FC2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
ほっこりした日
2016年03月09日 (水) | 編集 |
従兄がご夫妻で母の面会に来てくれるというので
叔母も誘って4人で面会に行った

その従兄は年末に88歳で亡くなった叔母(父の妹)の長男で
実家のすぐ近くに住んでいたこともあって
親戚の中でも特に家族に近い親しい親戚だった

近くに住んでいても
ここのところ何年も会う機会がなかったので
(従兄は日中は仕事だったし 
 叔父さんや叔母さんも高齢でもう何年も介護が必要だったし)

認知症のある母に
数年ぶりの従兄のことが果たしてわかるかなぁと
実際会うまで不安だったけど

母は一目見て従兄のことがわかったようだった
その奥さんのことも

年に数回会いに来てくれている叔母のことももちろんわかったようで

母は時折笑顔を見せながら
従兄夫妻と叔母が話しかけると頷いたり
じっと見つめたり

母の状態は波があるので

日に寄っては反応がほとんどないこともよくあるし

言っていることが全然よくわからないけど
なんだかとても落ち着かなくて不機嫌なこともよくあるし

そんな調子の悪い日には

もう母には何も楽しみがないのかも
不快な思いで過ごしているのかも・・・と

どんよりした気持になるけれど

こうして懐かしい人に会って
嬉しそうな表情になったり
話しかけてもらって笑顔で頷いたりしているのをみると

まだまだ母にも嬉しいことも楽しい時間もあるのだと
こちらもホッとして嬉しくなる

会いに行ってくれた従兄夫妻と叔母に感謝感謝(^^)


帰りに高倉町珈琲店でお茶してきた
今年の秋で85歳になる叔母は
スマホも使いこなすお洒落な人だけれど
こんなお店は初めてと、とっても楽しそうにしてくれた(^^)

高倉町珈琲店

高倉町珈琲店

同じような単調な日常の中で
誰かが嬉しそうにしてくれるのをみるの何より嬉しいね
こういう日は、気持がほっこりするよね、ジョニー(^^)

ジョニー

ジョニー

スポンサーサイト



web拍手 by FC2
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック