fc2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
アウラニに到着~♪
2011年11月19日 (土) | 編集 |
ホノルル空港に到着したのは定刻の40分ほど遅れた現地時間8:00AM頃だった。

アナハイムやフロリダだったら
パークまで行く手段のシャトルなど多少わかっているけれど
どうやらハワイの空港からはシャトルなどは出ていないようだった。

ワイキキですらそうなので
今年の8月末にオープンしたばかりのディズニーホテル
しかも、ホテルが非常に少ないコオリナ地区
どうやって行こうかなといろいろ調べてみたところ
予約すればホテルからリムジンが迎えに来てくれるということだったけれど
その価格がべらぼーに高い(^^;)

(ミッキーネットさんで手配してくれるプラン)

◆ホノルル空港~アウラニ・リゾート&スパ・コオリナ 片道料金
セダン(3名まで)片道 144ドル
リンカーン・ナビゲーター(4名まで)片道 154ドル
リムジン(8名まで)片道 220ドル
ミニバン(11名乗り)片道 320ドル+お一人につき5ドル手荷物取扱料
ミニバス(21名乗り)片道 390ドル+お一人につき5ドル手荷物取扱料

(ちなみにホテルとレセプションの手配は
 全部ミッキーネットさんにお世話になった(^o^)
 http://mickeynet.com/


で、ディズニーとは無関係のハワイ関係の掲示板からみつけた
通称ゆかちゃんタクシー
公式HPではHawaii23
http://www.hawaii23.com/

という、日本語でメールで予約できるタクシーをお願いしておいた
   ☆空港-ディズニー間は大人4名で$59(チップ別)

ドライバーのマークさんはちゃんと到着便の遅延情報をチェックして下さっていて
我が家が空港から出たら、タクシーの乗車場にちゃんと迎えにきてくれていた(^o^)

奥さんのゆかさんが日本人でいらっしゃるマークさんは
結構日本語がお上手で
複雑な説明は英語だけれど、ところどころ日本語を織り交ぜて
周りの景色や、先週のAPECのことなどお話して下さり
ホテルまでの道中も観光気分でとっても楽しませていただいた(*^_^*)

空港からコオリナ方向へ向かう道の左手がパールハーバーだそうだ。

パールハーバー

今日は曇っているけれど、明日はOK!と仰っていた。
結婚式の時、晴れていると嬉しいなぁ


そういうわけで、あっという間にホテルに到着

車から降りると、私にはデンファレで作られたレイ
夫や息子たちには、
プラスチックの小さな椰子の実みたいなもので作られたレイを
キャストさんがかけて下さり
エントランスの前の置かれた、こんなサーバーから
冷たいレモン水のウエルカムドリンクを手渡される(*^_^*)

アウラニ

これがデンファレのレイ
(椰子の実のレイは後日写真をUPします ^^;)

アウラニ

エントランスを入ってすぐに見えるのは
開け放たれたテラスと、
その向こうに広がるプールのあるガーデン
そしてその前にある海(*^_^*)

アウラニ

ロビーの左右にはアウラニのロゴのA型の廊下

アウラニ

コチラがフロント

アウラニ

ロビーにあるオブジェ

アウラニ

どの空間も広々としていてすごくゆったりした気分になる(^^)

アウラニ

テラスにある椅子に座ると、こんな風に見えるガーデンと海

アウラニ

ズームするとこんな感じ

アウラニ

テラスの椅子はものすごく座り心地がいい~(^O^)

アウラニ

アウラニ

コチラはテラスからロビー~エントランス方向

アウラニ

このテラスから、真下にマカヒキというキャラブレのレストランが見え
到着した時間はちょうどキャラブレ中で
イキナリミニーちゃんが見える(≧▽≦)

アウラニ

おおっ!グーフィーもいるじゃん!

アウラニ

ミッキーは各テーブルを回っているのではなく
この時はマカヒキの一角のフォトスポットで
並んでいるゲストと順番に写真を撮っていた(^^)

アウラニ

ちょうどゲストとゲストの合間に
テラスから見ている他のゲストにも挨拶してくれていた(^-^)

アウラニ

テーブル巡回中のミニーちゃんも
時々テラスから見ているゲストにも挨拶のサービス♪

アウラニ

手でハート型を作って見せてくれているミニーちゃん

アウラニ

到着早々テラスから見えるキャラたちに、
テンション上がりまくりだったγ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ

スポンサーサイト



web拍手 by FC2

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック