fc2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
“お供deマイル”GET(^_^)v
2010年05月31日 (月) | 編集 |
少し前に夫が
「今年の秋で期限が切れるJALのマイルがあるんだよね」と言っていた。

「旅行に行きたいのはヤマヤマだけど、チビネコが。。。
 私のANAのマイルも5万マイル貯まっているんだけど」

「ネコがいたって、1泊の旅行くらい行けるよ。
 息子たちやばあちゃん(近所に住む実家の母)に頼んで行けばいいんだから」

ん~

私はチビネコを置いて行くのが気になって、
その時はどうにも「よし!」って気分にはなれなかったけれど
しばらく考えているうちに
1泊2日くらいなら、まぁ大丈夫か・・・?と思えるようになってきた。

で、夫に
「お供deマイルが取れたら、沖縄に行く?」と、言ってみた。

夫はパッと顔を輝かせて
「沖縄!いいね!
 それならホテルはいいところに泊まろう。
 多少高くてもいいよ!誕生日プレゼントに僕が出すから。
 6月は誕生日があるから、神戸旅行にでも誘おうと思ってたんだよ」

と、言ってくれた(*^_^*)

早速JALのHPを見てみると、
以前は搭乗の2週間前の9:30がお供deマイルの予約スタートだったのに
いつの間にか2ヶ月前から予約可能になっている\(ΘoΘ)ノ

で、当然週末の便は行きが空いていても、帰りが埋まっていたり
行きも帰りも空いてなかったりで、簡単には取れない。


しか~し

前回の沖縄旅行で学習した
“お供deマイルは満席表示になっていても
 こまめにチェックしていれば、空席が出ることもある”という教訓を希望の光に
朝昼晩と何度も空席チェックに励んだ結果
無事に希望の便に空席が出現して、お供deマイルGET\(^O^)/

前回のお供deマイルとブセナテラス予約悪戦苦闘記はコチラ
http://anaheimmaingate.blog73.fc2.com/blog-entry-395.html

今回はホテルもいろいろ迷って、
前回行ったときにはまだできていなかった新しいホテル
恩納海岸にある SPA RESORT EXES を予約してみた

そんなわけで、6月の第2週末は沖縄旅行に行けることになった我が家♪d(⌒〇⌒)b♪

楽しみがあると、俄然元気が出てくるものだね

久しぶりによく晴れて、気温も快適な5月最後の日は
はりきってレンジ・換気扇周り掃除など、真面目に家事に励むのだった。

チビネコもお天気でうれしそう

チビネコ
web拍手 by FC2

北陸号・能登号
2010年03月12日 (金) | 編集 |
末っ子のところから帰ってきた日は3月12日早朝(7:10)で
JRバスはJR金沢駅のバスターミナルに着く。

バスを降りると、まだ通勤通学のラッシュには少し早い時間なので
金沢駅の前はまだ人もまばらだったけれど
大きなカメラを持った人や、脚立を持った人が数人歩いている

あ、そういえば。。。。
金沢上野間を走る急行・能登号と、
寝台特急北陸号が廃止になり、そのラストランが確か12日だったっけ。


北陸号には、長男が東京の大学に行ってから、何度か乗ったことがある。
去年も末っ子の入学式の時など、2回乗った。
東京への速達回数券か、首都圏往復フリー切符で
追加料金なしでB個室に乗れるので、結構気に入っていた。

北陸号の乗車した時の記事はコチラ
http://anaheimmaingate.blog73.fc2.com/blog-entry-652.html

北陸号は結構ファンがいるようで
上野駅に着くと、毎回2~3人は写真撮影をしている人をみかけた。
脚立や一眼レフの立派なカメラを持って。

急行・能登号には
大学4年の時に、横浜鎌倉へ友人4人と旅行に行った時に一度乗った。
4人が向かい合わせの固定した座席で、若かった身にも夜行は結構大変だった記憶がある。
でも、だんだん夜が明けて、上野に近づくとウキウキした華やいだ気分になったのも
忘れられない思い出だった。

我が家の長男は東京での大学の4年間
家に帰省してくるときは、ほとんどいつもこの急行・能登に乗ってきた。
夜行バスは眠れなくてツライし
ほくほく線と新幹線よりずっと安くて、空いているから
座席を占領して横になって寝て帰ることのできる能登が好きだったそうだ。
夜中に出て、朝に着くという時間帯も長男には良かったらしい。
(私もすごく好きだけど (^^))

北陸も能登も廃止になってしまうのは、ちょっと淋しいな。

この日のニュースで、何度も上野駅と金沢駅の映像が出ていた。

北陸・能登

さて、私の留守中、日中は近所に住む実家の母が時々様子を見にきてくれていたけれど
チビネコはやっぱり淋しかったようで
夫や次男が夜会社から帰ると、足にまとわりついて甘えていたらしい(^^)

帰ってすぐに洗濯に励む私にくっついて、一緒に外へ出て遊んでいたら
どこかから、同じキジトラのお友達?がやってきて
チビネコは慌てて追いかけて行った。(^^;)


チビネコ
web拍手 by FC2

MKバスでルミナリエ①
2009年12月12日 (土) | 編集 |
今年もルミナリエの季節になり
夫と一緒にまたMKツアーバスで出掛けることにした。

http://www.mktour.net/newpage2.html

2年前のルミナリエの記事はコチラ
http://anaheimmaingate.blog73.fc2.com/blog-entry-310.html

去年のジャズドリーム長嶋となばなの里の記事はコチラ
http://anaheimmaingate.blog73.fc2.com/?no=588

なにしろMKツアーの日帰りバスは格安でお手頃価格
神戸に行って帰って来るのに16時間
移動時間10時間に、滞在時間は6時間しかないけれど(^_^;)
なんと往復3800円!(去年までは3500円だった)

他の旅行社のツアーだったら、7800円~8400円というあたりが普通なので
MKツアーが激安なのがわかるでしょ~

でも今年は不況の影響で、去年までは10台くらい出ていたバスが
今年は4台しかでないんだって。。。。


MKバス

MKバス MKバス

相変わらず、国際線のエコノミークラス並みにシートピッチが狭いけど(^_^;)

息子たちには朝食を準備しておいてきたけど
夫と私は旅行気分満喫で、金沢駅西口コンビニ奥の「the むすび」のおにぎりで
バスの中で朝食。バス遠足みたいでウキウキ

the むすび

さて、8:00出発のバスが、神戸に着くのは13:00の予定 

MKバス

web拍手 by FC2

ひたすら移動
2009年07月17日 (金) | 編集 |
関空ではスタバでコーヒーを買い求め
次男に朝食を作るついでに、作って持参してきたロールサンドの朝食を食べ
相当早めに出発ゲート前に行き、ガイドブックを眺めて待っていたら
思いの外3時間ほどの待ち時間はあっという間に過ぎていた。

10:50 ANA NH175離陸

座席は2列 3列 2列 と、小さめの機体だけれど
パーソナルモニターがちゃんと付いていた(@_@)
映画のタイトルも結構たくさんあった。

ANA NH175

せっかくのパーソナルモニターを使う余裕もなく爆睡していたら
離陸して1時間後あたりに、おつまみのナッツとドリンクのサービスが始まる。

私はオレンジジュース
夫はワインの小瓶をいただき、一気にリゾートモードに突入(^^)

ANA NH175

さらに1時間後くらいで、昼食サービス

私は冷やしジャージャーメン         夫はビビンバ
鶏の唐揚げと小海老のサラダ、プリン   韓国海苔と温泉卵付き

ANA NH175 ANA NH175

食後もさらに爆睡してしまって
パーソナルモニターの恩恵を被る暇がなかった(^_^;)

飛行時間4時間弱の予定だったけれど
予定時刻より40分ほども早く香港国際空港に到着

ANA NH175 ANA NH175

香港市内に入らずに、直接マカオへ行くフェリーに乗ると
入国審査が1度ですむし、何度も乗り換えなくてもいいので楽だと教えてもらって
事前にネットで予約してあった、ターボジェットというフェリーにチェックインする。

関空でスーツケースを預けた際にもらった荷物タグを
フェリーのカウンターで提示すると
フェリーの係の方がターンテーブルからスーツケースを探してきてフェリーに載せてくれる。

ターボジェット

入国審査を受けていないので、制限区域だけしか動けないけれど
香港空港を探索(^^)
免税店やブランドショップなど、お店がいっぱい
レストランもフードコートもある。

先ずは、日本円を香港ドルに換金。
友達に、香港市内の方がいっぱい両替所があって、レートもいいと聞いていたけれど
夫が何度も両替するのは面倒だから、多少レートが悪くても
空港で1度に替えてしまおうというので、ここで。空港内にも何カ所もあった。

香港国際空港 香港国際空港

笑ったのはコレ

香港国際空港

下から3番目
香港ディズニーランド奇妙店
奇妙店って・・・(^_^;) そっか!マジカルってことなのね。

喉が渇いたので、フードコートでジュースを購入
コレ、香港ではどこにでもあるメニューのスイカジュース
本当にすいかを搾ったような味で、ちょっと生臭いというか青臭いけどまぁまぁ美味しい

香港国際空港

乗船の時間になり、フェリーの出発ゲートに移動
そこからバスに乗ってフェリーターミナルへ。

ターボジェットの真ん中が空洞になって、海上に浮いているのが見えますか?

ターボジェット ターボジェット

フェリーの埠頭から、鉛筆みたいに細長いビルが林立しているのが見えた。

香港

何かなと?思っていたけど、高層アパートだった(@_@)

マカオへ向かうフェリーはすごく揺れると聞いていたので
子どもの頃以来の酔い止め薬を飲んだけれど
覚悟していたほどには揺れずに、無事に50分あまりでマカオに到着
web拍手 by FC2

お迎えは午前3時(^^;) @空港ジャンボタクシー
2009年07月17日 (金) | 編集 |
箱やカバンに入るのが大好きなチビネコは
私が旅行の準備をしていると、早速スーツケースに入ってまったりしている(^_^;)

チビネコ チビネコ

国際線は2時間前にはチェックインしなくちゃならない。
関西国際空港からの午前中の便に乗るので
午前8時に金沢から関空に着いているためには
夜行バスで大阪まで行って、そこから関空まで電車に乗るか
さもなければ前泊しなくちゃならないところだけれど

以前グアムに行くときにセントレアまで利用させてもらった
空港ジャンボ乗り合いタクシーにお願いすることにした。

http://chuokoutu.com/air.html

ここ最近のガソリンの値上がりで、以前よりは多少値上げしていたけれど
自宅の前まで迎えに来てくれて、スーツケースも1人1個までなら無料
帰りも到着便に合わせて迎えに来てくれて、自宅まで
こんなに楽な交通手段はスバラシイ(^O^)

8時くらいまでに関空に着くために、お迎えは午前3時(^^;)

いつもの夜と様子が違う私と夫にチビネコは何かを察して
夜が更けるに従ってなんだか落ち着かない様子になってくる。

大雨が降る午前3時
お迎えのタクシーが来て、玄関に行くと
チビネコがただならない鳴き声で鳴き始める。

ごめんねチビネコ
5日間だけ行ってくるね
お兄ちゃんたちやおばあちゃんと元気で待っていてね スホトラヨテヲ、キ、ニ、ッ、タ、オ、、

夫に
「ネコどうしているかなぁ・・・って、そればかり言うなよ。
 旅先じゃどうすることもできなんだから」
って、釘を刺されているので
お互いに、内心気にしながら、タクシーに乗り込んでからは
チビネコの心配は禁句。

帰ったら、またいっぱい可愛がることにして
ココからは楽しい旅行をしなくちゃね(^^) せっかく行くんだもの。

乗り合いタクシーは、最大8人まで乗り合いなのだけれど
まだ夏休みにはちょっと早い平日だからか、夫と二人だけの貸し切りで
本当に気楽で快適だった(^^)

空港ジャンボタクシー 空港ジャンボタクシー

空港ジャンボタクシー 空港ジャンボタクシー

途中3回のパーキング休憩があり
3回目の時はすっかり朝になっていた。
空港ジャンボタクシー

予定より40分ほど早く関空に到着
まだ旅はやっとスタートラインにたったところ

関西国際空港 関西国際空港
web拍手 by FC2

B寝台とB寝台個室で行こう
2009年04月01日 (水) | 編集 |
引っ越しの荷物が搬入されるのが2日の午前なので
1日の夜行というか、寝台列車で東京へ向かうことになった。

金沢から東京へ行くJRのトクトク切符は
?首都圏往復フリー切符 22300円
  ほくほく線と上越新幹線を乗り継ぐ往復切符で
  東京滞在中の関東近郊のJR線乗り放題
?速達回数券
  同じくほくほく線と新幹線を乗り継ぐ切符で
  片道6回分(つまり3往復できる)63000円
この2つがお得で、双方座席指定込み。変更1回目無料

この2種類の切符だと、寝台特急北陸号に限って
追加料金ナシでB寝台とB寝台個室が利用できる。

アパート探しに出掛けた時の夜行バスにすっかり参った末っ子が
もう夜行バスで行くのは嫌だというので (←なんて軟弱なんだろう ^^;)
今回は速達回数券を購入して寝台で行くことにしたのだった。

が、あまりに直前過ぎたので、B個室は1室しか空きがなく
ひとりは普通のB寝台を指定してもらった。

私は寝台個室には乗ったことがあるので、
今回は末っ子に個室を譲り、普通のB寝台に乗ってみることに。

以前のB寝台個室の記事はコチラ
http://anaheimmaingate.blog73.fc2.com/blog-entry-3.html

先ずはカードキー付きでちゃんと施錠できる個室に荷物を入れ
「眠いから早く行ってよ」と、即末っ子に追い出される(^_^;)

B寝台個室

初めての普通の寝台車に、ちょっとドキドキ
でも、4月に入って、しかも平日なので個室は満室でも普通寝台はガラガラの様子
2台の2段ベッドが向かい合わせに1つのボックスっていうか区画になっているけれど
そのベッド4台分の1区画に私1人だけだった。ほっ(^^)

B寝台 B寝台

B寝台 B寝台

通路には個室の車両と同じように、引き出し式(跳ね上げ式?)の椅子があった。
各ベッドにはちゃんと浴衣もある。ハンガーも。枕灯も。

ちなみに・・・・・
数日後、入学式に行くときに、私も寝台個室で行った。
その時の画像がコチラ

B寝台個室

2階の部屋だったので、1階の個室と個室の間にある階段を登る

B寝台個室 B寝台個室

B寝台個室 B寝台個室

車両の端っこには洗面所

B寝台個室

300円ちょっとで利用できるシャワールームは2室
シャワールームのすぐ前には待合室風の椅子があった
B寝台個室 B寝台個室

6時過ぎに上野に着いたら、やっぱり眠れなかったと、冴えない顔の末っ子(^^;)
本日は末っ子は大学でガイダンス
私はアパートで引っ越し荷物の搬入&荷ほどき
年度末で、仕事が忙しい夫が来られないから、末っ子と2人で頑張るぞ~(^-^) web拍手 by FC2

得意の夜行バスで東京へ
2009年03月21日 (土) | 編集 |
なかなか行く先の決まらなかった受験生の末っ子だけれど
国立後期の発表があって、結局東京の私立大学に行くことに決定した。

ひとり暮らしをもともと希望していた長男次男と違って
自宅から地元の国立に行きたかった末っ子は
センター試験が思うようでなくて
前期も後期も第一希望ではない国立に願書を出していたので
実を言えばセンター後からは、すっかり受験のモチベーションが下がっていた。

なので、合否自体はセンター試験後ほど落ち込んでいるようでもなかったけれど
一番行きたくなかったのが都会・・・東京だったので
東京に行くことになって、相当不安そうで、ローテンションだった。

でも、そんなことを言っている場合ではない
後期の発表後にようやく決まった行き先なので
大急ぎでアパート探しに出掛けなければ。
もう便利だったり、価格がお手頃だったりという
条件のいいアパートは埋まってしまっているかも・・・・ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

というわけで、国立後期の発表の夜には
夜行バスに飛び乗って(まさにそんな感じ ^^;)
東京に向かったのだった。

JR西日本バス JR西日本バス

3連休の中日とあって、あらゆる金沢から東京に向かう夜行バスの中で
唯一奇跡的に2席空席があった、JR西日本バス7840円
3列シートの快適バスで、最後尾だったのでリクライニングも気楽にフルで使えた
(他社の夜行バスは4列シートなら4000~
 3列でも6000円くらい。だから空席がなかったのだろうけど)


一番末っ子が望んでいた場所ではなかったけれど
彼が行くことになった場所が
きっと彼を一番待っていてくれる場所

末っ子のこれからの4年間が、
どうぞ楽しく幸福で実り多い日々でありますように。。。。。。 web拍手 by FC2

得意なジャンル・夜行バス
2008年06月26日 (木) | 編集 |
金曜の10時からのオリエンタルランドの株主総会に出席するためには
当日の飛行機やJRでは時間的に無理があるので
大好きな夜行バスで木曜夜に出発することに急遽決定。

けれども、あまりにも直前に迫っていたので
ひとり分ずつのシートが3列の快適バスはすでに満員だった 
以前に乗ったウィラーエキスプレスの快適シートの記事はコチラ
http://anaheimmaingate.blog73.fc2.com/blog-entry-140.html

ネットで夜行バスを検索してみたら
金沢・富山発で東京エリアに行くバスは、思ったよりいっぱいあった(^o^)
http://travel.rakuten.co.jp/bus/list/1016.html

行き帰りは違うバス会社になった上に
行きはTDR(東京ディズニーリゾート)まで行くバスだが
帰りはTDR発がどこも取れなくて、東京駅の八重洲口発になったけれど
なんとか座席を確保
3列シートじゃないけど、リクライニング角度は大きめ。
4列ゆったりシートという5000円(4列スタンダードだと4300円~)
それに最近の夜行バスは
「女性安心」と銘打って、ひとりや奇数グループの女性のために
隣の席は同性にするように配慮するとのことなのでホッ 

で、行きは幌付き座席のバスだった
ウィラーバス

この幌、ちょっとスグレモノだった(^^)
でも、このバスは少し車体が古いのか、なんとなく汗くさい匂いが気になった。

 ちなみに帰りに乗ったキラキラ号4列ゆったりシート・東京駅八重洲口発6000円
 (金曜発はどこも1000円UP)
 こちらは綺麗で快適なシートだった(^_^)v

 朝になったらTDRに到着しているバスなんて、ステキでしょ  web拍手 by FC2

北陸道昼特急大阪号に乗って笹倉鉄平原画展@神戸へ
2008年04月05日 (土) | 編集 |
昨年神戸でルミナリエを開催していた時期に
大好きな画家・笹倉鉄平の西宮にある「小さな絵画館」に行った。
その時の記事はコチラ↓
http://anaheimmaingate.blog73.fc2.com/blog-entry-310.html

その小さな絵画館から、神戸そごうで笹倉鉄平原画展が開催されるという案内の葉書をいただいた。
公式HPでは作家来場予定と書かれてはいたが時間まではわからなかったけれど
いただいた葉書には来場の時間まで書かれていた。

見たい!
原画が30点、版画が100点
そんな大規模な個展は金沢では開催されるわけがない。

小さな絵画館で何点かの原画を見て思ったのだが
シルクスクリーンでもすごく素敵だと思っていた絵が
原画だと、その質感が全然違うのだもの。

恐る恐る夫に「行かない?」とお伺いを立ててみると
5日の土曜は会議で出勤、6日の日曜なら・・・・・と一瞬付き合ってくれそうな感じだったが
「でも、新しく届いた本棚を組み立てて片づけないと
 僕の部屋は今足の踏み場もないし
 土曜が仕事なのに、日曜に日帰り神戸なんてハードなことをしたら
 来週の仕事が乗り切れない」
ということで、
ひとりで行ってきたら?と言ってくれたので
お言葉に甘えて、神戸日帰りひとり旅決行と相成った。

大阪までサンダーバードで片道3時間弱・往復15000円くらい
MKバスだと片道5時間弱・往復4000円
今回は北陸道昼特急大阪号というJRバスで行くことにした。
http://www.kakuyasubus.jp/kansai_hokuriku/hokuriku_dream/index.html
朝7:20に金沢駅を出て、大阪に12時過ぎに到着
往復7000円(ネット購入だとちょっとだけ割引あり)
MKバスより高いけど、シートがひとり席で広々なので疲れが軽減される。

土曜なのでまだ寝ている夫や息子たちの朝食やお弁当、夕食も作っていざ出発
MKバスだと西口出発だが、JRバスは東口バスターミナル発
JR金沢駅 JR金沢駅

ネットで購入したので、WEB乗車票というページをプリントして持っていく
3列のひとり席だけれど
進行方向に向かって左のA席とB席の間は少し狭めでBとCの間が少し広い
スリッパとブランケットが置いてある。
北陸道昼特急大阪号 北陸道昼特急大阪号

フットレストが、前の席の背と自分の席の下2方向から使えて快適
リクライニングの角度もなかなか深い
このバスにはネックレスともちょこっとあった(帰りの車体にはなかった)
北陸道昼特急大阪号 北陸道昼特急大阪号 

さて、日帰り神戸ひとり旅に出発 web拍手 by FC2

夜行バス・乗車中
2007年03月24日 (土) | 編集 |
プレミアムシートというブランケット&ネックピロー付きの一人席バス、
しかもコーヒー紅茶のサーバーまである快適な夜行バスに乗車中(^-^)
夜行バス・プレミアムシート

夜行バス・プレミアムシート 夜行バス・プレミアムシート


 北国観光という地元旅行社のウィラーエキスプレスというバス
http://www.hokkokukanko.co.jp/usr/servlet/jp.co.hokkokukanko.web.user.Detail?courseNo=C0000010

朝になったら舞浜に着いている予定♪
長男の大学の卒業式を見に東京へ向かってます。
なぜか舞浜着のバスだけど(^^ゞ

 ちなみに、金沢から東京に向かうには
?飛行機・小松空港→羽田空港(所要時間約1時間)
       
     正規料金は片道16000円ほど
     金沢⇔小松バス約1000円(所要時間約1時間)
     羽田⇔舞浜リムジン代も必要(所要時間約1時間)

?JR・ほくほく線&上越新幹線(東京まで所要時間約4時間)
     首都圏往復フリー切符(滞在中首都圏のJR乗り放題)で
     往復23000円

?高速バス(北陸鉄道)(池袋もしくは新宿まで所要時間約8時間)
     片道約7900円 往復約14000円 
     座席はシート広め、2席×2席 ブランケット有り

?HIS夜行バス(金沢大学前~富山大学経由~舞浜)
     片道 3500円~4500円 
     座席は狭め、2席×2席

以上が今まで私が知っていた舞浜までの移動手段だが
今回のウィラーバスのプレミアムシートは2席×1席でシート広め
おしぼりとネックピローがサービスでブランケット有り、
しかもコーヒー紅茶のサーバーがあって、6000円
すごくいいかも?!と利用してみました(^^)

ちなみに2席×2席のスタンダードシートだと4500円なので
HISのバスとほとんど同じ。
ウィラーが金沢駅発、HISは金沢大学のあるもりの里発

 私はもともと夜行バスって大好きなのだ(*^_^*)
夜に出発して、移動時間は睡眠、目が覚めたら目的地ってワクワクする。
夫は疲れるから夜行バスは好きじゃないそうなので
長男が卒業してしまったら、これからはもう夜行バスで東京に行くこともなくなるかも。
最後の(?)夜行バスはひとり席でゆったり東京へ向かっている。

web拍手 by FC2