fc2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
沖縄旅行2016 2日目⑥~星砂の浜~
2016年05月27日 (金) | 編集 |
期待以上に美味しい昼食を
山の中のお洒落なホテルで堪能したあとは
再びバスに乗り

山道の途中で、大きめのパーキングで下車見学

ここには3つのビューポイントがあるというこいとで

西表島

先ずは展望台

西表島

広々とした海が見渡せる展望台なのだけれど
海はかなり干潮の時刻に近づきつつあり

少し前まで海水に沈んでいた砂が干上がっているのがよくわかる

西表島

西表島

展望台の、ちょっと横の道を降りて行くと
そこは大見謝川という川

西表島

3つめのポイントは
この階段を降りていくとマングローブの散策路だそうで

西表島

こういう「何かがいるかもしれなさそう・・・」な道が苦手な私は
夫に写真撮影を託して駐車場で待機(^^;)

で、夫が撮影してきてくれたマングローブの散策路

西表島

西表島

根本に落葉している黄色い葉っぱは
マングローブの木が塩分を濾過して
しきれなかった僅かな塩分を1枚の葉っぱに集めて
その1枚が黄色くなって落葉すると
次の葉っぱに集めるという
その落葉した葉っぱ

西表島

バスが出発して
今度はちょっとだけ停まって、車窓から見学

トレッキングツアーの参加の人たちが歩いて見に行く滝

西表島

ズームすると見える(^_^;)

西表島

バスは海の方へ戻り

西表島

子午線モニュメントを通り

西表島

このツアー最後の目的地
星砂の浜へ到着

西表島

正面にあるのが
ペンションで、カフェで売店の星の砂

西表島

西表島

ここで40分の自由時間と言われて
早速まずは砂浜へ降りて行く

海は透明で、とても美しいけれど
干潮に近い時間帯とあって
干上がっている感が。。。。。(^_^;)

西表島

水のある部分もとても浅いので
歩いて島?に渡る人多数

西表島

露出している岩や砂の上には
引き潮に乗り遅れた?カニや小さな魚がピチピチしながら
僅かに残った水たまりにいたりする

西表島

星砂を探して拾う人がいたり
準備万端で水着に着替えて浅瀬でシュノーケルしているツワモノも

西表島

とても暑い日だったので
自由時間の後半は
カフェとペンションである「星の砂」へ

西表島

西表島

西表島

アイスコーヒーを飲みながら

西表島

(私はちゃっかりマンゴータルトも食べ)

西表島

エアコンの効いた店内から眺める海もまた最高だった(*^_^*)

西表島

西表島

西表島の1日ツアー

すごくすごく楽しかった

西表島

web拍手 by FC2

沖縄旅行2016 2日目⑤~西表島ジャングルホテル パイヌマヤでランチ~
2016年05月27日 (金) | 編集 |
由布島から水牛車で西表島へ戻り再びバスに乗車

海沿いの道をしばらく走ったあと

西表島

西表島

山の方へとバスは進み

西表島

ホテル パイヌマヤという看板のある山道を登る
http://www.painumaya.com/web/

西表島

カヌーやトレッキングなどのネイチャーツアーの拠点として人気のホテルらしい

西表島

西表島

足元を見ると、イリオモテヤマネコの足跡風で可愛い(^o^)

西表島

エントランスの右手がホテルのフロントで

西表島

左側のレストラン・サミン&売店へと案内される

西表島

西表島

レストランは広々していて
全面ガラスから見えるのはジャングルみたいなお庭

西表島

沖縄料理の松花堂弁当風ランチがすでにセットされていて
温かい八重山蕎麦がお吸い物代わりに追加された

西表島

メニューの内容はこんな感じ

西表島

現地ツアーのお弁当なので
全然期待してなかったんだけど

それがどうしてどうして、どのお料理もとても美味しい(*^_^*)

大満足して、売店を覗いたり

宿泊棟やジャングルのお庭などをちらっと見学

西表島

西表島

ホテルのロービーはこんな感じでなかなかお洒落

西表島

西表島

西表島

離島の山の中にこういうホテルもあるんだ~(^-^)

西表島は海あり、山ありで
いろんなアクティビティを楽しめる島なんだね

さて、西表島のツアーもクライマックス
次は星砂の白浜へ


web拍手 by FC2

沖縄旅行2016 2日目④~由布島亜熱帯植物園と「海の声」~
2016年05月27日 (金) | 編集 |
由布島に着くと
ここで昼食のコースの人と
西表島に帰ってから昼食のコースの人で
集合時間と場所の説明をそれぞれ受けて

水牛車待合所という建物にみんなで一緒に進む

由布島

由布島にはもともとはたくさんの住民が住んでいらしたそうなのだけれど
昭和44年の大きな台風で、壊滅的なダメージを受け
ほとんどの住民が他の島へ移住してしまったのだそうだ。

それでも、あるひと組のご夫婦が
いつかは昔のように住民が戻ってくることを信じて
水牛を飼い、亜熱帯植物園を整備したのだそうだ
http://www.yubujima.com/history.html

今では島のほぼ全域がこの植物園になっている

水牛車待合所にはお土産の売店と

由布島

水牛の家系図があり
係の方による水牛の説明をちょっと伺い

由布島

園内を、途中までガイドの方について行く

ここは水牛に感謝するための碑で
思わず数人が合掌をると
碑であって、お墓ではないので手を合わせなくてもいいとのこと(^^;)

由布島

亜熱帯植物の中を歩いて

由布島

由布島

女性の観光客はレイ(ハワイやグアムみたいな)をかけてもらって
この場所で待機している水牛と記念撮影をひと組ずつ並んで行い
写真はできあがりを見て、ほしい人は購入することになっている

由布島

水牛のあんずちゃんも角にお花を飾ってた(^^)

撮影のあとは自由行動で
ここでランチではないコースの私たちは
由布島での自由時間は40分

ちょっと急ぎめで園内を散策して

由布島

由布島

由布島

由布島

島の入り口にある
『非番の水牛』たちの休憩の池へ行き

由布島

4~5日前に生まれたばかりの水牛の赤ちゃんを見学(^^)

由布島

手前がお母さんで
赤ちゃんはお母さんにぴったりくっついていた(^o^)

島を渡る水牛車の様子をまた見たくて
集合時間より早くに乗り場に行くと

島と島の間の浅い海の中で
素晴らしくよく通る美しい歌声が聞こえてきて

思わず聴き入ってしまうほど胸に響いた

由布島

その歌は、auのCMの中で
浦島太郎役の桐谷健太さんが歌っている
「海の声」という歌で

ご本人に負けないくらい素敵な歌声だった



ぜひぜひ、youtubeで聴きながら
この写真を眺めてみてください(^^)

私はその場所から動けなくなるほど
この歌と、御者さんの歌声とこの光景に感動した

由布島

由布島

今回の沖縄旅行の中で
一番印象に残ったといっても過言ではないシーンで
忘れられない光景だと思った


集合時間になって、自分が乗った水牛車では
年配の女性が御者さんで
安里屋ユンタを歌って下さった

すれ違う、これから由布島へ渡る水牛車を撮りながら
西表島へと戻る

由布島

うしろを振り返ると
もう由布島が遠くになっていた

由布島

web拍手 by FC2

沖縄旅行2016 2日目③~水牛車で由布島へ~
2016年05月27日 (金) | 編集 |
旧大原港でクルーズの船を下り

西表島

コースによって指定された観光バスに分乗する

西表島

旧の港には乗り合い待合所のような建物はなく
バスでちょっとだけ走ったところにあるお土産物やさんのようなところで一旦停まって
ここでちょっとだけトイレ休憩とのこと

で、ピーチパインを販売していたので買ってみた♪

西表島

バスは再び走り出し
海と仲間川の境界にあたる橋を渡ると
橋の上にはイリオモテヤマネコのオブジェ(^_^)

西表島

海を眺めながらしばらく走り

西表島

西表島

山道に入ると、黒毛和牛?石垣牛?
牛が放牧されているところを何カ所か通った

西表島

こんな看板が立っていて

西表島

ガイドさんのお話では、西表島の食物連鎖系では
イリオモテヤマネコは最強で、天敵はいないのだそうだ

でも全部で今は100匹くらいしかいないのだそうで
年間に2~3匹は交通事故で死んでしまうそうだ。

地元ではそういうときは新聞に載るのだそう

イリオモテヤマネコが交通事故に遭わないように
猫が通るような小さなトンネルが
島の中にはたくさん通っているという

そういうお話を聞きながら
バスは20分ほどで由布島の入り口に到着

由布島

ここで、西表島から由布島へ
水牛車に引かれる馬車で海を渡る

由布島

由布島

由布島

2年前の竹富島では
水牛車で古い街並を観光した

これぞ琉球!というような街並を眺めながらの水牛車は本当に楽しかった

それで今回も水牛車に乗るのを楽しみにしていたんだけれど

島と島の間の浅い海を

お客さんが満員になった水牛車から順に
ゆっくりとじゃぶじゃぶ音を立てながら渡り始め

お天気にも恵まれて
真っ青な空と海と
黙々と海を渡る水牛の歩みと

夢の中にいるような不思議な光景で
圧倒されるようだった(*^_^*)

由布島

由布島

由布島

何枚も何枚も同じような写真を撮って
それでもまだ足りないような気がするほど
素敵な光景だった

由布島

広大な海の中をゆっくり進む水牛車

しんとした空気の中を、じゃぶじゃぶという水牛の歩む音

由布島

うっとりしている間に由布島に上陸

由布島

web拍手 by FC2

沖縄旅行2016 2日目②~西表島 仲間川マングローブクルーズ~
2016年05月27日 (金) | 編集 |
石垣島の離島ターミナルからは
八重山諸島の各島への船がたくさん出ている

西表島・竹富島・小浜島・黒島・鳩間島・波照間島・与那国島の7つの有人島があり

与那国島以外の島への船は3社(八重山観光フェリー・ドリーム観光・安栄観光)で

その船を利用した離島めぐりは
たくさんのツアー会社がツアーを催行している

2年前に竹富島に行ったときは
竹富島は小さな島で、島の中で水牛車による観光をしたり
レンタサイクルを借りて自分で回ったりすればいいので
ツアーには参加しなくても
石垣島⇔竹富島 の船の乗船チケットを購入すれば良かった

でも今回訪れる西表島は
島自体の大きさは石垣島より大きいくらい広いので(人口は少ないけど)
島に渡ってからレンタカーを借りるか
はじめからツアーに参加するかしなければ
アチコチ回ることができないので
ツアーに参加することにした。

海外旅行におけるオプショナルツアーみたいな感じ

ツアー会社はたくさんあるけれど
ネットで調べてみたところ価格は大体どこも同じくらいで
ツアーのプログラムの種類も似たようなものだった

で、ネット申し込みでweb割10%というのがあったので
八重山観光フェリーで申し込んでおいた
http://www.yaeyama.co.jp/pg169.html

8:40出発のツアーで、8:20までにこのカウンターで受付と支払いをして
各工程で切って使うチケットをもらう

離島ターミナル

出入り口にゆるきゃらがいた(^_^)

離島ターミナル

結構な広さのターミナルにはすでに人がたくさん

離島ターミナル

離島ターミナル

西表島行きのフェリーの乗り場に向かう

離島ターミナル

フェリーの中はなかなか綺麗(^^)

離島ターミナル

お天気に恵まれ、空も海も真っ青!(^O^)

離島ターミナル

途中竹富島が見えたりしつつ、フェリーは快調に航海し
1時間ほどで西表島の大原港へ到着~♪

西表島

港に着くと、各ツアー会社のスタッフの方々が
それぞれの会社やコース名を書いた紙を持って待っていて受け付をする

参加するツアーによって、次に乗る船の番号を伝えられて
待合所?の建物でトイレを済ませてから集合するように言われる

西表島

コースごとに教えられた番号の船に集合

西表島

我が家はこの船に乗って
これから先ずは仲間川という川に
日本最大のマングローブの森を見にクルーズに出掛ける(^-^)

西表島

この橋が、仲間川の河口と海の境目なんだって(^^)

西表島

ちょうど満潮の時間帯で水位が高いけど
夕方にはこの橋の下にはほとんど水がなくなっているんだそうだ(@_@)

広~い河口から、仲間川の上流方向へと船は進む

西表島

この観光船の船長さんがボーイッシュなキビキビした若い女性で
解説や案内をしながら操縦してくれるのだけれど
説明がとても上手で、
なにげにユーモアのセンスも抜群でとても楽しかった(*^_^*)

西表島

マングローブというのは木の名前ではなくて総称で
海水と淡水が混ざり合う「汽水域」に生える植物の「森」のことなのだそうだ

西表島

倒れている木は、台風などで倒れたモノで
自然保護区域であるため
また、その後の木を台風から守るという目的もあり
倒木を片付けたりはしてはいけないのだそうだ。

植物にとって害になる塩分を
マングローブの木々は自身の中で浄化することができるのだそうで
そのおかげで汽水域で生息できている木だということだ。

そして、全ての塩分を濾過できるわけではなく
少し吸収してしまった塩分は
1枚の葉に集めることができて
その1枚の葉が黄色くなり、落ちてしまうと
その次の別の葉にまた塩分を運ぶのだそうで
びっくりするような能力だと感心する

サキシマスオウノキという木は
根っこが板状になっているのだそうで
クルーズ中にも見ることができた

西表島

仲間川はまだまだ上流があるけれど
1時間あまりのマングローブクルーズは
30分ほどクルーズしたところで一旦船を下りる

西表島

ちょっとだけ森の中を歩くと・・・

西表島

日本最大のサキシマスオウノキが現れる

西表島

比べるものが写ってないのでわかりにくけど
その板状根の大きさにはびっくり(@_@)

西表島

西表島

再び船に戻り
港の方へ帰りながら
船長さんのお話を興味深く聞いていると

途中カニの漁をしている漁師さんに遭遇し
遠くからカニを見せてもらった(^o^)

ノコギリガザミというカニで、すごく美味しいのだそうだ。
漁業権を持った2人の漁師さんしか摂ってはいけないんだって

↓コチラは船長さんが見つけた巨大シジミ(*_*)

西表島

泥の中に住んでいるので
3週間かかって砂抜きしたけど、泥臭くて美味しくなかったそうだ(^^;)

また途中、カヤックのツアーを楽しんでいる人にも遭遇

西表島

海と川の境界の橋まで戻ってきたら
水位が少しだけ下がり初めているのが
橋脚の濡れた場所でわかる

西表島

船は出発した大原港ではなく
少し手前の、旧大原港へ到着

さて、次は楽しみにしていた水牛車だ~(*^_^*)

西表島
web拍手 by FC2

沖縄旅行2016 2日目①~石垣島ホテルククルの朝食とジョニーのしわざ~
2016年05月27日 (金) | 編集 |
西表島観光に出掛ける2日目の朝

離島ターミナルに8:20amに集合なので
ターミナルまで徒歩2~3分のホテルだから
8:00過ぎに出発すれば余裕しゃくしゃく♪

なので、7:00起床
身支度をして7:30に朝食会場のカフェククルへ降りる

石垣島ホテルククル

この時間はわりと空いていて(部屋に戻る頃に他のお客さんがたくさん降りて来られた)
すっかり優雅な気分

500円の朝食なので
種類はそれほど多いわけじゃないけど
例えばドレッシングでも3種類あり
それがありきたりな「フレンチ 和風 柚子、中華」。。。。みたいんじゃなくて
「あら塩」「コブサラダ」「バジル&チーズ」といった感じで
ちょっとだけお洒落な感じになっている(^-^)

石垣島ホテルククル

石垣島ホテルククル

このパンが
『地元で人気のパン屋さん「パンドゥミー」』のパンだって

石垣島ホテルククル

石垣島ホテルククル

私が食べた全貌

石垣島ホテルククル

石垣島ホテルククル


石垣島ホテルククル

石垣島ホテルククル

美味しかった(^-^)

満足して部屋に戻り、荷造りしていたら
ジョニーが入れたらしきキラキラボールが (^▽^;)

ジョニーのしわざ

フロントでチェックアウトして、荷物を預かっていただいて

さて!西表島観光へ向かうぞ(^O^)
web拍手 by FC2

沖縄旅行2016 1日目②~便利でお洒落な石垣島ホテルククル~
2016年05月26日 (木) | 編集 |
金沢から那覇の直行便は1日1便で
那覇に着くのが16:30頃になる

その日のうちに飛行機を乗り継いで石垣島へ行くと
結局着くのはもう18:00を過ぎることになる

翌日に離島巡りをしようと思うと
なんと言っても離島ターミナルに近いホテルに泊まるのが理想的

ホテル選びを計画するのが何よりも好きな私は
前回はアレコレ口コミや経験談を読みまくり
空港送迎のある「チューリップ」というホテルに泊まった(^^)

その時の日記はコチラ
http://anaheimmaingate.blog73.fc2.com/blog-entry-2543.html

チューリップもお手軽な価格を考えれば
コストパフォーマンスのいい、充分満足なホテルだったので
今回もチューリップでもいいかな~と思っていたのだけれど

離島ターミナル付近には
お手頃価格のホテルがたくさんあるので
せっかくだから違うところに泊まってみようと
またまた口コミや経験談を読みまくり

今回は石垣島ホテルククルというホテルを予約してみた
http://www.cucule.jp/

個人の方のブログに書かれていたことで
ちょっと気になることがあったので
前もってククルのHPの問い合わせフォームから質問を送ったところ

目覚ましい素早さで返信をいただき
返信の内容もとても誠実な感じだったので
行く前からすっかりこのホテルに好感を持った(^-^)

離島ターミナルから徒歩2~3分の便利な場所で
賑やかなとおりに面しているのですぐに迷わず到着

石垣島ホテルククル

石垣島のコンビニはこのCocoってお店が多いのだけれど
ホテルの真横にCocoがあった
(写真は違うお店のCocoだったかもしれないけど)

石垣島ホテルククル

入ってすぐのフロント前のロビー

こじんまりしているがシンプルでスタイリッシュなインテリア(^^)

石垣島ホテルククル

石垣島ホテルククル

石垣島ホテルククル

お部屋の中もシンプルでお洒落(^o^)

石垣島ホテルククル

石垣島ホテルククル

老舗のホテルをリノベーションして間もないようで
バスルームは広くはなけれど、ピカピカに綺麗(^o^)

石垣島ホテルククル

アメニティはこんな感じで
シャンプー・コンディショナー・ボディソープは
壁に備え付けのボトルに入っているタイプだった
(フェイスマスクなどフロントにサービスのものがいくつか置いてあって
 持ってくるシステムだったみたい)

石垣島ホテルククル

パジャマ
石垣島ホテルククル

お茶セット(この下に空の冷蔵庫)
石垣島ホテルククル

窓からの眺めはこんな感じで
左側に見える道路は幹線道路で
お土産物屋さんやレストランが並んでいる通りだ

石垣島ホテルククル

今夜の夕食は、このホテルの1階にある
「ゆらてぃく」という沖縄料理の居酒屋さんで・・・と
行く前から決めていたので、早速1階へ降りる

ホテルのフロント前のドアからも入ることができるお店なんだけど
外の大通からだと入り口はこんな感じになっている
http://www.yurateku.jp/

石垣島ホテルククル

テーブル席数席と、小上がり?というか座敷席が3テーブル

石垣島ホテルククル

実は沖縄に7回も来ているのに
沖縄料理らしい料理を食べたことがない私たち(^_^;)
今回が初めての『沖縄料理』だ

南国の島おでん(2人前) 1,580円
石垣島ホテルククル

ゴーヤーサラダ 580円
石垣島ホテルククル

グルクン唐揚げ 700円
石垣島ホテルククル

ゴーヤーちゃんぷるー 780円
石垣島ホテルククル

もち米じゅーしー 300円
石垣島ホテルククル

夫が飲んでいたお酒(泡盛?)
石垣島ホテルククル

島産天然もずく 480円
石垣島ホテルククル

お料理の出てくペースもよく
ゴーヤのサラダやチャンプルーがとても美味しく
初めての沖縄料理を堪能♪

フロントの隣にある
朝食会場でもある カフェククルでは
コーヒーや紅茶、さんぴん茶、ハイビスカス茶等などを
23:00までサービスで飲むことができるので

帰りに隣のコンビニで調達したハーゲンダッツを食べて
さんぴん茶で食後のひと休み(^^)

石垣島ホテルククル

石垣島ホテルククル

余談なんだけれど・・・・・・・・・

この、隣のコンビニに食後寄った時

石垣島ホテルククル

店内にスピッツの新曲「みなと」が流れていてテンションが上がった(*^_^*)

石垣島で旅をしている

そんな気分が満開になった



web拍手 by FC2

沖縄旅行2016 1日目①~クラスJにしてみた♪~
2016年05月26日 (木) | 編集 |
JALのマイレージを使って
『お供deマイル』旅行をするようになって今回で7回目

なにしろ特典を使って格安で行くので
航空券が取りやすく
ホテルもローシーズン価格な
沖縄としてはシーズンオフの梅雨が多い(^_^;)

(ちなみに10月1回 12月1回 4月1回
 あとの4回は今回を含めて梅雨 ^^;)

お供deマイルは
本人1万マイル、同行者3名までが格安料金
(今の時期の小松⇔沖縄は片道ひとり12500円
 割引きナシの正規料金だと40000円くらいする)

今年はせっかくなので
長男一家も同行者料金で一緒に行くことになった(^o^)

我が家は本島はかなり満喫したので
前回(2014 6月)から離島の方へ行くことにした
今年も石垣島を拠点に西表島と由布島(^^)

長男一家の方は
長男は大学生の時に合宿免許を沖縄で取得したので
来たことはあるといえばあるものの
まだ免許がない状態では観光らしい観光はほとんどできないので
リゾート地の恩納海岸などは行ったことがないと言い
お嫁さんのKちゃん(と、もちろんマゴのNちゃんも!)は
沖縄は初めてということで

往復の飛行機は一緒だけれど
沖縄ではそれぞれ別に楽しんで
最後の夜にブセナテラスで夕食を一緒に食べる・・・・・

という計画になった(^^)

そして、ちょっと調べてみたところ
東京からだと
金沢からの航空券分だけ程度の料金で
航空券とホテルとレンタカーが含まれるという
びっくりするような格安なツアーがあるのだ (@_@)

ということで、次男一家と末っ子にも声を掛けてみた

一旦は次男一家も末っ子と友達も
長男たちと同じ日程 同じホテルでツアーを予約したものの
諸事情で次男一家は行くことができなくなり
それはすごく残念だった(ノ_・,)

まぁそこは気を取り直して・・・
次男一家とはまた別の機会に楽しい企画を考えることにして


いざ!沖縄に出発(^-^)

出発は木曜日だったので
行きの飛行機はわりと空いていた

チェックインの時訊いてみたら
クラスJに空きがあるとのことだったので
奮発してグレードアップ♪

ANAにはグレードアップするにはビジネスとかファーストとか
結構な金額を奮発しないと乗れないけど
JALだとひとり1000円UPで
クラスJという
ちょっとだけ広めのシートにアップグレードできる(^_^)v
https://www.jal.co.jp/dom/service/j/

背もたれに国際線みたいなネックレストがあったり

クラスJ

写真には撮り忘れたけど
少し広めの足元にはフットレストも付いている

ドリンクサービスでは沖縄っぽく「シークワーサージュース」をいただく(^o^)

クラスJ

前のシートに座ったNちゃんは
ちょいちょい可愛い顔をのぞかせつつ
とてもオリコウサンに2時間あまりの空の旅を楽しんでくれた

Nちゃん

Nちゃん

夫の撮影 阿蘇山?

飛行機の窓から

那覇空港上空

飛行機の窓から

前日まで雨が降っていて
我が家が帰る予定の次の日からまた雨予報の
梅雨真っ最中の那覇なのに
我が家滞在中の4日間だけ
奇跡のように晴れ!(^o^)

飛行機を降りた途端に
「暑っ!」とみんな口々に言うほど蒸し暑い(^^;)

那覇空港

那覇市内へ早速向かう長男一家とここで別れて
石垣島行きの便に乗り換えるため搭乗ロビーを移動

那覇空港

そんなちょっとの隙も見逃さず
ちゃっかりブルーシールアイスのマンゴー味を食べる私(^_^;)

那覇空港

石垣島までは那覇から45分ほどのフライト

飛行機の窓から

飛行機の窓から

石垣空港に着いたのはほぼ定刻の18:30頃

石垣空港

前回は空港まで送迎してくれる「チューリップ」というホテルに宿泊したので
送迎バスを待っていれば良かったのだけれど
今回は別のホテルを予約したので
ネットで調べて、空港から離島ターミナルまでの路線バスに乗車
 
(石垣空港から石垣港離島ターミナルまでは、
 路線バスなら約40~50分で大人540円
 タクシーなら約30分で3000円前後)

石垣島

そろそろ夕暮れなのだけれど
途中海が見えてテンションが上がる♪

石垣島

路線バスは途中、
我が家が2日目に宿泊するインターコンチにも寄る

ANAインターコンチネンタル石垣島

ANAインターコンチネンタル石垣島

離島ターミナルに着いたのは19:30頃
まだうっすら明るい

離島ターミナル

離島ターミナルから宿泊するホテルまでは徒歩2分
中心街の730交差点を曲がってすぐのところにある

石垣島

さて、どんなホテルかな(^o^)
web拍手 by FC2

友あり遠方より来たる そしてジョニーの荷造り
2016年05月25日 (水) | 編集 |
基本第4水曜日はトールペイントの日で

実はこの5月は第4木曜日から沖縄に旅行に出掛ける予定の我が家なので
今月のトールは参加できないかな~と思っていた

ところが
2年前の春に新潟に転居された友人が
このトールの日に併せて金沢に遊びにきてくれることになり

アレンジ&トールの仲間がみんな友人に会いに集まることになった

そうとなれば私も、少しでもいいから是非とも参加したい(^-^)

ということで。。。。
みんなより少し早めに帰ることにして、ウキウキと参加~♪

新潟からの友人とは
昨年秋にみんなで新潟まで会いに行って以来の半年ぶり(^^)

でも全然自然で、彼女がそこにいるのがあたりまえみたいな
いつも通りの温かな空気の中
それぞれの近況などをいつも以上に和気あいあいでお喋りしつつ

午前中は一応みんな制作にもちゃんと励む

そして待望の持ち寄りランチタイム

トールの先生を含めて総勢9人の参加となり
こんなに大勢でランチするのは本当に久しぶり(*^_^*)
(この時点ではまだ7人だけ到着という段階)

持ち寄りランチ

超豪華に並んだ持ち寄りランチと

いつものように540円のセレブ弁当もひとり1個

セレブ弁当

タケノコご飯のグラタン
持ち寄りランチ

春色サラダにファンファーレのマカデミアナッツのパン

持ち寄りランチ

カッテージチーズと柑橘のサラダ 
キュウリの辛子漬け
持ち寄りランチ

ニンジンとスルメイカの和え物
六星農協の福神漬け
持ち寄りランチ

鶏肉とゴボウの煮付け 
里芋まんじゅうにアマランサスのソース
持ち寄りランチ

手作り抹茶シフォン 北海道物産展の抹茶ロール
白ごまブラマンジェ フルーツいっぱいの豆乳ゼリー
持ち寄りランチ

手作りチーズケーキと
チーズケーキファクトリーのケーキ フルーツ添え
持ち寄りランチ

あ、アップの写真を撮り忘れたけど、ヴィシソワーズスープもあった♪

美味しく豪華な持ち寄りランチを食べながら
久しぶりの友人との心地よいお喋りをみんなで楽しみ

後ろ髪を引かれつつ、みんなより少し先においとまして

明日から旅行中4日間 母の面会に行けないので
今週は月曜から3日間毎日面会に通って・・・

焦って荷造りしていたら
ジョニーが例によって邪魔にやってきて
キラキラボールを荷物に入れようと虎視眈々(^_^;)

ジョニー

ジョニー

web拍手 by FC2

しば野でお蕎麦& T&T @鶴来の薔薇はまだちょっと早かった(^^)
2016年05月21日 (土) | 編集 |
長野出身の夫はお蕎麦が大層好きで
真冬であってもざる蕎麦(もり蕎麦ともいう)をしばしば食べたいヒトで

こう日中の気温が高くなってくると
休日お昼にはお蕎麦が食べたいと言う

先週義母の面会に行く前に
神宮寺のお蕎麦の人気店「宮村」に行ってみたところ
13時過ぎに着いたんだけど駐車場もまだ満車で断念
(で、高柳の「侍の侍」で『黒香味らうめん』に変更になった ^^;)

さらに暑いくらいの今週
今日は母の方から面会に回ることにして
「鶴来の『しば野』でお蕎麦食べる?」と訊くと
一も二もなく
「いいね~♪」と乗ってきた

この時点で、お蕎麦の味オンチの私の中では
鶴来の薔薇屋敷T&Tについでに足を伸ばすことが主目的になっている(^^ヾ

13:30頃 しば野に到着
まだお客さんは数組いらしたけれど無事にすぐに席につくことができた
http://tabelog.com/ishikawa/A1702/A170203/17004895/

しば野@鶴来

夫は『せいろの大盛り』なので写真はたいして面白くないからナシで(^_^;)

私は海老おろし蕎麦1190円

しば野@鶴来

とても美味しかった♪

お蕎麦の味には大変こだわりのある夫の説によると
金沢やその近郊では
ここ「しば野」が一番好みの味なんだそうだ(^^)

一応メニュー写真

しば野@鶴来

しば野@鶴来

そのまま白山麓方面へ向かい
目論見通りバラ屋敷T&Tへ到着

泉野のバラ園があまりにも見ごろだったので
期待していたんだけれど
さすがに鶴来はまだちょっと早かったかな~(^^;)

T&T @鶴来

T&T @鶴来

初めて来た満開の時の日記はコチラ
庭園編
http://anaheimmaingate.blog73.fc2.com/blog-entry-1407.html
店内(というか邸宅内)編
http://anaheimmaingate.blog73.fc2.com/blog-entry-1408.html

なんだか以前よりベンチや屋外テーブルが増えているかも?(^^)

T&T @鶴来

T&T @鶴来

T&T @鶴来

T&T @鶴来

店内のテーブルはやや年齢層の高目のご婦人のグループでいっぱいで
夫が所在なさげだったので、外のテーブルで珈琲タイム

T&T @鶴来

T&T @鶴来

T&T @鶴来

奥さまの手作りのチーズケーキとバラジャムは今年も健在で

奥さまもご主人も軽妙な会話が相変わらず面白くてステキ(^^)

T&T @鶴来

T&T @鶴来

T&T @鶴来

T&T @鶴来

T&T @鶴来

本当の見ごろはも少し先だったかもだけど

我が家は来週末は都合で来ることができないので

いいお天気の中、薔薇の瑞々しい香りに包まれて
素敵な珈琲タイムができて良かった(*^_^*)

さて、充電完了したので
母と義母の面会にGO!
web拍手 by FC2