fc2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
真冬の湯布院の旅⑪~再びゆふいんの森号~
2012年02月19日 (日) | 編集 |
スカーボロは一時間足らずだったので、
由布院駅へ戻ってきたのは14:00くらいだった。

帰りの“ゆふいんの森号”は15:50発なので
まだ少し時間がある。

で、再び湯の坪街道を歩いて
金鱗湖近くで見かけて、気になっていた“さつま揚げのお店”まで行った。

湯布院

さすが九州は本場だけあって
朝食で食べたさつま揚げが甘みがあって美味しかったので
このお店を見かけた時、興味シンシンだったので
戻れて嬉しい~(^O^)

で、ネギタコという串を夫と半分こして食べながら再び散策

湯布院

実は4本で1050円だったので他にも3本買い
 お持ち帰りしたのだった~)

のんびりお店をのぞきながら駅方向へ戻った

途中、朝は長蛇の列だった山荘無量塔のBーSPEAKというお店の前を通ったら
Pロールは完売しましたとの貼り紙があって
もうすっかり売り切れていた(@_@)

湯布院

しょうがない
ゆふいんの森号に乗ったら
またすぐにビュッフェに行って、並んで買おう
と、決意

30分ほど前に駅に着くと
もう待合室はほぼいっぱいになるほど人が待っていた。

由布院駅

1番線のホームには足湯がある(^^)

由布院駅

PーロールをGETするため
早々とホームに並んで待っていたが
始発なのに、特急なのに
発車のほんの数分前にならないと列車は入って来ない。

(金沢駅だと、始発の特急は15分は前にホームに入っていて、乗れる)

由布院駅 由布院駅

来るときは新しい車両のⅡ世号だった。
帰りはⅠ世号

ゆふいんの森号

展望ラウンジのある3号車を通ってビュッフェへ急ぐ

ゆふいんの森号

でも、博多から来たときと違って
帰りのビュッフェはあまり人が並ばなかった。

それは。。。。
朝積み込んだものが売り切れたら、もう補充はないことを
乗客のみなさんはご存知だったからなのね~

Pロールは売り切れで
もう午前中のウチに売り切れてしまったと言われた(/_;)

毎便、新たに積み込むのかと思っていたけど、甘かった。

こんなことなら、来るときのブッフェで
初心貫徹してPロールを食べておけば良かったなぁ・・・・
(↑食い意地はりすぎ ^^;)

でも、せっかく来るときのビュッフェで
次回使えるコーヒー100円券をもらったので
コーヒーと、まだ在庫のあったぽりんとうを購入

ゆふいんの森号

それから客室係のお姉さんが飴を配ってくれたのでいただく(^^)

ゆふいんの森号

乗車記念のプレート撮影も、帰りもまたまたばっちり撮ってもらった

ゆふいんの森号

帰りの便は、行きの便ほど細かくアナウンスが入ったりはしないので
ゆふいんの森号は、行きに乗るのがオススメ。
帰りは時間の都合によっては“ゆふ号”でもいいかも。


湯の坪街道では本当にいろんなものがあって
写真でUPした以外にも
箸置きやお菓子などを買ってしまった(^^;ゞ

買い占めた海ガラスの押しピンたち、可愛いでしょ~

ゆふいんの森号

ゆふいんの森号

ゆふいんの森号

さてさて、旅はもう終盤
博多に到着
スポンサーサイト



web拍手 by FC2

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック