fc2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
アートな一日 アールヌーボー展@国立工芸館と美大の卒展 
2022年03月08日 (火) | 編集 |
日記は1週間前にさかのぼるんだけど
3月1日の話

本当は2月のはじめに
国立工芸館で行われているアールヌーボー展の
解説ツアーに参加して、そのまま展示を見てこようと
夫が計画して予約していてくれたのだけれど

まん延防止法が適応になった関係で
解説ツアーはZOOMによるオンライン解説になり
大雪の日に家の中で解説を見た

   その日の日記はコチラ
   http://anaheimmaingate.blog73.fc2.com/blog-entry-4378.html

その実、1か月も経ってしまうと
聞いたはずの解説は概ね忘却の彼方なんだけど(^▽^;)

雪もすっかり消えたことだし
実際の展示を見てこようということで、出掛けてきた

平日に行ったので、車はお隣の歴史博物館裏に悠々停めて

石川県立歴史博物館

国立工芸館へ

国立工芸館

国立工芸館

ほぼ忘れてしまったと思っていた解説は
実際の展示されている作品を見たら、多少は記憶に残っていて

オンラインでアップで見たものと同じものが
やはり実物の歴史の重みというか風格というか
時代を越えて残ってきた重厚さのような迫力が
実際目の前で本物を見ると、違うものだなぁと感心した

写真撮影してもいいという展示物が多いのがうれしいところ(^-^)

国立工芸館

ガレのガラスの器は繊細でとても美しかった

国立工芸館

国立工芸館

ドーム兄弟の作品

国立工芸館

当時ヨーロッパでデザインされた商業ポスター

国立工芸館

↓これは下剤のポスターなんだって (^▽^;)

国立工芸館

2階へ移動して

アールヌーボーの影響を受け
て日本で制作された作品なども多数展示されていて

↓こちらは三越の機関紙の表紙

国立工芸館

製薬会社のポスター

国立工芸館

コチラは板谷波山という方の花瓶
(アールヌーボー展ではない別室の展示だったような・・・?)

国立工芸館

なかなかに見ごたえのあるアールヌーボー展に満足して
車を置いたまま、徒歩で21世紀美術館へ移動して
美大の卒展も見てきた♪

美大の卒展

美大の卒展

美大の卒展

若い学生さんたちの絵画や彫刻も面白いんだけど
製品デザインとか環境デザインがすごくユニークなものも毎年多くて
見るのが楽しい(^-^)

↓これは学長賞を受賞されていた作品で
ルアーなんだけど、夫が感心して、触ることのできる見本を眺めていた

美大の卒展
美大の卒展

出口で、学生さんなのか観光客さんなのか
変わった着物姿のお嬢さんに遭遇

美大の卒展

今の着物って、なかなか斬新なのね~


アートな時間を堪能して
お腹もすいたので、近場で
久々に柿木畠のグリル中村屋で
https://tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17001001/

グリル中村屋

ハントンライスを食べた。
普通のハントンが売り切れで、海老フライハントン

グリル中村屋

これがね~素朴なんだけど、すごく美味しかった
かなり昔ながらの正統派ハントンだった(^-^)

オマケのジョニー

ジョニー
web拍手 by FC2
スポンサーサイト