fc2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
長野お墓参り旅行2013 ホテル椿野③~貸し切り露天風呂と渋温泉散策~
2013年08月24日 (土) | 編集 |
夜、男性陣は麻雀大会を開催予定だったので
本当はお正月の和倉温泉の時のように
Mちゃんと私はエステに行こうと思っていたけれど

椿野はとてもステキなホテルだけれど
こじんまりしているのでエステがなかった
なので
夕食のあと、21:00から貸し切り露天風呂を予約しておいた

予約の時間まで1時間ほどあったので

湯田中から少し川を上ったところに『渋温泉』という温泉街があって
そこにある『歴史の宿 金具屋』という旅館は

“千と千尋の神隠し”に出てくる旅館のモデルになったと言われている

いろいろネットで以前調べたところ
“千と千尋の神隠し”のモデルと言われる旅館は
日本各地に数軒あるそうで

実際、コレ!というひとつの旅館ではなく
いくつかの旅館のイメージを複合してあの作品になったとも言われているのだそうだ

ということで“金具屋”もモデルのひとつであるらしい

そして、夜の金具屋のライトアップが素晴らしいと聞いたので
見に行ってみない?とMちゃんを誘ってみると

こういう時、Mちゃんはいつも楽しそうに興味を持ってくれて
『行きましょう!行きましょう♪」とノってくれる(*^_^*)

時間が1時間しかないので行けるかどうかフロントの方に訊いてみると

渋温泉までは車なら7~8分で行けるけれど
金具屋さんの前は道が狭くて、車を停めるところが近くにはなく
橋を渡って、川の向こう岸の駐車場に車を止めて
歩いて行かなくちゃならないとのこと

で、時間的には楽勝に行けそうじゃん(^-^)

と、思ったけれど、こういう時はトラブルがつきもので(^_^;)

もともと地理がわかっていない上に、暗くて周りがよく見えないし
どうしたことだかカーナビが不調で、変な道を指し示すし
ナビが言うとおり曲がろうとした道は通行止めだし・・・

と、トラブル続出(^_^;)

結構迷って、どうにか『渋温泉』に到着

渋温泉

渋温泉

渋温泉の有料駐車場に車を停めようとしたら
係の方に
「9時で閉めるんだけど・・・。お泊まりですか?」と言われ
「金具屋さんを見に行くだけなんですが」と言うと
駐車場の外側の道のスペースに無料で停めさせて下さった(^^)


で、橋を渡って渋温泉街へ行くと
今日は縁日が出ていたりして歩行者天国になっているのだそうで
たくさんの人で賑わっていた

そして、狭い道を挟んで両側に並び立つ旅館やお店や立ち寄り温泉が
なんともいえず風情たっぷり(*^_^*)

渋温泉

渋温泉

渋温泉

ひときわたくさんの人が立ち止まり、写真を撮っているのが金具屋さんだった(^O^)

金具屋

本当に歴史を感じさせる見事な建物で
ものすごい存在感がある

金具屋

Mちゃんとふたりでひとしきり盛り上がり
いっぱい写真を撮ったo(*⌒O⌒)b

Mちゃんは、本当にいつでも楽しそうにして一緒にはしゃいでくれるので
私も楽しさが100倍になる気がする(〃^ー^〃)

道に迷ったりしていたので
貸し切り風呂の時間に10分ほど遅れてホテルに帰着

50分間と使用時間が決まっているので
終わる時間まで40分しかない
大急ぎでお風呂へ ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

貸し切り露天風呂は
女性用の大浴場と同じ入り口から入る
(君子蘭が男性 椿姫が女性用でTUBAKIが貸し切り)

ホテル椿野

脱衣室にはオーディオ、冷蔵庫、テーブルセットなどがあり
広々としている

ホテル椿野

ホテル椿野

露天風呂からの夜景

ホテル椿野

女性用の大浴場のより広い陶芸風呂と
結構深い檜のお風呂がある

ホテル椿野

ホテル椿野

渋温泉と金具屋への夜のドライブ迷子事件の話や
明日行く志賀高原の話
Mちゃんとお喋りしまくりながらの夜景の露天風呂タイム

とっても楽しかった(^o^)

お風呂の階のエレベーター前には冷水器

ホテル椿野

夫や息子たちは麻雀大会で、
彼らは彼らで楽しかったようで
とても充実した長野旅行1日目が終わった(^^)
web拍手 by FC2
スポンサーサイト




長野お墓参り旅行2013 ホテル椿野②~夕食&朝食編~
2013年08月24日 (土) | 編集 |
温泉といえば、お風呂以上に楽しみなのがお食事♪
(↑ 私だけってことはないよねぇ ^^;)

お食事処というお部屋に行く

ホテル椿野

個室が3部屋と、大部屋にテーブル席が並んだ部屋があり
我が家は6人なので、足落としの個室に案内していただいた

(写真は食後に撮ったので、
 テーブルの上が美的でなくてスミマセン ^^;)

ホテル椿野

いわゆる『旅館の夕食』みたいに最初からたくさんのお料理が
ひとりひとりの前に並んでいるのではなくて
懐石のように、お皿が運ばれて、終わると下げて下さる形式だけれど
お料理の間隔が間延びしていないので
大変に良い感じのテンポだった(^o^)

ちなみに夫や息子たちはフレンチや和食の懐石みたいな
ゆっくり一皿ずつ運ばれてくるゴハンが嫌いなのだった(^_^;)

前菜 焼き野菜と蒸し鶏の梅酢エスプーマ
     ホワイトアスパラ・フルーツトマト
     ビーツ・スナップエンドウ・南瓜
     ズッキーニ・蓮根・デトロイト
この梅酢エスプーマというディップがとっても美味しい(*^_^*)

ホテル椿野

先付 もろっこ隠元胡麻ねーず

ホテル椿野

御椀 金目鯛の清まし汁仕立て
   じゅん菜・小メロン・おくら

ホテル椿野

造里 間八・鮪・甘海老

ホテル椿野

私と次男が飲んでいたハニーレモン漬け
他の面々はビールだったりワインだったり(^^)

ホテル椿野

焼き物 北志賀産岩魚の塩焼き

ホテル椿野

台物 信州牛フィレ肉の石焼きステーキ
   粗塩 紅葉おろし ポン酢

ホテル椿野

このステーキが、とろけるような柔らかさで
家族一同口々に感動していた(^O^)


しのぎ 穴子の道明寺蒸し

ホテル椿野

冷し鉢 枝豆の擂り流し 滝川豆腐 帆立
    海老 万願寺唐辛子 蓮芋 とんぶり

ホテル椿野

油物 丸茄子の揚げ出し蟹餡掛け
   冬瓜 占地 枝豆

ホテル椿野

留椀 赤出汁
食事 桜海老御飯
香の物

ホテル椿野

水菓子 抹茶のブラン・マンジェ

ホテル椿野

いやはや・・・・どのお料理も本当に美味しかった
一同大満足(*^_^*)

量的にも大変に満足で、
食べ切れなかった桜海老の炊き込み御飯があまりに美味しくて
口コミに書いてあったのを読んで
部屋に持ち帰ることができるようにお願いして
おにぎりにしていただいた(^-^)

ちなみに
翌朝の朝食も同じお部屋で
朝のメニューはこんな感じだった

ホテル椿野

詳しいお品書きがないけど・・・
鱒の西京漬け・蒸し野菜・温泉卵・タコと茄子の煮付け
生ハム添えサラダ・シラスおろし・コンニャクのお刺身
コリコリした野菜の胡麻和え・お味噌汁・香の物

お野菜がたっぷりで、とても美味しかった(^o^)

web拍手 by FC2

長野お墓参り旅行2013 ホテル椿野①~チェックイン&お部屋編~
2013年08月24日 (土) | 編集 |
小布施から小一時間で湯田中へ着いた

今回宿泊するのは「ホテル椿野」
http://www.tsubakino.com/

湯田中温泉の宿の人気ランキングベスト10のホテルや旅館の
口コミや写真を吟味して選んだ
こじんまりしていて、露天風呂とお料理が好評のホテル

こちらが正面玄関

ホテル椿野

コチラは正面に向かって左側の横から

ホテル椿野

エントランスホール 

ホテル椿野

ホテル椿野

ホテル椿野

玄関横に小さいけれど売店がある 

ホテル椿野

ホテル椿野

ティーラウンジ・アララギ

ホテル椿野

ここでウエルカムドリンクをいただきながら 
チェックインの宿泊カードの記入

ホテル椿野

全体的にレトロ浪漫という感じでなかなかいい雰囲気

前日に宿泊確認のお電話をいただいて
その時に、お部屋に空きが出たので
1室洋室を予約してあったのだけれど
そのお部屋をコンフォート洋室という広めのコーナー洋室に
アップグレードしてくださるとのことだったので
そんなお部屋かな~♪と楽しみにしていた(^-^)

それがコチラ、次男とMちゃんの部屋
コーナーツインなので、窓が広くて明るくていい感じ(^O^)

ホテル椿野

ホテル椿野

車椅子対応のユニバーサルデザインなので
バスルームが大変に広い 

ホテル椿野

ホテル椿野

Mちゃんと次男は
「なんか病院みたい」ってちょっとバスルームはイマイチだったみたいだけど(^-^;

クローゼットにはスリッパと草履が両方用意されていた

ホテル椿野

コチラは夫と長男と末っ子と私の和室

ホテル椿野

予約した時は長男とKちゃんも洋室だったのだけれど
その後Kちゃんがおめでたがわかり、今回は控えることになったので
洋室をキャンセルして
夫と末っ子と私の和室に長男も一緒に泊まることになった 

ホテル椿野

ホテル椿野

ホテル椿野

ホテル椿野

女性用には色浴衣が3色用意されていて(黄色と赤と白地に紺)
男性用も、我が家の男性陣がわりと背が高いので
部屋に置かれていた浴衣以外に、わざわざLLサイズを持ってきて下さった 

ホテル椿野

ウエルカムのお饅頭と
鍵は男性用女性用なのか2個あり
お風呂に行くのに大変便利だった 

ホテル椿野

部屋の窓からの眺め

ホテル椿野

部屋の前の廊下には、こんな風にテーブルセットが各所に置かれていた

ホテル椿野

さてさて、みんな先ずは温泉に入って
それからお楽しみの夕食~(#^^#)
web拍手 by FC2

長野お墓参り旅行2013 小布施その②~小布施散策~
2013年08月24日 (土) | 編集 |
小布施

小布施は小さな街で、道も狭いところが多いので
散策するにはまずは車をどこかへ停めなくちゃならない

でも無料の駐車場はほんの少ししかなく、どこも満車なので
有料パーキングをiPadで検索して
小布施町諸施設森の駐車場へ停めて

集合時間を決めて、1時間ちょっと各自重行動タイム(^-^)

小布施

次男とお嫁さん
長男と末っ子
そして夫と私のチームに分かれて解散

ん~長男と末っ子のチームは
すぐに車に戻って、中で寝ていそうだよね
と、夫と予想(^^;)

林檎、栗、葡萄の直売所だって!
駐車場を出てすぐに、もうこんな可愛い直売所に遭遇 

小布施

小布施はまだ義父母が長野に住んでいた頃に
みんなで一緒に来たことがあるけれど
その時は義父母がいたので、
車で通ることのできる範囲しか見てなかった

それでも趣のある素敵な佇まいの街だと思ったけど
実際細い道を歩いてみると
こんなに可愛い、素敵な街並だったんだ~(^o^)

小布施

小布施

小布施

小布施

小布施

小布施

小布施

小布施

栗庵風味堂のCafe Saku-G
http://www.fumido.co.jp/sakug.php

小布施

小布施

ここで、ガイドブックで見て、
ぜひ食べたいと思っていたコレを食べる(*^_^*)
栗づくし 470円也

小布施

これがもう本当に美味!!!(*≧∀≦*)
真ん中の『小布施牛乳アイス』自体が美味しい上に
周りの栗あんと栗がもう極上に美味しい

石畳や栗の木を敷き詰めた歩道がとっても風情があって
どこをみてもステキ~♪

小布施

小布施

木には普通に栗がなっているヽ(゜◇゜ )ノ ←あたりまえ

小布施

散策する道にも、OPEN GARDENがあり

小布施

中のお庭はこんな感じ(^^)

小布施

あっという間に集合時間が近づいたので
栗の木テラスで夜みんなで食べようとモンブランを購入(^_^)v
http://www.kanseido.co.jp/shop/obuse/

小布施

お留守番のKちゃんにもぜひ食べさせてあげたくて
家から保冷袋も持参してきたので
保冷剤をたくさん付けてもらって、Kちゃんの分も購入 

それから、これまたガイドブックでみて
食べたいと思っていた「味麓庵」の福栗焼きも
Kちゃんと、全員の分を購入(^_^)v 

小布施

福栗焼きは
大判焼きみたいにカステラ生地を栗の形に焼いたもので

小布施

中には栗あんと大粒の栗が一個入っている

小布施

と~~~っても美味しい(^O^)(←食べたのは翌朝デス、念のため ^^;)


夫が撮った小布施散策写真の中で
私が撮ってなかった風景(^^) 

小布施 小布施

小布施 小布施

次男とMちゃんは散策を楽しんでくれたようだったけれど
長男と末っ子は案の定車で寝て待っていた(^_^;)

「え~寝てたの?やっぱりね。もったいないな~」と文句を言うと

「そんなオレたち二人で
 『あ、素敵なお店♪ 入ってみようか?』なんてなったらおかしいだろ」

ん~そう言われれば、確かに(^_^;)
20歳をとっくに過ぎた兄と弟が
二人で素敵な街並散策とはいかなわね

ん~Kちゃんの存在は偉大だな~
Kちゃんが一緒ならこんな長男も一緒に街並を楽しめたのにね


でも、そんな二人も
味麓庵の福栗焼きは、焼きたてをちゃんと食べてきたそうで

「すんげ~うまかった(^o^)」と言っていた


次男とMちゃんと
何を見てきたとかどんなものを買ってきたとか
小布施の話をしながら長野市まで楽しく移動

二人が楽しそうに会話しているのを見ていると
こちらまで幸せな気持ちでいっぱいになる(*^_^*)

小一時間で
義父と義兄の眠る長野市霊園へ到着

小布施


長野市霊園

ここに来るときはいつも穏やかに晴れていて
昨日の豪雨がうそのよう

よく来たね

って今回も義父と義兄が言ってくれているみたいだった web拍手 by FC2

長野お墓参り旅行2013 小布施その①~手打そば処 鼎~
2013年08月24日 (土) | 編集 |
8時に我が家を出発
夫のプリウス号に次男夫婦と私の4人で
末っ子の車(長男からのお下がりのbB)で長男と末っ子

妙高高原の新井SAで一度だけ休憩して一路小布施へ向かう

新井SA 新井SA

新井、すでに金沢よりずっと涼しい(^^)

いつもはまず長野市霊園へ向かって
お墓参りをしてから遊びに行くのだけれど
今回はどこでお昼を食べようかなど道中の計画を考えて
先に小布施でお昼を食べて、街歩きを楽しんでから
長野市へ向かうことになった

小布施は小さな街なので
人気のお店のお昼は行列になる可能性があるため
11:00過ぎには小布施に着くようにひたすら走行

夫はもちろん、長男次男も
小さい頃から戸隠の美味しいお蕎麦を食べてきたせいか
お蕎麦が好きなので
小布施ではお蕎麦を食べることにしていた

Mちゃんはお蕎麦が結構好きみたいなのでいいとして
末っ子がお蕎麦が苦手なため

『美味しいお蕎麦やさんで、お蕎麦以外のメニューがあるお店』を
ネットであれこれ検索して
手打ち蕎麦「鼎」というお店へ行くことにした 

http://tabelog.com/nagano/A2001/A200106/20002194/

手打そば処 鼎

ここは天丼もあるとネットの口コミに書かれていた

細い路地の住宅街の中に建つ小さなお店で
向かい側に3台くらい、一軒のお家を隔てた先に数台の駐車場がある

小布施にはOPEN GARDENといって
お庭を見学者に開放しているお家がたくさんあり
このお店もそんなOPEN GARDENをされていた

手打そば処 鼎

お店のオープン直後に来たので
幸いまだ1組の先客があっただけですんなり席に案内してもらえた(^_^)

が!!!

メニューに天丼がない(・・;)!!

手打そば処 鼎

手打そば処 鼎

お店の方に訊いたら、
以前はやっていたけれど、今はもうお蕎麦だけだそう

末っ子はこういう時気を遣って

いいよいいよ、お蕎麦にするから

と言う子なんだけれど
内心は大いに落胆しているだろうと思うと残念だった(ノ_・,)

夫は十割蕎麦の大盛り
Mちゃんは天ざるそば

そして、息子たち3人と私は「天十割そば」

手打そば処 鼎

手打そば処 鼎

手打そば処 鼎

相変わらず蕎麦音痴の私には
他と比べて美味しいのかどうかわからないけれど(^_^;)
てんぷらはエビ天もあって、美味しかった

お蕎麦は夫の説によるとなかなか美味しかったらしい(^_^)

さて、これから小布施の街を散策~♪

web拍手 by FC2