fc2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
 沖縄旅行2日目?ルネッサンスリゾート~夕食&ラウンジ編~
2008年04月13日 (日) | 編集 |
夕食はホテル内で食べるなら予約した方がいいと
チェックインの時にラウンジのクラブサービスオフィーサーの方が仰っていたので
お部屋にあったレストランのパンフレットを見ながら夫と義母や母とも協議して
本日は「寿司バ・ーロイズ」に行くことにして、ラウンジで予約をお願いしておいた
ルネッサンスリゾート・オキナワ  

昨夜と今朝はブセナテラスで海を眺めながら洋食ブッフェだったので
みんなそろそろ和食というかご飯系が食べたい気分だった。

プライベートビーチの中央に浮かぶような円錐形のレストランにも
もちろん興味シンシンだったのだけれど
義母と母との車椅子での移動を考えると、それはまた次回・・・・ということになり
本館内のお店にしたというのもある。

寿司バー・ロイズは90分の入れ替え制だそうで
5:30~と7:00~と8:30~とのことだったので7:00にしていただいた。

お寿司と和スィーツのブッフェとのことだったけれど
冷やしうどん(&薬味)、沖縄豆腐、筑前煮、酢の物など
料理もちょこっと置いてあった(クリックして拡大して御覧下さい)
ルネッサンスリゾート・オキナワ   ルネッサンスリゾート・オキナワ  

お寿司はこんな感じで並んでいて
目の前で職人さんがどんどん握って、バリバリ補充してくれる
ルネッサンスリゾート・オキナワ   ルネッサンスリゾート・オキナワ  

画像は取り忘れたが、巻物のコーナーもあって
エビ天ロール巻きやトンカツロールなどの変わり巻きもあった。
また、手巻きや一部のネタは注文してから握ってくれていた。
ルネッサンスリゾート・オキナワ   ルネッサンスリゾート・オキナワ  

金沢というか北陸はお寿司がとても美味しい地方なので
しかも札幌にも住んでいたことのある私たちなので
暖かい地方のお寿司って、あまり期待していなかったのだけれど
ここのお寿司は思っていたより美味しかった おんぷsan

和のスィーツも種類がいっぱいあって、大満足
ルネッサンスリゾート・オキナワ   ルネッサンスリゾート・オキナワ  

恐ろしいことに数えたらひとりで7種類も食べてました(^^;)
ルネッサンスリゾート・オキナワ   ルネッサンスリゾート・オキナワ   

ルネッサンスリゾート・オキナワ   

このロイズの料金は大人ひとり4400円でブセナのラ・ティーダと同じくらい
ここでも夫が頼んだフルボトルのワインは、安いのは4000円くらい
こちらも大変リーズナブルでした。
ただしこのロイズは海が見えたりはしませんので、その点ご注意下さい
http://www.renaissance-okinawa.com/restaurant/loys/dinner01.html?7
ロイズは2階にあるので、2階の廊下にあるお土産物売店と
1階にあるちょっと大きめのショップを見て回る
ルネッサンスリゾート・オキナワ   

義母と母は、それぞれに絵はがきやトンボ玉のアクセサリーをアレコレと悩んで
記念に買って楽しそうにしていた。

夕方すでに山田スパに行ってきた夫は、もうすでにリラックスモードだが
私はせっかくの温泉なので、食休みしてから義母と母と一緒に行くことにする。

ホテルにはちゃんとタラソテラピーのコーナーもあるが
山田スパにも40分5000円という手軽なリラクゼーションマッサージもあるので
3人で申し込もうと思ったが、流石に予約でいっぱいで
1番早くても23時からのご案内と言われたので諦めることにする。
マッサージするなら早めに予約しなくちゃね~

shopをのんびり見て歩いて部屋に戻ってみたら
ちゃんとターンダウンされていて
枕元にパジャマと飲料水が用意されていた
お昼のベッド           → ターンダウンされたベッド
ルネッサンスリゾート・オキナワ  ルネッサンスリゾート・オキナワ   

義母と母と3人で山田スパへ行くと結構混んでいたが
なんとか洗い場は待たなくても使えるくらいだった(20人分くらいあるかなぁ・・・?)
両方行ってみた夫の話によると、
ブセナテラスの浴場より3倍くらいの広さだったそうだ。
バスタオルも小さいタオルも、山積みされていて自由に借りられた。

温泉にも入って、義母と母はすっかりおやすみモードになった。
明日の朝食をルームサービスでお願いすることにしたので
そのメニューチェックシートを持ってラウンジへ行った
ラウンジはエレベーターホールのすぐ前にある
ルネッサンスリゾート・オキナワ    ルネッサンスリゾート・オキナワ   

ちょうどカクテルタイムでクラブサービスオフィーサーの方が
「チョコなどもいかがですか?」と勧めて下さり
寿司バーでお腹いっぱいなのに、つい食べてしまった(^^;)
ルネッサンスリゾート・オキナワ    ルネッサンスリゾート・オキナワ   

グリーンの飲み物は、
ウエルカムドリンクでも出していただいて美味しかったゴーヤのジュース
フレッシュなゴーヤにパイナップルにレモンを加えてあるそうだ。
ルネッサンスリゾート・オキナワ    ルネッサンスリゾート・オキナワ    

ルネッサンスフロアーでは5種類の枕から好きな枕を選べるので
ついでにテンピュール枕をお借りするようにお願いする。
ホテルの枕ってどこでも必要以上にふかふかに膨らんでいて
筋緊張性頭痛がある私にはいつも寝苦しく、外して眠っているので
テンピュール枕を借りられるのは実はすごくありがたい。

部屋のバルコニーからの夜景がまた、言葉にならないほど綺麗
ルネッサンスリゾート・オキナワ     

波の音があまりにも心地よいので
カーテンを少し開けて、窓を開けたまま眠ることにした
                                  朝食編につづく web拍手 by FC2
スポンサーサイト




 沖縄旅行2日目?ルネッサンスリゾート~ホテル内散策編~
2008年04月13日 (日) | 編集 |
義母と母が
「ジンベイザメすごかったわね~」
と美ら海水族館の感動を語らいつつ部屋で休憩している間に
夫とホテル内散策

先ずは11階にある部屋を出て吹き抜けから1階のロビーを見たところ
左側がホテルの正面玄関側
ルネッサンスリゾート・オキナワ   ルネッサンスリゾート・オキナワ  

玄関と反対側の壁一面がガラス窓で、どこからでも海が見える
左の写真は11階から撮ったもので
右の写真は2階から見上げるように撮ったもの
ルネッサンスリゾート・オキナワ   ルネッサンスリゾート・オキナワ  

散策の後、食事の前に温泉に行く夫と、先ずは「山田スパ」の位置を見学(2階)
『温泉の少ない沖縄にあって、大正時代に自然湧出が発見され
 古くより愛されてきた由緒ある温泉』だそうだ(^o^)
下の写真は男湯と女湯の入り口の間にある休憩所(?)
http://www.renaissance-okinawa.com/relaxation/yamada/index.html
ルネッサンスリゾート・オキナワ  

こちらは男湯の入り口 右は女湯
ルネッサンスリゾート・オキナワ   ルネッサンスリゾート・オキナワ  


山田スパの位置を確認したところで、1階に降りて外に出る
外へのドアの前にマリンメニューの申し込みカウンターがあって
女性のスタッフが2人受付をしていた。
ここで、ドルフィンメニューやクルーズなどの予約をするようだ。

そのカウンターを通り過ぎて外へ出ると
板張りの遊歩道と売店があり、
浮き輪やビーチ用品を販売していたルネッサンスリゾート・オキナワ  

このボードウォークには、ワゴンの売店があり
シーサーやキャンドルを作る体験ができるようになっていた。
キャンドルを作るパーツなんてどれも可愛くて、作ってみたくなる
ルネッサンスリゾート・オキナワ  

板張りの遊歩道の前はもう白い砂浜で、カワイイベンチがそこここに点在している
ルネッサンスリゾート・オキナワ  

砂浜の間にも遊歩道   ん~素敵 アップロードファイル
ルネッサンスリゾート・オキナワ   

こちらは屋外プール
本日は曇りで気温もあまり高くないので、夕方のこの時間では誰もいなかったが
3時~4時の頃はプールサイドのデッキチェアーにくつろいでいる人もいた
ルネッサンスリゾート・オキナワ    ルネッサンスリゾート・オキナワ   

ここはアンビルハウスというステーキとシーフードグリルのレストラン
ルネッサンスフロアー宿泊者だけココで朝食も食べられる
ルネッサンスリゾート・オキナワ    ルネッサンスリゾート・オキナワ   

11階の部屋から見てズームで撮ったアンビルハウス
ルネッサンスリゾート・オキナワ    

板張りの遊歩道の先に、海に突き出て建っている円錐形の屋根の丸い建物も
レストランが2つ入っているところ
ルネッサンスリゾート・オキナワ   

グラスボートやサンセットクルーズなどの船着き場
ルネッサンスリゾート・オキナワ    ルネッサンスリゾート・オキナワ   

ビーチに沿って遊歩道を歩いていくと、突き当たりがチャペルで
この日も翌日も結婚式を挙げたカップを見かけた(^o^)
ルネッサンスリゾート・オキナワ    ルネッサンスリゾート・オキナワ   

結婚式を挙げた新郎新婦は、このオープンカーに乗って
チャペルから海沿いの遊歩道をホテルまでパレードしていた
こういうホテルでの結婚式も素敵~
ルネッサンスリゾート・オキナワ     ルネッサンスリゾート・オキナワ    

この日は風が強くて、プライベートビーチのビーチパラソルは閉じられ
椅子はあらかじめ横に倒して置かれていた。
ルネッサンスリゾート・オキナワ    

よくガイドブックの表紙になっている
白と紺のパラソルが並んだ絵はがきのようなビーチが見られなくて残念(>_<)

夕食前に山田スパに出掛けた夫と2階でわかれ
私は部屋に戻って、飽きずに部屋からの景色と波の音を楽しんでいた
ルネッサンスリゾート・オキナワ 

                                  
                                         夕食編につづく web拍手 by FC2

 沖縄旅行2日目?ルネッサンスリゾート~チェックイン&お部屋編~
2008年04月13日 (日) | 編集 |
美ら海水族館からルネッサンスリゾート・オキナワまでは1時間半足らずだった。
恩納海岸を昨夜泊まったブセナテラスから、マリオット、かりゆしビーチ、
万座ビーチ、リザンシーパーク谷茶ベイなど
建ち並ぶリゾートホテルを通り、一番南にあるのがルネッサンス。
恩納海岸と読谷村の境くらいの位置だ。

ブセナテラスが国道から長いアプローチを通ってホテル正面に着くのとは違い
ルネッサンスはすぐ国道沿いに建っている

入ってすぐに11階まで吹き抜けになったロビーがあり
トロピカルな木の上にカラフルなオウムが2羽止まっていた
このオウムはご機嫌が良いと挨拶くらいのお喋りはしてくれるそうで
「コンニチハ」と話しかけたら、ちょっと間をおいて
「コンバンハ」と返事してくれた(^^;)
ルネッサンスリゾート・オキナワ ルネッサンスリゾート・オキナワ 

フロントはこの1階にあるのだけれど、
最上階のルネッサンスフロアーのルネッサンスツインという予約なので
そのままベルボーイさんと一緒に11階のクラブラウンジへ向かい
そこでウエルカムドリンクのゴーヤジュースをいただきながらチェックイン
ルネッサンスリゾート・オキナワ 

http://www.renaissance-okinawa.com/re_style/re_floor/index.html
ラウンジの外のテラスからの景色が素晴らしく
イルカのいるドルフィンプールでは、イルカが跳ねているのがよく見える
素晴らしい!!期待以上の素敵な景色だった

ちょうどラウンジではアフタヌーンティのサービスタイムだったので
そのままお部屋に案内していただく前に早速ご馳走になる
ルネッサンスリゾート・オキナワ  ルネッサンスリゾート・オキナワ 

バターロールやバゲットのサンドイッチ、スコーン、焼き菓子
タルトにムースにチョコレート・・・・・・どれもとても美味しい アップロードファイル
今朝ブセナテラスで朝食ブッフェを食べ過ぎて、お昼を食べていなかったので
ちょうど良い具合にアフタヌーンティを楽しむことができた ハート

車椅子をお借りしていたため、
ちゃんとエレベーターやラウンジからすごく近くのお部屋をご用意していただいていてありがたい。

ルネッサンスリゾート・オキナワ 

お天気がイマイチだったのと、カーテンが閉まっていたのとで
入ってすぐの写真はちょっと暗めに写っているけど。(^_^;)

2部屋隣り合わせだったが、カラーコーディネイトが違っていて
私たちの部屋はブルーを基調にしたベッドやソファーで
ルネッサンスリゾート・オキナワ  ルネッサンスリゾート・オキナワ 

義母と母の部屋は黄色が基調だった
ルネッサンスリゾート・オキナワ  ルネッサンスリゾート・オキナワ 

お風呂はごく普通の感じだが、アメニティはロクシタン
ルネッサンスリゾート・オキナワ   ルネッサンスリゾート・オキナワ  

洗面所が結構広くて使いやすい
鏡の前の椅子が重宝しました
ルネッサンスリゾート・オキナワ   ルネッサンスリゾート・オキナワ  

アメニティも充実
ルネッサンスリゾート・オキナワ  

ラウンジでドリンクはいつでもサービスしてもらえるのだけれど
お部屋のお茶も種類が多くて充実していた
ルネッサンスリゾート・オキナワ   ルネッサンスリゾート・オキナワ  

冷蔵庫の中は有料
ルネッサンスリゾート・オキナワ

スリッパの他にビーチサンダルまであった
ルネッサンスリゾート・オキナワ 

そして、これがテラス!!
ルネッサンスリゾート・オキナワ

テラスからの素晴らしい眺め
ルネッサンスリゾート・オキナワ  ルネッサンスリゾート・オキナワ 

すぐ下の眺め
ルネッサンスリゾート・オキナワ  ルネッサンスリゾート・オキナワ 

テラスの柵に鳥が遊びに来ていた
ルネッサンスリゾート・オキナワ  ルネッサンスリゾート・オキナワ 

あまりにもテラスからの景色が素敵でしばし立ちつくしてしまいました。
昨日のブセナテラスも素敵だったけど、ルネッサンスも期待以上に素敵(*^_^*)

ホテル内散策編につづく

web拍手 by FC2

 沖縄旅行2日目?美ら海水族館はバリアフリー
2008年04月13日 (日) | 編集 |
本日は元々のこの旅行の目的地・美ら海(ちゅらうみ)水族館へ。
カーナビに目的地設定すると、ブセナテラスから約1時間との表示。
あれ?そんなに遠かったっけ?(^^;)

前回夫と末っ子と来た時にネットで調べたら
水族館の入場料1800円が、高速道路を終点の許田インターで降りてすぐの
道の駅許田に、20%くらいオフの割引券が販売されているとのことだったので
今回も道の駅許田に割り引き入場券を買いに寄る。

ここはお土産物もいっぱいの大きな道の駅なので
ひっきりなしに車が立ちより駐車場が混み合っている。
少し離れた駐車場ならすぐに入れるが、
義母や母がいるのでできればパパッと買ってすぐに出発したい。
で、私だけ車から降りて、入場券だけをさっと買って
駐車スペースを探してぐるぐる回っていた車に即乗り込む。

でもね~何もココで買わなくても
そこから水族館までの道沿いのコンビニやお土産物のお店など
少なくとも5軒や6軒は
『水族館割引入場券あります』って看板が立っていた orz
許田で買い物をするなら許田で買えばいいけど
(お土産はいっぱい置いてあるし
 ドラゴンボールっていう名物のお菓子もあるし、時間に余裕があれば寄っても楽しいです)
特に買い物がない場合は、その先のコンビニで買う方が車を停めるのが楽です、はい。

水族館のHPのバリアフリー情報を調べてきたら
あらかじめ電話でお願いしておけば、車椅子の必要な人は
特例的に先導車の後から、水族館に近い入り口まで車で行けるとのこと。
前回来たときの記憶では、中央の駐車場から水族館までは
広い海洋博記念公園内を、ちょっと長めに歩かなければならなかったので
よっぽど電話で特例のお願いをしようかとも思ったが
各ゲートの車椅子の数まで書いた地図がそのページに載っていたので
とりあえずゲートまで普通に行ってみることにした。

地図で見て、水族館に一番近い北口ゲートから行くと
ちゃんと車椅子用の駐車スペースが結構たくさん用意していただいてあって
電動の(手動にも切り替えできる)車椅子をお借りできて
水族館までの移動は簡単にできて、大変助かった(^o^)
http://www.kaiyouhaku.com/barierfree.html

下の写真は、水族館の入り口側から、
オキちゃん劇場(イルカのショーがあるプール)や海の方を見た景色
美ら海水族館 美ら海水族館

こちらはイルカのショーと、そのオキちゃん劇場から水族館を見た景色
美ら海水族館 美ら海水族館

とても綺麗で立派な建物や、気持ちの良い回りの風景ももちろんだが
やはり義母と母が大感動していたのは世界最大級の水槽に
巨大なジンベイザメが悠々と回遊する『黒潮の海』だった
美ら海水族館 美ら海水族館

この水槽を見るのは2度目である夫と私も
やっぱりこの圧巻な光景には、しばらく我を忘れて見入ってしまった。

義母も母も大満足した美ら海水族館。
人が多い場所で車椅子を押す難しさで、ちょっと疲労気味の夫と私は
予定より少し短い滞在時間でここを出発することにした。
ベビーカーのご家族もすごく大変だよね、きっと。

でも、車椅子貸し出しの係の方にも大変親切にして頂き
覚悟していたよりはずっと楽に見学することができてとてもありがたかった。

ということで、今日の宿泊先「ルネッサンスリゾート・オキナワ」へGO!
web拍手 by FC2

 沖縄旅行2日目?憧れのザ・ブセナテラス~朝食・ラ・ティーダ&チェックアウト編~
2008年04月13日 (日) | 編集 |
朝、目が覚めたら激しい雨の音 雨

今日は義母の希望『美ら海水族館』へ行く予定。
水族館内は雨でも大丈夫だけど、海洋博記念公園内にある水族館は
以前行ったときに広い公園を駐車場から結構歩いた記憶があるので
車椅子を押して雨の中を移動するのは大変だなぁとちょっと不安になる

夫は夜も早寝だが、朝もすごく早起きなので
昨日私が探険したバニアンビレッジやプールなどすでに散歩してきたそうだ。アップロードファイル

例によって朝寝坊な私がのんびり起きて準備を済ませたら
あっというまに8:30を過ぎていた 汗
朝食も昨夜と同じラ・ティーダに行くことにする。

夕暮れの時間は予約しないと入れないとクチコミで読んで、前もって予約して行ったが
まだビーチのシーズンには早かったせいか昨夜はガラガラだった。
だけど、9:00少し前のこの時間の朝食のラ・ティーダはとても混んでいた。
すぐ隣にある和定食・真南風にも人が並んでいたので
夕食より朝食が混むようだ。
名前と人数を伝えてしばらく待っていたザ・ブセナテラス

朝市のお知らせの看板が立っていた

下の写真は2階にあるラ・ティーダの下に見える1階の「シュガーケイン」というパブ??
ザ・ブセナテラス


10分あまり待って案内される。
今日は雨なのでテラス席が使われていないため、
席数が少なくて混んでいるというのもあるみたい。

朝食のメニューは夕食よりはやはり品数も少ないし内容も軽めだが
ジュースだけでこのラインナップはすごい!
ザ・ブセナテラス ザ・ブセナテラス

沖縄のホテルは朝食付きのプランのところが多く
ブッフェ式の朝食の時は、この具を選べて目の前で注文してから焼いてくれる
オムレツがウリになっている
ザ・ブセナテラス ザ・ブセナテラス

フルーツやヨーグルトはいっぱいあったが、デザートはなかった。
でも、オムレツの隣の鉄板で焼いているパンケーキがすごく美味しかった
バターにメイプルシロップにハチミツにジャム、トッピングもいっぱい アップロードファイル
ザ・ブセナテラス

朝食をのんびり食べているうちに、雨は次第に小降りになり
食事を終えて席を立つ頃にはほとんどやんでいた
ザ・ブセナテラス ザ・ブセナテラス

ザ・ブセナテラス

雨が降っていたとは思えない海の美しい色
ザ・ブセナテラス

部屋に戻るともう10時も近い。
ものすごく名残惜しいけれど、チェックアウトしなくちゃならない。

ザ・ブセナテラス 

上の写真は部屋のキー
この魚のキーホルダーが可愛くて、ブセナテラスの旅行記ブログを読むと
何度もいろいろな人が写真をUPしている。
ホテルのスーベニアショップにあって、買うと何千円かするらしい。

だけど~~~~~
1部屋にキーが1個じゃ本当に不便です~~~~~
大浴場に行ったカップルや夫婦はどうするんです?!
一回一回フロントに預けるなんて面倒でできないぞ!!

翌日のルネッサンスもそうだったけど、沖縄のリゾートホテルってみんなそうなの??
この沖縄旅行中、不満だったのはこのキーが1個しかないってことだけだったよん。


義母と母の写真は余裕があれば何枚か撮ったが
夫と私の写真がまだ1枚もないことに気が付き
ロビーで結婚式の準備に余念のない忙しそうなスタッフの女性に
申し訳ないと思いつつ、シャッターをお願いする
ザ・ブセナテラス 

「全然大丈夫ですよ」と、にこやかに応じていただき
「景色の方向を変えて、もう一枚お撮りしましょう」と、優しいお言葉。

最後まで、本当に心地よく気持ちよく過ごすことができました。
ありがとう!ブセナテラス ハート

義母の憧れの「美ら海水族館」目指して出発 web拍手 by FC2