FC2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
富良野・帯広 3泊4日 2019 ~3日目 ⑤ ふらのバーガー と 森の時計 ~
2019年11月25日 (月) | 編集 |
富田ファームで王道の富良野観光を最後に満喫した後

宿泊している新富良野プリンスホテルの中には
まだ見たいところもたくさんあるので
そろそろホテル方向へと向かうことに

その前に

北海道に来る前にガイドブックをパラパラと見ていた末っ子が
「これ、美味しそうだね!これ食べたい」
と、最初から言っていた『ふらのバーガー』に行くことにした

午後の遅めの時間になってから
富田メロンはうすで大量に美味しいおやつタイムをした我が家は
みんなお腹がいっぱいで
夕食はいらないかも状態になっていた(^▽^;)

なので
末っ子が最初から一番食べたいと言っていた富良野グルメの
ふらのバーガーをテイクアウトして
ホテルの部屋でのんびり食べようということになった

ガイドブックの写真でも
広大な自然の中に建っている風に写っていたけど
実際、周りは何もない、広々した風景の中に
ログハウス風のお洒落な店舗のふらのバーガーだった

http://www.furanoburger.com/

ふらのバーガー

ふらのバーガー

ふらのバーガー

ふらのバーガー

ふらのバーガー

店内は4:30頃という中途半端な時間にもかかわらず
結構な数のお客さんで賑わっていた

人のいないテーブルをササっと撮影(^▽^;)
店内の雰囲気はこんな感じ

ふらのバーガー

店内の窓からも
外のデッキからも
見えるのはこんな感じの何もない広い空き地というか
畑?草原?

きっと夏場は一面鮮やかなグリーンなんだと思う(^.^)

ふらのバーガー

ふらのバーガー

テイクアウトで注文したハンバーガーが出来上がったので
ホテルの方へ帰る

途中、9月末だというのに一面のひまわり畑に遭遇

ひまわり畑


ホテルの部屋に戻って
例によって温泉好きの末っ子はお風呂タイムを満喫に出掛け

私は『森の時計』に行くべく、夫を半ば強制的に付き合わせて
ホテルの森に出掛けた

ホテルのすぐ前に建っている『ドラマ館』
https://www.princehotels.co.jp/furano-area/winter/drama/

新富良野プリンスホテル

『昭和17年頃の「富良野駅」開業当時を再現した店舗では、
 脚本家・倉本聰氏が富良野を舞台としたテレビドラマ3作品
 「北の国から」、「優しい時間」、「風のガーデン」の
 オリジナル商品を主に販売しています。』

という建物で、
倉本聰氏から二宮くんに書かれた手紙なども展示されていて
結構興味深かった(^-^)

すでに暮れかかる森の中を歩いていくと
どんどん暗くなってきて
外灯もないし、これで方向が合っているか不安になる(^-^;

新富良野プリンスホテル

新富良野プリンスホテル

↓ これは、倉本聰さんプロデュースのイタリアンレストラン
ル ゴロワ フラノ
新富良野プリンスホテル

滞在中に一度は行ってみたかったけど
機会がなかった。残念

朝の散歩時に撮影した ル ゴロワ フラノ

新富良野プリンスホテル

森の時計の帰り道に撮影した 夜のル ゴロワ フラノ

新富良野プリンスホテル

ル ゴロワ フラノから森の時計までは
歩いて5分かそこらなんだけど
通る道がとにかく真っ暗で不安だった

どうにか到着

もうずいぶん前のドラマなんだけど
倉本聰さんの脚本で
寺尾聡と嵐の二宮くんと大竹しのぶさんと長澤まさみさんが
出演されていた『優しい時間』というドラマで
撮影に使われていたセットの喫茶店を
そのまま営業しているところで

そのドラマを結構熱心に見ていた私にとっては
『お~~~~っ!』ほんものだ~と結構嬉しかったりする(^^ゞ
https://www.fujitv.co.jp/b_hp/yasashii/

新富良野プリンスホテル

新富良野プリンスホテル

ドラマの中と同じく、カウンター席に座ると
自分でひとり分のコーヒー豆をミルで挽くようになっている

新富良野プリンスホテル

意味はないけど、スィーツも食べてしまう(^▽^;)

新富良野プリンスホテル

新富良野プリンスホテル

営業時間のかなりギリギリに滑り込んだけど
店内は結構いっぱいだった

帰り道で森の中からニングルテラスの灯りが見えた

新富良野プリンスホテル

ちなみに
同じくらいの位置から日中ニングルテラスを見上げると
こんな感じで見える

新富良野プリンスホテル

新富良野プリンスホテル

一旦部屋に戻って
夫も私も温泉に入りにゆき

すっかりくつろいでから部屋でふらのバーガーで夕食

新富良野プリンスホテル

新富良野プリンスホテル

新富良野プリンスホテル

さてさて
翌日はもう最終日

お昼前には富良野を出発して千歳に向かわなくてはならないので
午前中、ホテルの森の中にある
風のガーデン(こちらもドラマの舞台になったところ)散策が
最後の観光になるかな

新富良野プリンスホテルは
いろいろ見どころもあり、とても快適でのんびりできて良かった(*^_^*)

新富良野プリンスホテル
web拍手 by FC2
スポンサーサイト



富良野・帯広 3泊4日 2019 ~3日目 ④ とみたメロンハウス&ファーム富田 ~
2019年11月21日 (木) | 編集 |
次はどこに行くの?と末っ子に訊かれて

「ファーム富田だよ~」と言うと
「ファーム富田?何するとこ?」

夫が
「お花畑だよ」と答えるや否や
「お花畑?今も行ったじゃん」
気乗りしていない末っ子に

「メロンハウスっていうメロンのスィーツのお店が隣にあるから
 そこでお茶しようよ」と言葉巧みに誘うと

「メロン?いいね!」とかろうじて賛同する末っ子(^▽^;)

先にメロンハウスの駐車場に停めると
何やら同じ種類の車が集団でご来店中(^^;)

とみたメロンハウス

とみたメロンハウス

この車種の同好の士の方々のツーリング?

とみたメロンハウスは思ったより大きな施設で
たくさんのお客さんで賑わっていた

https://www.tomita-m.co.jp/

とみたメロンハウス

最初の建物はメロンの直売所で
そこにはカットメロンも販売していたが
先ずはそこを通り抜けて、スィーツのお店へ

とみたメロンハウス

とみたメロンハウス

それはもう、めくるめく素晴らしいスィーツの数々で
いったいどれを食べるのが正解なのか
ショーケースも前で末っ子と一緒にしたたか熟考を重ね
注文したのがコチラ↓

とみたメロンハウス

一番手前のシンプルなナボナ風のお菓子は
夫が一番小さめなのを選んだもので(^▽^;)

メロンパンにメロンアイスをサンドしたのが末っ子
タルト風のが私のチョイス

とみたメロンハウス

テラス席で3人で分け合って食べた(^-^)

とみたメロンハウス

とみたメロンハウス

メロンパンにメロンアイスを挟んだスィーツは
ものすごく大きいんだけど
めちゃめちゃ美味しくて
そっちにすれば良かった~~~~と地団駄を踏みそうだった(^^ゞ

あまりのメロンのおいしさに
カットメロンも追加購入する末っ子と私

とみたメロンハウス

夫が、まだ食べるの?!と驚愕していた

メロンはうすに車を停めたまま
ファーム富田への入り口から移動
https://www.farm-tomita.co.jp/

富田ファーム

富田ファーム

おお~~~やっぱりすごい (ノ´▽`)ノ

色とりどりのお花が、美しく並んで咲いている

富田ファーム

「お花畑はさっきも見たし」
「行ってらっしゃ~い」

夫と末っ子は入り口付近の椅子に座ってくつろぎモード

富田ファーム

「はあ?」ここにきて、お花を見ないとは。。。。

呆れつつ、ひとり速足で園内散策

前回来た時と、お花の畝のレイアウトは同じ感じかも(^-^)

富田ファーム

前回来た時にはまだなかった「展望テラス」ができていて
少し上から眺めることができるようになっていた

(展望テラスから、上からの写真)
富田ファーム

(同じ位置の、下からの写真)
富田ファーム

隣のエリアへ移動して~

富田ファーム

富田ファーム

富田ファーム

富田ファーム

富田ファーム

ちなみに、前回来た時の日記はこちら↓
http://anaheimmaingate.blog73.fc2.com/blog-entry-2292.html

本当によく手入れされていて、素晴らしい風景を見せてもらった(*^_^*)

web拍手 by FC2
富良野・帯広 3泊4日 2019 ~3日目 ③ 美瑛選果とフラワーランドかみふらの ~
2019年11月20日 (水) | 編集 |
ラーメンを食べ終わってお店を出ると
外は結構な激しい雨が降っていた (´_`。)

美瑛の駅近くの通りは
綺麗な街並みの、雰囲気ある通りだった

美瑛

美瑛

こう雨が降っていると観光どころではないので
美瑛選果 という
JAびえいが運営しているショールームへお買い物に行った
https://bieisenka.jp/store/

とってもお洒落な施設で
地元ブランドの食品(パンとかスィーツとかドレッシングとか)や
とれたて野菜などを販売していて
レストランもあった

美瑛選果

美瑛選果

美瑛選果

美瑛選果でうっかりいっぱい買い物をしているうちに
雨があがって、再び観光再開(^-^)

富良野

次なる目的地はフラワーランドかみふらの
https://flower-land.co.jp/

ここは前回の訪問時に全く寄っていなかったので
どんなところかな~♪とウキウキ

駐車場と道路を挟んで

お花畑のゾーンと
フラワーランドかみふらの

↓ 団体客用のお食事処
フラワーランドかみふらの

お花畑の方へ入園(^-^)

フラワーランドかみふらの

フラワーランドかみふらの

高台にあるので、とても見晴らしがよく
広大なお花畑には色とりどりのお花が綺麗に咲いていた

フラワーランドかみふらの

フラワーランドかみふらの

10分ほどでお花畑を回るトラクターバスに乗る(^-^)

すでにラベンダーのシーズンが終わっているので
空いていて、我が家の貸し切りだった

フラワーランドかみふらの

フラワーランドかみふらの

フラワーランドかみふらの

雨は上がっていたんだけど
窓についた水滴にデジカメの焦点が合ってしまって
写真で見たらイマイチ(^▽^;)

でも本当はとても綺麗な景色だった

フラワーランドかみふらの

フラワーランドかみふらの

フラワーランドかみふらの

フラワーランドかみふらの

別のお客さんがトラクターバスに乗っているのを
遠くから眺めると、それもまた素敵な風景(^O^)





フラワーランドかみふらの

フラワーランドかみふらの


静かで広大で、紅葉した木々も美しく
とてもいいところだった(^O^)



次の目的地は 富良野のシンボル? ファーム富田

web拍手 by FC2
富良野・帯広 3泊4日 2019 ~3日目 ② 6年ぶりの ぜるぶの丘 ~
2019年11月18日 (月) | 編集 |
富良野・美瑛は6年前にわりとゆっくり観光したので
なんとなく雰囲気や位置関係がわかっていた

一番旭川よりの美瑛の観光農場 ぜるぶの丘に先ずは向かい
そのあとは富良野方面に戻る感じでドライブすることにする

最初の目的地 ぜるぶの丘 に到着
http://biei.selfip.com/index.html

ぜるぶの丘

昨日とはうってかわって、お天気がイマイチ
今にも雨が降りそうな空模様なので
景色もちょっと暗くて残念

ここは6年前に来た時にカートだったかバギーだったかに乗って
広い園内を快適に見学できたので
今回も即バギー乗り場に向かった

バギーは2人までしか乗れないのでカートに乗車

6年前はカートだと、運転手さんが運転して案内して下さったけど
今回は自分で運転して
カートのコースとして表示されているコースを回るようになっていた

ぜるぶの丘

ぜるぶの丘

広々として気持ちのいい風景なんだけど
記憶の中の景色より、お花が少ない気がした

お天気が悪いせいかな?

ぜるぶの丘

ぜるぶの丘

ぜるぶの丘

ぜるぶの丘

ぜるぶの丘

ぜるぶの丘

ぜるぶの丘

お土産のショップの隣にカフェの看板があるのに
建物の中はどうみても物置になっているし

ちょっと以前より寂びれた感じがして、残念だったけど
カートに乗ってお花畑を回ることができるのは楽しいので
これからも頑張ってもらいたいな~ぜるぶの丘

ちなみに
6年前の日記はこちら
http://anaheimmaingate.blog73.fc2.com/blog-entry-2290.html

カートを降りたら12時を過ぎていてお腹が空いてきた

旅行に来る前から末っ子が
北海道ではラーメンを食べたい と言っていたので
美瑛 ラーメン おススメ 
で、検索して
地理的にも良い距離感だった
『八海』という美瑛駅の近くのお店に行った
https://tabelog.com/hokkaido/A0104/A010403/1030369/

なかなかに質実剛健なラーメン屋さんだった(^▽^;)

結構たくさんのお客さんで賑わっていた

ラーメン八海

八海辛味噌というラーメンを食べた

ラーメン八海

美味しかった(^O^)

web拍手 by FC2
富良野・帯広 3泊4日 2019 ~3日目 ① モーターパラグライダーで富良野の空を飛ぶ ~
2019年11月16日 (土) | 編集 |
3日目の朝

朝食ブッフェの会場は2か所あって
昨日は地下の窓のない広いバンケットホールだったので
本日は3階の会場に行ってみた

新富良野プリンスホテル

やっぱり朝は窓が広く明るい会場がいいな~(^-^)

新富良野プリンスホテル

料理の種類などはどちらの会場もほぼ同じような感じだった

本日の私の食べた朝食はこんな感じ

新富良野プリンスホテル

お料理の種類は十分にあるのだけれど
6月末から『糖質制限ダイエット』をゆるく実行中の我が家なので
いつものブッフェほどには欲張って食べないようにしている(^▽^;)

夫と末っ子は本日もイクラ丼にして食べていた

新富良野プリンスホテル

昨日ライブキッチンで、フレンチトーストが美味しかったので
今日も食後にコーヒーと共に食べる気満々だったのに
今日のライブキッチンは違うものを作っていた
(何だったか忘ちゃった。食べなかったし)

スタッフの方に訊いてみたら
地下と3階の会場で違うのではなく
一日おきで変わるそうで
明日はフレンチトーストありますよとのことだった

良かった♪

部屋に戻って身支度をして
今日の観光にお出掛け

廊下の途中にあった自販機コーナーと休憩スペース

新富良野プリンスホテル

新富良野プリンスホテル

本日はまず、9時予約のモーターパラグライダーに行った
http://www1.odn.ne.jp/~syadan-hk/mpg/

モーターパラグライダー

車が停まっていて
事務所?の扉も開いているけど
どなたもいらっしゃらない

8:00からの先客が飛行中のようだったので
上空を眺めながら待っていた

モーターパラグライダー

モーターパラグライダー

モーターパラグライダー

カンパーナ六花亭と
その下に広がるワインのぶどう畑の麓が
MPGそらちのキーステーションになっていて
とても気持ちがいい風景の真ん中だった(^-^)

モーターパラグライダー

コンテナハウスの横に広い草原というか空き地があって
フライトしていた先客の方が次第に降りていらっしゃった

モーターパラグライダー

モーターパラグライダー

モーターパラグライダー

どうやら最後は転ぶように降りるのね(^▽^;)

モーターパラグライダー

コンテナハウスのような事務所の中で
注意事項や手順などのDVDをしばらく見て
誓約書のようなものにサインして

防寒用のジャケットとシューズを貸していただいて装備

上空と地上とで会話ができる機器なども装着してもらって~
モーターパラグライダー

風の状態待ち中の末っ子とインストラクターさん

モーターパラグライダー

本日はあまり風がなくてキビシイということで
一旦浮きかけて、テイクオフに失敗して
サイドチャレンジしてなんとかテイクオフ

モーターパラグライダー

見上げると、結構高くまで飛んでいた

でもちゃんと無線機で会話ができるからすごい~

モーターパラグライダー

私の番になって
一度で飛び上がることができるのかどうか
すごく不安だったけど無事1回目でテイクオフできた

モーターパラグライダー

いやぁ~~~爽快(^O^)

カンパーナ六花亭を上空から見下ろし
こんな角度から見られることはちょっとない風景に感激

モーターパラグライダー

その六花亭もぐんぐん離れていく

モーターパラグライダー

美瑛の代名詞『大地のパッチワーク』(^-^)

モーターパラグライダー

MPGそらちの事務所のコンテナハウスの真上

モーターパラグライダー

360度の絶景だけど
展望タワーとか飛行機からでもこういう全景は見えるよね
(こんなに風を感じることはないけど)

モーターパラグライダー

こういう真上から見下ろす感じがとても新鮮で感動なんだよね~

モーターパラグライダー

風の状態がいい日には高度400メートルまで上がるそうだけど
本日は高度300メートルが最高地点

モーターパラグライダー

モーターパラグライダー

絶対に嫌だと言って最後まで拒否した夫も一緒に
最後に記念撮影

モーターパラグライダー

末っ子と一緒のでなかったら
こんな体験は一生できなかったかも

とっても貴重なモーターパラグライダーのタンデムフライト体験だった(*^_^*)

富良野の空を飛んだよ~~~
(ノ´▽`)ノ


すぐ上にあるので
カンパーナ六花亭とふらのワイン工房をぐるっと回って
さて、美瑛に向かって観光に出発

カンパーナ六花亭

ふらのワイン

ふらのワイン
web拍手 by FC2
富良野・帯広 3泊4日 2019 ~2日目 ⑥ 夕食は地元居酒屋 旬菜工房 魚魯魚魯  ~
2019年11月16日 (土) | 編集 |
六花亭本店のカフェで
ラストオーダーの時間ギリギリに入店したので(17:30)
帯広を出たのは18:00を過ぎていて

片道2時間ほどかかる富良野に戻ったのは当然20:00過ぎくらい

夕食はホテルに戻る前に
帯広市内で、地元の居酒屋さんのようなお店で食べようということになった

ホテルの敷地内の森に中には
倉本聰さんがプロデュースされたという
ル・ゴロノワ・フラノという完全予約制の素敵イタリアンがあって
北海道に着く前に予約しようか迷ったんだけど

末っ子が
高い美味しいイタリアンとかフレンチとかは
旅先じゃなくてもどこででも食べられるから
北海道らしいものを食べようよ
と言い

なるほどそれも一理あると思ったので

ネットで富良野のおススメ居酒屋を検索して
旬菜工房 魚魯魚魯  というお店に行った
https://tabelog.com/hokkaido/A0104/A010403/1034729/

旬菜工房 魚魯魚魯

土曜日の夜とあって、店内ほぼ満席状態だったけど
運よくテーブルにつくことができた

夕方六花亭で結構なボリュームのお菓子を食べてきたので
それほどお腹はすいていなかったんだけど

ちょっとずつ単品料理を注文して
分け合って食べたら、ちょうどいい感じだった

人気ランキングに出ているだけあって
お料理も美味しかったし、
お店の方もとても感じが良かった(^-^)

お通しは
ベビーホタテが入ったゴマ風味のサラダ仕立て
旬菜工房 魚魯魚魯

サラダ(なかなかなボリュームだった)
旬菜工房 魚魯魚魯

エイヒレ
旬菜工房 魚魯魚魯

コレ、何だったかな~?あん肝?
旬菜工房 魚魯魚魯

お刺身の盛り合わせ
旬菜工房 魚魯魚魯

自家製炙りチャーシュー
旬菜工房 魚魯魚魯

串焼き盛り合わせ
旬菜工房 魚魯魚魯

ツクネ
旬菜工房 魚魯魚魯

美味しかった(*^_^*)

ホテルに戻って
滞在中何度でも入ることができる温泉大浴場に
ゆっくり入って 

朝も熱気球で早かったし
明日も朝からモーターパラグライダー体験に行くので
早めに就寝~(^^ゞ

猫シッターさんから
本日も3にゃんが元気でしたと写真が届いていた

トラちゃん

ライちゃん

ジョニー

web拍手 by FC2
 富良野・帯広 3泊4日 2019 ~2日目 ⑤ 幸福駅と六花亭本店 ~
2019年11月14日 (木) | 編集 |
郊外にある六花の森から
帯広の中心部市街地にある六花亭本店までは
小一時間ほど距離がある

その途中で思いがけない看板を見つけて
おお~~~っ!! (ノ´▽`)ノ と
寄ったのがココ ↓

幸福駅

帯広市幸福町にある旧・国鉄・広尾線沿線内の駅で
今はもう広尾線は廃線になっているのだけれど

かつて現役の駅舎だったころ
愛国という駅からこの幸福駅までの切符が
一大ブームになって以来
たくさんの人が観光にくるようになって

〈廃線後も観光地として存続することになり、
 人々に幸せを実感していただく『観光ポイント』として
 生まれ変わりました。〉
(公式HPより)

ということで、公園になっている幸福駅
https://www.koufuku-eki.com/

ブームだったのはもうずいぶん昔の話で
私がまだ10代の頃だったんじゃないかな~

幸福駅だなんて
そんな素敵な名前の駅が実際にあるんだな~と
遠く北海道の地に思いをはせていたこともあったのに

すでに電車は廃線になり
もうその存在も忘れてしまっていたのに

こんな風に、偶然に
旅の途中で出会うことがあるなんて

人生には
こんな風な小さな奇跡に
遭遇することがあるから面白い(*^_^*)

それに、意外なほど観光客さんはそれなりにたくさんいらしていた

こういう縁起のようなことに元気をもらったり
背中を押されたりする人っていっぱいいらっしゃるんだな~

せっかくなので
国家試験の結果待ちの末っ子と
駅舎をバックに記念撮影

幸福駅

幸福駅

売店では今も
愛国駅から幸福駅の乗車券を
当時と同じ値段(220円)で販売していて

日付を希望の日にちで押印してくれる
(キーホルダー料金は別途)

幸福駅

せっかくなので
我が家分・長男家分・次男家分の
それぞれ結婚記念日の日付入りと
末っ子の誕生日の日付入り
そして今日の日付(9月28日)で5個購入(^-^)

(写真は公式HPより)
幸福駅


幸福駅

現役当時の列車の車体の中にも観光客さんが乗ってみていた

なんだかこの偶然に、幸せな気持ちになりつつ

帯広市内に向かって出発


六花亭本店は帯広が本店の
誰もが知っている北海道を代表するお菓子屋さん

札幌に住んでいたころ
今みたいに、まだロイズもルタオもなかった頃から
六花亭は地元の人に愛されているお菓子屋さんで

お歳暮やお中元のシーズンには
金沢で言うところの森八や小出のように
札幌の人たちはデパ地下で並んでギフトを発送してもらっていた

今では〈六花亭札幌本店〉なる不思議な店もあるけど
本当の本店は帯広にあって
当時、本店にも心弾ませて行ったことが一度だけある

忘れもしない
買ったのは、モカ味のホワイトチョコでできた兜だった(*^_^*)
生まれたばかりの長男のお節句に飾った

当時の店舗とはもう全然違った店構えだったので
(場所も違うのかもしれないけど、それはもう全然わからない)
地図を頼りにどうにか到着

六花亭本店

六花亭本店

もうラストオーダーに近い時間だったのに
2階のカフェはほとんどの席が埋まっていたので
店内の写真は
我が家が座っていたテーブルを最後に撮ったものだけなんだけど(^▽^;)

六花亭本店

六花の森のカフェでお茶するのをグッと我慢したのは
帯広本店でしか食べられないというコレ↓

六花亭本店

マルセイアイスサンドを食べたかったから

最初メニューをくまなく眺めても
マルセイアイスサンドがないので、焦って
店員さんに訊いたら

1階の売店で販売していて
カフェでも召し上がっていただけます とのことだった
よかった~~~


下の売店ではこんな感じで↓

六花亭本店

本店限定のお菓子を販売していた

他にも本店限定の↓これも

六花亭本店

さらに季節限定の栗のコレ↓
六花亭本店

ひとりで3つも注文するという暴挙に出て(^▽^;)

夫と末っ子の驚愕されたのだった

ちなみに夫と末っ子は
コーヒーと栗のお菓子を食べていた

六花亭本店

六花亭本店


帯広ドライブも満喫したので
富良野へと戻ることにする

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

この日記は9月28日の話なんだけど
これを書いている今現在はもう11月もそろそろ中旬

実は末っ子の国家試験
合格率5~6%という難関だったんだけど
無事末っ子の頑張りが実って見事合格することができた \(^O^)/

幸福駅に偶然遭遇したご利益も
もしかしたら  あるのかもしれない (*^_^*)
web拍手 by FC2
 富良野・帯広 3泊4日 2019 ~2日目 ④ 六花の森 ~
2019年11月13日 (水) | 編集 |
ナイタイ高原牧場のある上士幌町から2時間弱

十勝ガーデン街道と言われるくらい
〇〇ガーデンという
それぞれがテーマ性のある手入れされたお庭が
あちらこちらに点在していりる富良野~帯広の廻廊

そんなガーデンの中のひとつである『六花の森』に入園してみた
http://www.rokkatei.co.jp/facilities/index2.html

六花の森

どちらかというと
良く言うと 自然の姿を大事にしているというか
あまり手入れに力を注いでいないというか(^▽^;)

六花の森

六花の森

森の中にログハウスの美術館が点在しているというか。。

六花の森

六花の森

村上春樹のエッセイなどの挿絵を
描かれている 『安西水丸』さんの美術館 ↓

六花の森

六花の森

六花の森

六花の森

ナチュラルな雰囲気がこれはこれでステキなので
気持ちよく園内を散策

六花の森

六花の森

六花の森

なんだかヨーロッパの田舎みたいじゃない?
行ったことないけど(^^ゞ

六花の森

六花の森

六花亭の包装紙が内装になっているログハウス

六花の森

六花の森

六花の森

昼下がりのガーデン散策を堪能(*^_^*)

最後に大きな売店&カフェがあり

DSC08748blog5.jpg

六花亭のお菓子でお茶したいところだけど

このあと帯広市内で
六花亭本店のカフェに行こうという野望があるので

ここはグッと我慢をして
お菓子だけ少し購入
(本店でもまた買うに決まっているから少な目で)

六花の森


散策中に
猫シッターさんから
3にゃんともげんきですよ~と
写真がラインで届いた(*^_^*)

トラちゃん

ライちゃん

ジョニー

さて!では帯広の六花亭本店へ向かうぞ!
web拍手 by FC2
富良野・帯広 3泊4日 2019 ~2日目 ③ 日本一広いナイタイ高原牧場 ~
2019年11月12日 (火) | 編集 |
富良野から帯広までは車だと2時間くらい

大変な好天に恵まれ
鮮やかな一面の緑の中を快適にドライブ(^O^)

アップダウンはあるものの、道は遥かに真っすぐで
北海道にいるぞ~という気分が盛り上がる

富良野~帯広

富良野~帯広

「あ!牛!!」
カメラの電源を入れるのが間に合わなくて
車窓からの一瞬のイマイチ写真(^▽^;)

富良野~帯広

遠くにサイロが見えるから、そこも牧場

富良野~帯広

白樺林を通ったら

富良野~帯広

また別の牧場に牛(^-^)

富良野~帯広

朝ドラの「なつぞら」の舞台になっていた帯広
本当に酪農王国だ~

帯広最初の目的地はナイタイ高原牧場
日本一広い、総面積約1,700ha(東京ドーム358個分)の公共牧場だって
https://kamishihoro.info/sg_detail.php?id=13

ナイタイ高原牧場

広いのなんのって。。。。
この道ももうナイタイ高原牧場の中

ナイタイ高原牧場

なだらかな丘がまるごと全部牧場

DSC08701blog15.jpg

遠く霞んで町が見える

ナイタイ高原牧場

今年の6月にOPENしたばかりの
ナイタイ高原テラスがてっぺんにあり
早速そこに向かった
https://karch.jp/naitai.php

ナイタイ高原牧場

テラスの広いガラス窓からはこんな景色

ナイタイ高原牧場

帯広市内でお昼を食べようと思っていたのだけれど
このテラスのメニューがとても美味しそうだったので
急遽ここでランチにすることに予定変更

私は「畑のプレート」1350円
ナイタイ高原牧場

夫は上士幌プレート1550円 十勝ナイタイ和牛のローストビーフだ
ナイタイ高原牧場

末っ子はハンバーガーセット1350円
ナイタイ高原牧場

とっても美味しいランチで大満足(*^_^*)

さらに、最後に
よつ葉のソフトクリームも食べちゃう
牧場だもの、これを食べなくてどうする!

ナイタイ高原牧場

ナイタイ高原牧場

どこを見ても、360度素晴らしい景色で
本当に心が深呼吸できたようなすがすがしさ

ナイタイ高原牧場

ナイタイ高原牧場

ナイタイ高原牧場

ナイタイ高原牧場

こんな環境で育った牛の牛乳だもの
美味しいに決まっているよね~(*^_^*)

ナイタイ高原牧場

名残惜しいけど
次なる目的地へと向かうのだった
web拍手 by FC2
富良野・帯広 3泊4日 2019 ~2日目 ② ホテルのお庭でセグウェイ ~
2019年11月11日 (月) | 編集 |
朝食の後は、
今度はまたホテルの敷地内でやっているアクティビティ
セグウェイに乗りに行く

セグウェイはネットから前もって9:00に予約しておいた

↓の表示板は夫が早朝散歩で撮ってきてくれて写真

新富良野プリンスホテル

朝の熱気球の場所と方向は同じようなところでやっていた

途中こんなログハウスがあったけど
これはまた別のアクティビティの受付場所だったみたい

新富良野プリンスホテル

セグウェイの受付は簡単なコンテナハウスみたいな建物で
新富良野プリンスホテル


中で誓約書のようなもを書いて
ヘルメットを渡されて
すぐにインストラクターの講習というか
操作説明を受けながら『やってみる』

夫と私は
最初はハウステンボス
それから1年前にセグウェイジャパンの公式ツアーで
函館大沼で
その3か月後に宮古島のシギラリゾートで体験したので
今回で4回目

末っ子は今回が初めてだけど
家には簡易電動バランスボードがあるし
なにしろ若いから身軽で、すぐに習得

そんなわけでかどうか
今までやったどこのセグウェイより
講習は一番簡単というかユルかった(^▽^;)

東南アジア系の外国人のインストラクターさんで
日本語が少々カタコトだったけど
特にわかりにくいということもなかった

新富良野プリンスホテル

景色のいい場所やお花が咲いている場所など
何か所かのポイントで写真を撮ってくださった(^-^)

新富良野プリンスホテル

新富良野プリンスホテル

新富良野プリンスホテル

新富良野プリンスホテル

新富良野プリンスホテル

新富良野プリンスホテル

広々と気持ちのいいコースを回って
1時間はあっという間だった(*^_^*)

セグウェイを満喫したのでホテルに戻る

↓ホテルのベーカリーショップ
新富良野プリンスホテル

昨夜は着いたらもう暗かったので
今朝見たら部屋からの眺めはスキー場ビューだった

新富良野プリンスホテル

再び出掛けるために
ロビーラウンジに降りると

新富良野プリンスホテル

外に何やらパティオのような休憩スペースがあり

新富良野プリンスホテル

ハロウィンのカボチャが並んでいた(^-^)

新富良野プリンスホテル

新富良野プリンスホテル

さて、本日はこれから帯広までドライブ(^O^)

web拍手 by FC2