかなホームと、里山里海号と桜が
あまりにも絵になって、何枚も写真を撮ってしまう (^^ヾ

里山里海号

10分ほどの見学停車の後、再び出発

乗車してすぐのアナウンスで
スィーツセットの予約販売以外の本日分が
4セットだけありますとのことで

しかも、3月末で以前とは内容が変わっていると聞いて
すかさずGETしていたので
なかじま駅を過ぎたらアテンダントさんが持って来て下さった

里山里海号

前回は抹茶ロールに赤いマカロンだったけど
今回は塩キャラメルロールに
抹茶マカロン(中に塩キャラメルクリームと能登大納言のバタークリーム)
このマカロンが絶品だった(^O^)

この辻口パティシエのスィーツは
里山里海号のオリジナルで
他では食べることができないのだそうだ。

このマカロンを食べるためだけでもまた乗りたくなる美味しさだった

里山里海号は
いくつかのビューポイントでちょっと停車しつつ

里山里海号
里山里海号

里山里海号
里山里海号

さくら駅という名前で有名な能登鹿島駅にさしかかる
(ちょっとだけ停車するけど、降りるほどの時間はない)

のと鹿島駅

満開に近いさくら駅にはお花見の人がいっぱいヽ(゜◇゜ )ノ

のと鹿島駅

のと鹿島駅

穴水駅に着いたら
帰りは各駅停車に乗って、この鹿島駅へ降りようと画策(^-^)

スポンサーサイト



web拍手 by FC2
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック