fc2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
 いつかは・・・・・という夢
2012年02月08日 (水) | 編集 |
本当にありがたいことに
私はとても幸せで

生まれてから両親や祖父と暮らした日々も
結婚して夫と暮らしてきた日々も
3人の息子に恵まれて過ごしてきた日々も

そして、長男次男に願ってもないようないいお嬢さんが
お嫁さんになってくれることになって
溢れるようなしあわせを感じている今も



それは長い年月の間にはいろいろなことがあったけれど

愛する人たちを見送った
言葉にできない思いも知っているけれど


そんな誰もが避けられない悲しみは通ってきたけれど

それでも
私はとてもしあわせな人生を過ごさせてもらっている

だから、切実に
“どうしても~したい”というほどの大きな願いや夢は特になく

家族がみんな健康で平和に暮らせますようにと
ささやかに願っている。いつも



そんな崇高な精神的なレベルでなくて
目の前の脳天気な夢(欲望? ^^;)はたくさんある。


死ぬまでにはヨーロッパに行ってみたいな、とか
もう一度WDWに行って、ボードウォークに滞在して
ディズニークルーズラインにも乗船したい、とか
夫が以前仕事で行って、
めちゃめちゃ気に入っているニュージーランドにも二人で行きたい、とか
今度はミラコスタのバルコニールームに泊まりたい、とか
(遊ぶことばっかり (^^;))

そんな夢のひとつに

いつか笹倉鉄平の本物のシルクスクリーンを所蔵したい。
そして最初に買うなら絶対にイルミネーションという作品

というのがあった。

いつか~したい、死ぬまでには~してみたい
そんな夢は、渇望している夢じゃなくて
いつかは叶うかもと思いながら
もしかしたら、叶わないまま人生を終えるかもしれない

でも、そうだったとしても、それはそれでいい。

そんな長い目でのんびり見ている夢だった。


去年の誕生日に夫がプレゼントは何がいい?と訊いてくれたときに

私は十分幸せで、特に欲しいものもないから
何年か分のプレゼントをチャージしておいて
いつか笹倉鉄平の絵をプレゼントして欲しいかも
と答えていた。


本物のイルミネーションはアートテラスという
笹倉鉄平の公式の会社から購入するには定価の40万円するので
さすがにそれはちょっと手が出ないので

買い取りと販売をしている画廊で出物を探してみようと夫が言ってくれて
登録というか問い合わせをしておいたところ
何年か分のプレゼントとしてなら買えそうな価格のイルミネーションが
思いがけなく早く、見つかった(ノ゜ο゜)ノ



そして、今日、そのイルミネーションが我が家に届いた

笹倉鉄平・イルミネーション

やっぱり違う~~~
今まで飾っていたポスターやカレンダーとは全然違う
本物ってすごい (ノ´▽`)ノ

寒くて暗い場所から、木々の奥に見える幸せの象徴のような灯り
なんともいえない安堵と、満ちあふれるような幸福な気持ちになる

この絵が大好きだ

最初に笹倉鉄平を好きになったきっかけの“(軽井沢の)窓辺”

笹倉鉄平・窓辺

これはポスターだけれど
もう10年以上前に5000円で売っていたのを
それでもちょっと贅沢だと思いながら
ジャスコの2割引セールで買って、大切に飾っていたもの。

これが飾ってあった場所にイルミネーションを飾り
窓辺を別の壁に移動
(このポスターも思い入れがあるんだよね~)

笹倉鉄平

ああ・・・・・素敵だなぁ・・・・・



ちゃんとシリアルナンバーも入っているし
アートテラスのロゴが浮き上がるように入っている

笹倉鉄平

ガラスの上に
イルミネーション2004 Teppei Sasakura
って彫ってある

笹倉鉄平

どうしよう。。。。またひとつ夢が叶っちゃった。

夫に、心から感謝 (人´∀`).☆.。.:*・°



今日は午後から
auひかりに切り替える工事の方と
水漏れする老朽化したシャワーの取り替え工事の方が
いらっしゃることになっていて

午前中は掃除
午後は工事の立ち会い~と
淡々とした1日だと思っていたのに

午前中にお嫁さんから
次男に頼まれて持ってきてと言われたものがあるので
午後から行ってもいいですか~?ってメール(^o^)

急に華やかな日に早変わりε=ヾ(*~▽~)ノ

工事も予定より早く終わったので
一緒に大和のバーゲンにも出掛け
モロゾフでお茶までしてきちゃった~(*^_^*)♪♪♪

モロゾフカフェ

イチゴのワッフルセット~♪♪♪


こんないい日でいいのかな
こんなに楽しくていいことばかりでいいのかな

明日から、いろいろ頑張るぞ
真面目に誠実に日々を送るぞ


ありがとう・ありがとう・ありがとう


スポンサーサイト



web拍手 by FC2

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック