fc2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
9月が春のシドニー旅行 3日目 ⑥~ダーリングハーバーSORENZOで夕食♪~
2017年09月23日 (土) | 編集 |
ダーリングハーバーのバス停を降りてすぐの
ハーバー側に大きな観覧車のある
ハーバーサイド ショッピングセンターというビルに入る

シドニー

中のエスカレーター近くには
こんな遊具もあるようなかなり大きなショッピングモール

シドニー

1階にすっごく広いフードコートがあり
いろんな種類の食べ物のカウンターサービスがあって
たくさんのお客さんで賑わっていたけど

ぐるっと見回して夫が
「ここはお酒が飲めるところがない。
 レストランの方へ行ってみよう」と他の階へ行こうとする

「待って!」
私は慌てて夫を呼び止める

こんなお店を見つけちゃったんだよね~(^O^)

シドニー

カットフルーツやマカロン
フルーツのチョコレートコーティングがいっぱい並ぶ
スィーツのお店

シドニー

シドニー

シドニー

これを見逃すことはできない!!!

迷いに迷って3個厳選して購入(*^^*)
箱じゃなくてこんなケースに入れてくれる

シドニー

ホテルに帰るまで持ち歩いたので、若干形が崩れちゃったけど
買ったのはこの3個

シドニー

翌朝食べたんだけど
これがもう目くるめく美味しさ(>_<)

今まで似たようなお菓子をいろんなところで食べたことあるけど
コーティングしているチョコレートがめちゃめちゃ美味しい!!!
こんな美味しいチョコいちごは初めて!!

お値段見えにくいけど、一個4ドル 4個だと15ドル
(オーストラリアドルは1ドルが80円~90円くらい)

スィーツをGETしたので、2階のレストラン街へ

で、偶然入ったのがSORENZOという和風ダイニング

シドニー

満席で待っている人が一組いて
お店の方に数分待つように言われて
しばらくは入り口にある椅子で待ってから間もなく座ることができた

窓一面に広がる
ダーリングハーバーの美しい夜景(^-^)

シドニー

夫は先ずはビールで(そのあと何か他にも追加してたけど忘れた)

シドニー

私が飲んだ生のオレンジジュース、すごく美味しかった

シドニー

写真じゃ量がわかりにくいけど
かなりたっぷりあったサーモンと野菜のサラダ
ドレッシングは上品でとてもいい味付けだった

シドニー

お寿司の9カン盛り

シドニー

アップにするとこんな感じ
シドニー

シドニー

串焼きのビーフ

シドニー

焼き鳥

シドニー

どれもとっても美味しくて
しかも大きいから量的にも満足

飲み物込みで全部で6000円くらいだった

偶然入ったお店だったけど、大正解だったね~と
食事を終えて
このビルのまん前にあった観覧車に乗った

ゴンドラの形が円柱なのが珍しい(^-^;
結構な人気で、10ぷんくらい並んだかな~

シドニー

きらびやかなハーバーの灯りが360℃見えて楽しかった

シドニー

さっきまで食べていたSORENZOも(^.^)

シドニー

賑やかなバーバーを散策しつつ
ホテルへ帰る電車に乗るため、タウンホールの駅へと歩いた

シドニー

現地ツアーのガイドさんが
世界三大夜景(香港・函館・ナポリ)五大美港というのがあって
シドニーはその5大美港のひとつだと何度も仰っていた
(説はいろいろあるらしけど、香港・長崎・シドニー・モナコ・ナポリなど)

香港の夜景はカラフルで
函館とか夜景は主に高いところから見下ろすのだけれど
シドニーの夜景は白とブルーに統一されていて

海側から山の方を見上げても美しく
さらに水面に映った灯りも含めて美しくという風に
ライトアップされているのが特徴なのだそうだ

シドニー

シドニー

シドニー

タウンホールの駅からサーキュラーキーまで
シティレールに2駅乗車

この椅子の背もたれ、簡単に反対向きに変えられるのを
やっているひとがいて知った(^-^;

シドニー

もりだくさんな一日だった♪

明日はコアラを見に、先ずは動物園へ行くぞ(^.^)

web拍手 by FC2
スポンサーサイト




9月が春のシドニー旅行 3日目 ⑤~ロックス散策&再びシドニーエクスプローラー~
2017年09月23日 (土) | 編集 |
ブルーマウンテンズ観光&花の街ルーラの現地ツアーから
シドニー市内へ戻って来たのは16:00頃だった

(ブルーマウンテンズから
 もっと早めに帰って来るプランもいろいろある (^^))

行くときはホテルまでお迎えに来てくれたのだけれど
帰りは市内の3カ所の降車ポイントから
各自の降りたい場所を選んで降りることになっていて


昨日購入したボンダイエクスプローラーの
48時間チケットの有効期限がまだあるので

パディントンというお洒落な町の教会で
土曜日だけ行われているというマーケットへ行こうと
当初は思っていたのだけれど
マーケットは終わるのが早くて16時にはもう終わるとのこと

じゃぁこれからどうしようかと夫協議の結果
ロックス地区にあるDFSギャラリアで降りて
ロックス散策しようということになった

ロックスというのは
   オーストラリア開拓の最初の土地でもあり、
   現在でも古い建物や昔ながらの階段や細い道などの街並みが残っており、
   開拓時代の面影を感じられる街
だそうだ(^-^)

細い路地を選んで歩き

シドニー

なんとも趣のある街並みを散策♪

シドニー

ところどころ、オープンエアのカフェがあり
人々が思い思いにお茶を楽しんでいた

シドニー

迷路みたいに細い小路がたくさん(^.^)

シドニー

ロックスでも、週末恒例のマーケットを開催していて
こちらは17時とか18時までやっているので
テントのお店が並ぶ通りは賑やかだった

シドニー

シドニー

この通りの坂の上に見えるトンネルは
アーガイルカットと言う名前で
    昔、オーストラリアに連れてこられた囚人が、
    ノミとハンマーで一生懸命掘ったトンネル
なのだそうだ

シドニー

シドニー

手で堀った感じがしっかり残っている壁面がすごい

シドニー

ちょいちょい現れるオープンエアのカフェ

シドニー

クラシカルなポスト
投函口が縦長なのは、
その昔馬車に乗ったまま(ドライブスルーみたいに)
手紙を入れるのに入れやすかったからだそう

シドニー

マーケットは、食料品、衣料品、手作りクラフト系、絵画
ジャンルは何でもありで、たくさんの観光客で賑わっていた

シドニー

シドニー

シドニーエクスプローラーのサーキュラーキー乗り場に出てきたので

シドニー

ここからオープントップの2階に乗って
昨日通らなかったルートも観光することに(#^^#)

シドニー

このバスは昨日もそうだけど、本当に楽しかった(^O^)

海軍の船(だったかな?)あり

シドニー

クラシカルな建物の街並みあり

シドニー

シドニー

オペラハウスとハーバーブリッジのロータリーも通り

シドニー

シドニー

今となっては、これが何の建物だったか全然記憶にないけど(^-^;
バスに乗っている時はイヤホンで日本語の解説を聞きながら
興味シンシンで景色を眺めた

シドニー

シドニー

シドニー

空は次第に夕焼けになり

シドニー

やがて夕暮れがやってきた

シドニー

シドニーの一番賑やかな観光地ダーリングハーバーでバスを降り

シドニー

さて、今夜はここで夕食を食べるよ~(^O^)

シドニー

web拍手 by FC2

9月が春のシドニー旅行 3日目 ④~現地ツアー 最後は花の街ルーラ散策~
2017年09月23日 (土) | 編集 |
現地ツアー、最後の目的地は「花の街ルーラ」

10月にはフラワーフェスティバルが行われるという
小さな可愛い街。。。。らしい(^-^)

その前に、書き忘れた上に写真もないけど
ゴードンフォールズの滝ってところへも行ったんだけど
滝といっても、まぁ山の岩の合間から、
ちょっとお水が流れている・・・・かなぁ?って感じのところだった(^-^;

ルーラにもしばらくで到着(10分とか15分くらいだったかな)

似たようなコースの現地ツアーがある中で
このコースを選んだのは
他社のではルーラの散策時間が20分程度しかなかったけど
このコースは50分散策時間が取ってあったからで
私はこの街の散策を楽しみにしていた

そして、思っていた通り、こじんまりした可愛い街だった

シドニー

シドニー

まだ少し花盛りには早すぎだったけど
つぼみが膨らみ始めた並木が
ここは春なんだと感じさせてくれた

シドニー

シドニー

すでにお花がいっぱいの木もところどころあった

シドニー

シドニー

建物の壁に、こんな絵が描かれているところもあったりして

シドニー

雑貨屋さんや洋品店、カフェ、レストランなどが
中心部の通りや、小径に点在していて
見て回るのが楽しそうだったけど
少し疲れてきたので
景色を眺めながらコーヒーでも飲もうということで
このカフェの外の席に座った

シドニー

アイスカフェラテを注文

シドニー

郵便局

シドニー

ガーデン用品のお店

シドニー

のんびり、優雅な昼下がりを
春の花咲く街で楽しんだ (*^^*)
web拍手 by FC2

9月が春のシドニー旅行 3日目 ③~現地ツアーのランチはフェアモントホテル~
2017年09月23日 (土) | 編集 |
エコーポイントでゆったりコースとトレッキングコースの参加者が合流して
再びバスにしばらく乗車し(10分とか、ほんのしばらくだった)
昼食を食べるフェアモントホテルのレストランに到着

フェアモントホテルは
ブルー・マウンテンズの中心部、ジャミソン渓谷の端にあり
山あいのとても素敵なリゾートホテルだった
https://www.booking.com/hotel/au/mgallery-fairmont-resort.ja.html

シドニー

シドニー

シドニー

あらかじめバスの中で
メインはフィッシュ&チップス か ランプ肉のソテー
デザートはチーズケーキ か フルーツ
どちらにするかを用紙に記入して提出していたので
席に着くと間もなく希望のお皿が運ばれてきた

私はフィッシュ&チップス
シドニー

夫はランプ肉のソテー
シドニー

見た目は平凡な料理だけど
付け合わせのポテトはサックリふわふわで甘みがあり
お野菜サラダは新鮮でドレッシングも上品な味
フィッシュフライもランプ肉もとても美味しく(*^^*)

そして大変にボリュームがあった(^-^;

夫はチーズケーキ
シドニー

私はフルーツ
シドニー

どちらも
添えられているアイスクリームも含めてやっぱりとても美味しい

ツアーの団体客なので、
広々としたレストランの一角に長テーブルで
ぎゅうぎゅうに相席だったことを除けば
(広々した窓側のテーブルには一組もお客さんがいなかったのに (^-^; )
『ツアーのランチ』だと思って期待してなかった予想に反して
なかなかに満足だった(*^^*)

食後少し散策する時間があったので歩いてみた

中庭のようなところにお子さんの遊び場があった

シドニー

小さなメリーゴーランドと
シドニー

ミニ列車
シドニー

レンタルのオフロード用セグウェイ
シドニー

プールも
シドニー

こんな優雅な場所でランチできるとは思わなかった(*^^*)
web拍手 by FC2

9月が春のシドニー旅行 3日目 ②~現地ツアーでブルーマウンテンズ観光~
2017年09月23日 (土) | 編集 |
昔と違って、今は航空券やホテルを個人手配して旅行に来ても
現地ツアーという一日観光に参加することができるので便利(^-^)

シドニーはコンパクトな町で
公共交通機関が便利に整備されているので
観光したい場所はほとんどどこでも
自力で電車やフェリーやライトレールを使って
SuicaみたいなOpalカードで簡単に行くことができるんだけど

ちょっと郊外へ遠出するなら
多少割高になっても、現地ツアーで参加した方が
気楽に楽しめるし
なんといっても日本語であれこれ解説してもらえるのがいいよね♪
ということで、

世界遺産ブルーマウンテンズの日本語一日観光に
ネットで申し込みをしておいた。

JTBやHISなど大手旅行社のどこでも受付しているけど
実際催行しているのは現地のツアー会社で
どの会社から申し込んでも結局同じツアーという場合が多い(^-^;

今回もHISから申し込みして
AUSTRALIAN TOURLINKという会社のツアーだった

例によって、お迎えのバスに乗り込んだあと
数か所のホテルへ他の参加者の方を迎えに行ってから
本格的にスタート

ホテルの横の道を真っすぐ海に向かって進むと
ブリッジとオペラハウスが目の前に見える
ロータリーというかU型カーブで
本日もこの絶景から観光開始!(^^)!

シドニー

先ずは、車内で
【ゆったりバス観光コース】と【ちょっとトレッキングコース】と
どちらを希望するかそれぞれの参加者が決めるようにと説明を受ける

ちょっとトレッキングコースを選択すると
『クリフウォーク。ユーカリの森の中でネイチャーウォーク体験』
という時間が45分ほどあり
ゆったりコースの人はその間バスで移動して展望台へ行くというプラン

我が家の場合は言うまでもなく『ゆったり観光コース』ヾ(^^;)

バスは郊外へと向かい
車窓の風景がシドニー市内とは違った感じになってくる

中古車屋さんが多いというエリアの道を走る

シドニー

このあたりの風景はアメリカの郊外と似たような感じに見える

シドニー

熊のぬいぐるみって、世界中で愛されているのね~(^-^)

コチラはシドニーオリンピックのスタジアムだったところ

シドニー

高橋尚子選手がサングラスを投げた時のエピソードなどを交えながら
オリンピック当時の解説を聞いたり

これから向かうブルーマウンテンズの説明を聞いたり

2時間ほどで
世界遺産ブルーマウンテンズの
最初の目的地・シーニックワールドに到着

シドニー

開園直後のようで、まだチケット売り場は空いていた

シドニー

シドニー

シーニックワールドとは何かと思っていたけど
3つの乗り物 を利用して
   レイルウェイ (最大傾斜52度で一気に谷を下るトロッコ列車)
   ケーブルウェイ (最大84人乗りの大型ロープウェイ)
   スカイウェイ (高さ270mの空中を渡る床がガラス張りのロープウェイ)
様々な角度からブルーマウンテンの景色を楽しめるアトラクション施設だそうで
個人の方が家族経営をされているのだそうだ

トレッキングコースとゆったりコースで分かれて
それぞれの担当の添乗員さんについて入場

トレッキングの方を選んだ方が圧倒的に多くてびっくり
参加者の80%くらいかな~

手に入場と3つの乗り物の乗車券を兼ねた紙のリストバンドを付けて
先ずは世界最大級の傾斜だというトロッコレイルウェイに乗車

シドニー

シドニー

乗ってから、さらに座っている椅子の角度も調節できるようになっている

乗っている時間は2分足らずで
速度もそんなに速いわけじゃないので
あっという間に普通に下の駅へ到着(^-^;

でも降りてから見上げると、確かにすごい傾斜(@_@)

シドニー

シドニー

今のトロッコはすっぽり囲まれているので
全然怖くないけど
昔のトロッコはこんな車体だったそうで

シドニー

これはちょっと怖いかも(  ゜ ▽ ゜ ;) 

ブルーマウンテンズはユーカリが一面に茂った山なので
そのおかげで青く煙ったように見えるためにその名前がついたのだそうだ

ここで見える景色はこんな感じ

シドニー

3つの尖った岩はスリーシスターズと呼ばれ
岩にされた3姉妹の物語が語り継がれているそうだ

シドニー

板張りの遊歩道、ボードウォークを歩きながら
周りにある樹木の説明や

シドニー

石炭の採掘場だった(今もそうらしい)ことなど聞き

シドニー

今度は84人乗りの大型ロープウェイ)に乗って
また別の角度から景色を眺める

シドニー

シドニー

大型ロープーウェイのターミナルは
結構大きなレストランやお土産物の建物だった

シドニー

最後に、床がガラス張りのロープーウェイに乗る

初めのうちは曇りガラスなんだけど

シドニー

出発して間もなく透明に変わり
森の上を進んでいるのが見える

シドニー

添乗員さんのお話では
時々「木が生えたグランドキャニオンみたい」と言われるそうだけれど
グランドキャニオンよりずっと古くからこの姿の峡谷で
恐竜のいた時代(白亜紀とかジュラ紀かな?)から
この山はずっとこの姿なのだそうだ

シドニー

ゆったりコースの面々はいったんバスに戻り
ナローネック展望台へと移動(5~10分くらい)

シドニー

シドニー

シドニー

この山のユーカリ

シドニー

アレンジでよくユーカリを使うけど
そのユーカリは丸くて小さな葉っぱで
この山のユーカリは細長い
落ち葉を折るとユーカリのいい香りがした

シドニー

最後にエコーポイント(ここも展望台というか、絶景ポイント)
ここでトレッキングコースの方々と合流

シドニー

シドニー
>

シドニー

シドニー

エコーポイントの休憩施設というか売店

シドニー

シドニー

さて、次はランチ~♪
web拍手 by FC2

9月が春のシドニー旅行 3日目 ①~インターコンチネンタル クラブラウンジ朝食~
2017年09月23日 (土) | 編集 |
本日は現地ツアーで世界遺産ブルーマウンテンズへ行くことになっていて
そのツアーのお迎えが7:10AMなため
6:30のクラブラウンジの朝食ビュッフェ開始と同時にラウンジへ

さすがにまだどなたもいらっしゃらなくて一番乗り(^▽^;)

なので、全体の感じの撮影ができた(^O^☆♪ 

入ってすぐ見える窓の外の絶景にテンションが朝から上がる

シドニー

シドニー

ビュッフェのお料理も遠慮なく撮影し放題 (^^ヾ
他のゲストがいらっしゃる前に激写

シリアル
シドニー

シリアルに入れるナッツやドライフルーツ 
右の入れ物はミルクとローファットミルク
シドニー

パン各種とジャムやバター各種
シドニー

シドニー

シドニー

ヨーグルト、フルーツソースやトッピング
シドニー

カットフルーツ
シドニー

ハムやスモークサーモン、スライス野菜など
シドニー

温かい料理はこの時は4種類
ソーセージとベーコン、スクランブルエッグとハッシュブラウン
シドニー

ソース類
シドニー

私のお皿
シドニー

夫のお皿
シドニー

シドニー

この朝の光いっぱいのすがすがしい景色を見ながら(#^^#)

シドニー

けど、時間がないので大急ぎで食べる(^▽^;)

本当なら外のデッキで
開放感いっぱいで優雅に食べたかったところなんだけど
時間がないので致し方ない

お皿を下げに来て下さったスタッフの女性が
『今日はどこかへ行くの?』と訊かれたので
ブルーマウンテンズに行くと答えると

『とてもいいお天気だけど、暑くなりますよ~』みたいなことを言われた(^-^;

日本語のできる・・・というか日本人スタッフの方が
にこやかに「おはようございます」と挨拶に来て下さったので
「マッコリーストリート側入り口ってどこですか?」と
現地ツアーのお迎えの場所を訊いて教えてもらった(^-^)

現地ツアーのお迎えの場所は
王立植物園側のエントランスの前だったので
食事を終えると急いで1階へ降りて、そのエントランスへ

シドニー

これが、その通り側のインターコンチのエントランス
シドニー

32階もある大きなホテルにしては、エントランスが小さいのは
かつて大蔵省官庁舎だった建物を利用していて
開拓時代の岩造り建築の面影が残っているからだそうで
(各界の有名人御用達となっているのだそう)

車が付ける正面?のエントランスもなんか小さくてわかりにくい(^-^;
到着した日に、入り口がわからなくてぐるっと一周したくらい。

向かい側には例によって王立植物園が
なんとなく厳かな雰囲気で見えている

シドニー

同じ集合場所に、
日本人と思われる方が2組ほどいらっしゃったので
きっと同じツアーだよねと夫と話しながら待っていたら
ほどなくバスがやってきた

さて、世界遺産ブルーマウンテンズへ(^O^)
web拍手 by FC2