FC2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
アタマがタイムスリップ
2016年03月30日 (水) | 編集 |
母がひとり暮らしが難しくなって
施設にお世話になるようになってから早まる4年になろうとしている

その4年前以来、実家はほぼそのままの状態で
電気も水道も電話も通っている

半年に1度のゴボサンの(お寺さんともいう)月の経の時に
ちょこっと掃除をする程度で

また、末っ子が帰省してきたら
(GWとか夏休みとか年末年始とか・・・・)
友達が集まって鍋パーティーをしたりとかして

その片付けにちょっと掃除したりとか・・・・


でも今年は頑張って少し実家の片付けもすることにした

母は働き者で、整理整頓もマメにしていたので
認知症が悪くなるまでは
結構きちんと暮らしていた。

なので、覚悟していたほどにはごちゃごちゃはしていないけど

なにしろ築90年を越える家で
父は本家の長男だったので
押し入れとか納戸とか、訳のわからないものも結構あり

その上、私の部屋だったところなんかは
結婚して家を出てからも、そのまんまになっているため
大学の教科書はおろか
入試関係の参考書問題集
さらには高校時代の通学鞄までそのまんま置いてある(^_^;)

ゴミの分別、仕分けをしていると
授業中に友達と回していたお喋りのメモまで出て来て
ついうっかり読んでしまってなかなか進まない(^_^;)(^^;)^^;

高校生、大学生の頃は

特に明確な目標があるようなしっかりした若者ではなかったけど

なにかしらぼんやりとした気配

いつか手に入るに違いないと思っていた大きな未来が

いつの間にかその気配を感じることがなくなってしまっていることに気がつく

私はもったいなほど幸せな人生を過ごしてきたと
あらゆるものに感謝しているけれど

若さが持っていた華やいだ気配は
同じように存在していてはくれなくなるものなんだなぁ・・・・・


ライちゃん

ライちゃん

でもね、あの頃に戻りたいとは全然思っていなくて

今の幸せに感謝しつつ

夫や息子たちやお嫁さんたちやマゴたちが
元気で楽しく幸せであってくれるようにと
それが何よりの願い(^-^)

スポンサーサイト



web拍手 by FC2
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック