fc2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
珠洲国際芸術祭と和倉にできた快適リゾート 海舟 ③ 芸術祭鑑賞 外浦part2
2021年10月09日 (土) | 編集 |
作品には通し番号がふられていて
概ね見て回る順路と合うようになっているのだけれど
展示会場が屋外のものしか公開されていないため

途中道案内に建っている(あるいは貼ってある)
次なる作品の番号の
どれが現在も公開しているのか?それとも中止なのか?

それがよくわからない

今も公開されている作品の番号のみ書かれた地図と
作品全部のオフィシャルガイドブックと
何枚かの紙を照らし合わせながらいかないと
番号に向かって行っても、作品のある建物前になってようやく
只今公開休止中という札が貼られていて引き返すことになったりするので
そんなに広い町じゃないのに
思いのほか移動に時間がかかった

連作になっている
現役のバス停を使って作られている作品
(バス停なので、それぞれの場所は結構離れて点在している)

珠洲国際芸術祭

珠洲国際芸術祭

珠洲国際芸術祭

珠洲国際芸術祭

海岸に流れ着いたゴミで作られた作品

珠洲国際芸術祭

珠洲国際芸術祭

公式ガイドブックの説明と違っていて
イマイチわかりにくかった作品 ↓

珠洲国際芸術祭

小学校が廃校になって、別の用途に利用されている場所にある
クジラの化石発掘現場みたいな作品

珠洲国際芸術祭

珠洲国際芸術祭

内浦側に移動して(その間に狼煙でおぼろ豆腐GET)
材木の加工工場での作品

珠洲国際芸術祭

ここには、作品の解説をしてくださる係の方が常時いらっしゃるとのことで
海に向かって緩やかに下っている傾斜の場所に
ベンチ~机へと等間隔で並んでいる木の作品は
目線が水平線に向かって、ずっと同じ高さになるように
足を少しずつ高くして並べているのだそうで
説明を伺ってから眺めてみると、なるほどな~と感心する

珠洲国際芸術祭

珠洲国際芸術祭

珠洲国際芸術祭

ひときわ地図がわかりにくかったので、
迷いに迷ってたどり着いた作品

珠洲国際芸術祭

珠洲国際芸術祭

中心部に双眼鏡が設置されていて
廃線になった線路の名残と、
さらにメッセージが望遠鏡をのぞくとみえるようになっている
面白い趣向だった

珠洲国際芸術祭

まだまだ作品は見ていないものの方が多いくらいなんだけど
そろそろ日が傾き始めていて

今夜の宿泊先の和倉温泉までは2時間ほどかかるし

なんといっても、その和倉にできたばかりの
海舟という共立リゾートのホテルに泊まることが
芸術祭を見ることに負けず劣らずの目的なため
暗くなる前に着きたかったため

本日の芸術祭鑑賞はこれにて終了

元気があればまた明日ということで
和倉温泉に向かってゆくのだった

珠洲国際芸術祭

オマケのライちゃん

ライちゃん

ライちゃん
web拍手 by FC2
スポンサーサイト