fc2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
無題で
2022年01月27日 (木) | 編集 |
ようやくリアルタイム日記に追いついていたのに
1週間また遅れてしまった

というのも。。。。。

先日、高校の同期だった友人が亡くなられた。

特別親しくしてもらっていた人というわけではないけれど
それでも、いろいろ縁もあって

ここ数年は直接のやりとりは年賀状程度だったけど
その、年賀状は、我が家は昨年一昨年は喪中欠礼だったため
思い返せばまる3年は近況も知らずにいたので
友人が具合を悪くされていることを全く知らなかった

一番最近会った時のことを思い出して
自分のブログで振り返ってみたところ
それはもう5年前のことだった

二人のお嬢さんと一緒にクレープ屋さんでお会いして
友人の方から、声をかけてくれて
学生時代と全然変わらない、朗らかで穏やかな笑顔で
楽しそうに話をしてくれたこと
今も鮮やかにその日の友人を思い出す

その日の日記はコチラ
http://anaheimmaingate.blog73.fc2.com/blog-entry-3383.html

お通夜にお参りに伺って
棺の中の友人の眠る顔をみた時

あまりの衝撃に、体の中の芯みたいな部分が震える気がした


親族、。。。義母や母、義父や父、叔父さんや叔母さん
これまでたくさんの大切な人を見送ってきたけれど
長い年月を頑張って生きて、年齢による衰えや病と闘い
そして天寿を全うして力尽きて亡くなられた人の姿は

それまでの間にこちらにも徐々に覚悟のようなものが
だんだんと備わってきていたのだと思う


またどこか、同窓会や、あるいは道端でばったり会あったときには
まるで、昨日も会っていたかのように
「ジジちゃん!」と、呼んで笑ってくれそうな
学生時代とほとんど変わらないように見える友人の棺の中の姿

あの頃は、みんなが等しく未来を、可能性を持っていて
誰もが等しく幸せになると
疑うことなく思い込んで、ただ毎日笑っていた

彼女がこんなに早くに先に亡くなってしまうことなど
夢にも思っていなかった

これからまだまだ、いっぱいあるはずだった
お嬢さんたちの結婚とか、お孫さんの誕生とか
そんな宝物のような時間を
彼女は知ることなく亡くなってしまったのだ

そんなことをここ数日、何度も繰り返し思っていた。

今はただ、彼女の残されたご家族のお心が癒えることを
願うばかり

平均寿命が80歳だの85歳だのといっても
誰もがみなその年齢まで元気で過ごせるわけじゃない

健康で過ごせる奇跡のような幸せに
感謝して、大切に過ごさないといけないと
ありきたりだけど、改めて思うのだ


オマケのジョニー

ジョニー

ジョニー
web拍手 by FC2
スポンサーサイト