fc2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
数年ぶりの検診
2011年09月05日 (月) | 編集 |
週末の同窓会の女子会のときに
大きな病気を経験して、克服したという友達が2人いた。

たった8人の中で2人も
そんな大変な想いをして頑張ってきた友人がいたことに驚き

18歳の頃には
将来、同窓の仲間がそんな風に大病をすることなんて想像もできなかった
そう思うと、友人の闘病の体験談にはショックを受けた。

友人は2人とも、闘病中はもちろんどんなにか大変だっただろうけれど
今は輝くような素敵な笑顔でその体験を話してくれて
「みなさんもちゃんと検診とか受けてね」と忠告してくれた。



実は私は潰瘍性大腸炎という特定疾患
いわゆる、厚生省指定の難病の持病がある。
(なにげにカミングアウト)

もともと子供の頃から胃腸が弱くて
心配事や嫌なこと、緊張することがあるたびに
いつもお腹を壊し、胃を痛めていて
30代の頃には過敏性大腸症と診断されたこともあった。

潰瘍性大腸炎と診断されて、治療を始めていただくようになってからは
幸いなことにお薬が効いて、どんどん良くなり
ずっと1日1錠のペンタサという治療薬を服用してはいるけれど
寛解期という、安定してほとんど大丈夫な状態が続いている。

なので、これはもう1病息災なんだと思うことにして
仲良く病気と付き合っていこうと思っていた。


それとは別に・・・・・
もう多分8年以上前のことだけれど検診で
子宮筋腫があり、経過観察が必要と言われていたのだけれど
ずっとそのまま検査に1度も行かずに放置してたんだよね~(-_-;)

ここ数年、年齢的なこともあって
少し調子が悪いことも時々あるので
経過観察、行かなくちゃいけないかなぁ~と何度も思っていたこともあり

夫に、早く検診にいかなきゃだめだよと諭されていたこともあり

思い切って市立病院の婦人科へ行って来た。

筋腫は相変わらず存在していて
細胞を採取され、その生検の結果は来週までわからないけれど
血液検査の結果から、貧血も多少あるけどそれほど深刻ではないし
全身状態も特に問題はなさそうとのことだった。

よかった~

みなさまも
健康診断ちゃんと受けて、元気に楽しい毎日をおくりましょう、ねっ(^^)

ライちゃん

おかあさん、良かったでしゅね♪

web拍手 by FC2
スポンサーサイト