FC2ブログ
 ありふれた日常の中で、小さな発見や、ささやかな喜び、そして悲しみを言葉にすることで、 明日への元気になるような日記が書けたらいいなぁ・・・
ちょっと横浜 と Emimag(エミマグ)
2019年03月27日 (水) | 編集 |
苛酷な引っ越しを無事終えて
温かいホテルでゆっくり眠ることができて
当初の予定通り帰る3日目

朝、
発券してあった末っ子の2日後の新幹線の切符を
ちょっと変更する必要ができて
町田駅へ行ったり、少々バタバタしたあと

まさか母が肺炎になるなんて思ってもいなかった時に
引っ越しの後次男のお嫁さんのMちゃんと
マゴのYくんチビMちゃんと
お昼を一緒に食べようと約束していたので
予定通り横浜駅で待ち合わせ

Yくんが喜ぶかな?と
シーバス乗り場に行ったら
お天気はいいのに強風のため運休で乗れなかった

横浜

横浜

残念 

タカノフルーツパーラーでランチ兼スィーツタイム

一体どんだけ好きなんだ、タカノフルーツパーラー(^^ゞ

Yくんが選んだワッフルのセット
タカノフルーツパーラー

みんなでつまんだクラブハウスサンド
タカノフルーツパーラー

お嫁さんのMちゃんと私はイチゴのパフェ
タカノフルーツパーラー

タカノフルーツパーラー

(一昨日に続いて、またコレを食べる私 (^▽^;))

タカノの入っている横浜高島屋のこども用品のフロアーで
チビさんたちと少し遊んで

YくんとチビMちゃん

あっという間に帰る時間になる

次は春休みかな?ゴールデンウイークかな?って言いながら
別れを惜しみつつ
東京駅に向かい、新幹線で帰路に就く

夕焼け


この日は夫が定期通院で薬をもらいに行ったりする日だったため
午後休みを取っているから迎えに来てくれるということで

金沢駅に夫が迎えに来てくれて

そのまま母のところへ行こうと思っていたら
駅に迎えに来る前に母の様子を見てきてくれたとのこと

相変わらず呼吸は苦しそうではあるけれど
酸素飽和度は低下しているわけでもなく
熱も落ち着いているとのこと

なので母のところへは
明日の朝早めに行くことにして

夫がEmimag(エミマグ)で
引っ越しご苦労様を兼ねて夕食を食べて帰ろうと言ってくれて
https://tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17006848/

今となっては、もう正確には何を食べたのか覚えてないけど

カルパッチョ風サラダかな?
Emimag(エミマグ)

鶏のから揚げ(油淋鶏??)
Emimag(エミマグ)

串の炭火焼き盛り合わせ
Emimag(エミマグ)

卵焼きのキノコあんかけだったかな?
Emimag(エミマグ)

焼きおにぎりかな?
Emimag(エミマグ)

Emimag(エミマグ)はなかなか美味しい(^-^)

とにかく無事に予定通りの日程で
引っ越しが終わって良かった

母が悪化せずに待っていてくれて本当に良かった

1週間後に末っ子の引っ越し荷物が届いたら
今度は家の中を大整理しないと。。。。。(^▽^;)
web拍手 by FC2
スポンサーサイト



Yくんの発表会を見に横浜へ弾丸旅行 ② 赤レンガ倉庫のクリスマスマーケットとみなとみらいの夜景 ~
2018年12月09日 (日) | 編集 |
午後からどこかYくんが遊べるところへ出掛けようと
お嫁さんのMちゃんと話していたのだけれど

今週ずっと残業で忙しかった、昨夜も遅かった
という次男が、一旦アパートでくつろいだら
なかなか動けなくなり

次男の復活を待っていたところ
「無理。そっちで行って来て。オレ寝てるし」と言う(^-^;

私   「夕食はどうするの?」
Mちゃん「お昼の残りが冷蔵庫にあるからそれを食べればいいよ」
次男  「みんなはどうするの?」
私    「そりゃ美味しもの食べてくるよぉ。ね~♪」
Mちゃん「ね~♪」
次男  「じゃぁ夕食から合流する。それまでに起きる」

ということで、
Mちゃんとマゴたちとお出掛け(^-^)

「そっちで行ってっていうなら、
 もっと早くそう言ってくれればいいのに」
と、Mちゃん。

だよね~(^-^;

「どこに行こうか?もう遠出するような時間はないしね」
「赤レンガ倉庫でクリスマスの何かやっているんでしょう?
 そこに行きましょう」

ということで、みなとみらい方向へ

電車に乗っている間に
朝から発表会で頑張って
帰ってからもずっと元気いっぱい遊んでいたYくんも
チビMちゃんも、眠くなってしまって
起しても起きない(^▽^;)

最初はチビMちゃんがベビーカー乗って
Yくんは歩いて(ほぼ走って)出発したけど
二人とも寝てしまったので
馬車道の駅で、Yくんをベビーカーに
チビMちゃんはママが抱っこ紐で抱っこへ


ワールドポータースの前を通って

みなとみらい

赤レンガ倉庫に向かうと、たくさんの人

赤レンガ倉庫

活気があって、とっても楽しそう(^O^)

赤レンガ倉庫

Mちゃんとふたりで
「わぁ~♪」と言いながらマーケットを見て歩く

赤レンガ倉庫

赤レンガ倉庫

夕食前だけど
せっかくなので、二人でちょっと『買い食い』を楽しむことに(^^ゞ

赤レンガ倉庫

ウィンナーシュニッツェルとクリスマスバームクーヘン
ホットタピオカミルクティとホットチョコレート

赤レンガ倉庫

こういうところでする『買い食い』って楽しいんだよね~(^-^)

クリスマスマーケットを堪能していたら
だんだんと日が暮れてきて、
ライトアップされたデコレーションがまた素敵だった

少し寒くなってきたのでそろそろ移動

赤レンガ倉庫

赤レンガ倉庫

通りかかったワールドポータースのベビールームに
チビMちゃんのオムツ交換と授乳に寄ると
ベビールームのあるフロアーは
巨大なおもちゃ売り場で
触って試せるオモチャがいっぱい!

ちょうどYくんも目を覚まして
チビMちゃんの授乳中に
パズルや幼児向けのコンピューターゲーム機などで
相当夢中になって遊んでいた(^^)

どこか夜景の見えるレストランで夕食を食べたいねと
Mちゃんとスマホで検索して吟味して
良さそうと思ったところに電話してみたけど
貸きりで満席と言われ

とにかく行ってみて考えようと
クィーンズスクエアの方へと向かい
次男ともそこで落ち合うことになった

けど、
手ごろで良さそうなところは予約で満席だったり
12月の土曜日に飛び込みで入れるお店がなかなかなくて

どうにか東急スクエアのバイキングのお店へ
2組待ちで入れてラッキーだった

プレミアム ビュッフェ
http://www.minatomirai-square.com/floor/detail.php?id=77

2階にあるお店だけど、ちゃんと夜景も見えたし
ファミリー向けのブッフェだったから
小さな子供がいるファミリーでも気楽に食事ができて
一時はディナー難民だったけど
結果なかなか良かった(*^^*)

みなとみらい

みなとみらい

「バス何時?」
「9:50だよ。でもチビさんたちのお風呂も寝る時間もあるし
 みんなはそろそろ帰った方がいいよ」
「バスまで何してるん?」
「おかーさんはひとりでいくらでもブラブラするから
 気にしなくていいよ!
 また年末帰って来るのを待ってるよ!」

ということで、食事のあと次男一家とはレストランで分かれて
ひとりでみなとみらいで夜景を楽しみ

みなとみらい

みなとみらい

みなとみらい

みなとみらい

思い立って、ランドマークタワーの展望台に上ってみた

みなとみらい

横浜の夜景はやっぱり素晴らしく素敵だった(*^^*)

みなとみらい

みなとみらい

みなとみらい

みなとみらいをあとにして
桜木町の駅から横浜駅に向かい

みなとみらい

夜行バスに乗って金沢に帰った

ちなみに、夜行バスは帰りは3列シートの窓側の席で
しかも3列と4列の境目で、またしてもフルリクライニングできて
かなり快適で、結構よく眠ることができた

ランドマークタワーの上で、夫にちょっとお土産を買って
自分用にもこんなキーホルダーを買ってきた(*^^*)

お土産

先週末、宮古島へ行っていて、義母のところへ行っていなかったので
義母がどうしているか心配で
夜行バスで帰ったその日のお昼に、面会に行こうと思っていたのに

施設から連絡があって

入居者の方でインフルエンザにかかった方がいらっしゃるので
施設から連絡するまで面会は控えて下さいと言われたΣ(=°ω°=;ノ)ノ 

こんなことなら
無理して往復夜行バスで帰ってこなくても
1泊して新幹線で帰れば良かったかも・・・・(^▽^;)


トラちゃんとライちゃん

トラちゃんとライちゃん

web拍手 by FC2
Yくんの発表会を見に横浜へ弾丸旅行 ➀ 久々に夜行バス そしてYくんの劇(^-^) ~
2018年12月08日 (土) | 編集 |
7日金曜の21:30に金沢駅発の夜行バスに乗るので
その日は家で夕食を食べて、片付けもしてから
留守中のネコたちの世話を夫に託して
少し時間に余裕をもって家を出発

早めに出て良かったよぉ~(; ̄ー ̄A

金沢駅の西口側(金沢港側)は
駅の駐車場だった場所にホテル建設中で
アチコチ閉鎖中なため
どっちへ行っても通行止めで
「え~じゃぁどこへ行けば立体駐車場に入れるの?!」と
唖然とするほどだった( ˘•_•˘ ).。oஇ

そして、そのため
未だかつてないほど周辺道路が渋滞していた∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

もうダメかもと一時はバスに乗り遅れるかと覚悟したほど

どうにかギリギリで間に合ってバスに乗車

ちなみに
写真は別の日に撮ったものだけど
金沢駅のコンコースには金箔キラキラのツリー設置中

金沢駅

金沢駅

今まで関東への夜行バスといえば
ディズニー方面行きか新宿&池袋行きに何度も乗ったけど

今回調べてみたら横浜行きというバスがあることを発見
都内移動しなくてもいいので
乗車時間は長いけどそれにすることにした

このバスはJAMJAMライナーというバスの
プレミアムコンビという
車両前方に3列、後方に4列シートを設置したコンビグレードの車両
http://jamjamliner.jp/bustype/71_jam_jbuscombi/#photo01.jpg

コンセント付、レッグレストと可動式ヘッドレストも備えているという
なかなか快適な車両だった

前方の3列シートの、残り1席というところで予約したため
真ん中の席で、ちょっと落胆したけど
(窓側の方がそれは寝やすいよね)

たまたま3列シートと4列シートの境目というか
3列シートの最後部だったため

後ろに座席がなくて
フルにリクライニングできる席で
とってもラッキーだった

バスシート

それはバスなので、
ベッドで寝るほど寝心地はいいというわけにはいかないけど
結構よく眠ることができて

思ったより長いと感じないで横浜駅へ到着

すっぴんにマスクして夜行バスに乗って
到着予定の30分前くらいに
バスの中でせっせとメイクをした(^-^;

新宿で半分以上の人が降りたので
近くの席に人がいなくて助かった

横浜駅

横浜駅

時間的に間に合うようなら
一旦次男家のアパートへ行って、一緒にタクシーで
発表会の会場へ向かおうということになっていたのだけれど
時間がギリギリだったので
現地集合することになった

現地集合なら、少し時間に余裕ができたので
武蔵小杉の駅でモーニングセットを食べた

武蔵小杉駅

武蔵小杉駅

クロックムッシュとコーヒーのセットを注文したら
サービスでバナナかヨーグルトか茹で卵を付けてくれるそうで
それで370円はスバラシイ

温かいクロックムッシュも美味しかった

武蔵小杉駅からタクシーで
発表会の会場(区民センター)へ

区民センター

区民センターの周りが車でいっぱいで
タクシーの運転手さんが
「何があるのかな。すごい混んでますね」とびっくりしていたけど
エントランス近くにはたくさんの人が並んでいた

区民センター

チビMちゃんを抱っこした次男にすぐに遭遇

「よう来たね。夜行バス往復って・・・・」と若干呆れ気味(^-^;

お嫁さんのMちゃんは
プログラム一番の劇に出るYくんと、同じクラスのお友達
そしてお友達のママたちと入り口付近で
衣装の準備などに忙しそうに奔走していた(^-^)

MちゃんやYくんが
幼稚園のお友達やママ友と
楽しそうにしている様子を見るのは初めてなので

東京で(正確には神奈川)
お友達に恵まれて
元気に楽しくやっているんだなぁと

そんな様子を見ることができただけでも
来た甲斐があると嬉しかった(*^^*)

Yくん

金沢で長男家のマゴのNちゃんの発表会を
今年の1月に見せてもらって
Nちゃんやお友達の可愛いお遊戯や劇を
とっても楽しませてもらった

Nちゃんのこども園は1学年1クラスの
こじんまりした園で
発表会は園の中のホールで
劇もお遊戯も先生方の手作り感満載だったので

幼稚園の発表会とはこういうものと思っていたけど

Yくんの幼稚園は1学年が5クラスもある
規模の大きな幼稚園で
発表会の会場は区民センターの大ホール

保護者は1家に3枚の座席指定券をもらって
見る場所が指定されている

それだけでもびっくりしたけど

さらに、劇は
声優の方がセリフを言っている
効果音やBGMもあるCD(?)が流れていて
そのCDに合わせて子どもたちが劇や踊りをしていた
ヽ(゜◇゜ )ノ

それぞれの幼稚園やこども園や保育園によって
いろんな形があるんだなぁとびっくりだった

Yくんは本当に一生懸命踊ったり歌ったり
頑張って「壁」の役を演じていて

感動しながらその姿をビデオカメラで追った

次男もMちゃんも
Yくんの演技する様子をすごく嬉しそうに見て
頑張っている姿に感心していた(^-^)


チビMちゃんがまだ小さいので
Yくんの出番が終わってから
少し早めに次男家に帰った

買い出しして来てお昼を簡単に作って食べ

Yくんとカルタ取りをして
全然Yくんにかなわなくてびっくりしたり
ブロックで遊んだり
チビMちゃんの活発な動く姿に感心したり

チビMちゃん

しばしまったりと過ごしたあと

みなとみらいの方へ出掛けることに       つづく

web拍手 by FC2
 箱根&横浜&江の島&鎌倉2泊3日の旅 ⑨  七里ガ浜の素敵カフェとちょこっと鎌倉
2018年04月16日 (月) | 編集 |
江ノ島を堪能して
再び江ノ電に乗車

今度は七里ガ浜という駅で降りる

七里ガ浜

駅からすぐ前が海

七里ガ浜

海岸通りには、ザ海岸通りといった感じのお店が点在

七里ガ浜

ガイドブックで調べて
海の見える絶景カフェを目指してきたのが
アマルフィーカフェというお店で
海岸通りから一本裏の通りに立っている
http://be-value.co.jp/restaurant/amalfi_CAFFE_PIZZA.html

七里ガ浜

1階はケーキ屋さんで
外の階段から直接2階へ上がる

七里ガ浜

店内とテラスに数席のこじんまりしたお店で

七里ガ浜

テラス席に座ると、こんな感じに海が見える

七里ガ浜

江ノ島も見える

七里ガ浜

江ノ島とは逆側の、前の建物の屋上が
なにやら手作り感満載の秘密基地みたいで面白い(^-^;

七里ガ浜

正確な価格は忘れてしまったけど
1000円くらいでドリンクも付いている
非常にリーズナブルなお値段のケーキセット

メインのケーキを1種類だけ選んで、あとのセットは同じで
夫はチーズケーキ

七里ガ浜

私はさくらモンブラン

七里ガ浜

とっても満足(*^^*)

七里ガ浜

素敵なティータイムまで堪能して
再び江ノ電に乗って鎌倉駅へ

鎌倉

降車専用と書かれたホームで降りたら
なんか線路にカエルのオブジェが・・・・

おかえりなさい な感じ?(^-^)

鎌倉

小一時間もないくらいなので
とりあえず小町通だけ、ささっと散策することに~

鎌倉

鎌倉


なんかもう、いきなりお洒落なお店に遭遇

鎌倉

友人たちとの賑やか修学旅行の時に
小町通りに来たのが3月29日

あれからまだ2週間余りでまたここに来ることになるなんてね~(^▽^;)

鎌倉

鎌倉

鎌倉

しかし、そのおかげで

あの時、ガイドブックで見て、行きたかったお店が
実は改装中で休業していて

この時はOPENしていて、買うことができたんだよね~(^O^)

鎌倉

鎌倉

レモンシュガーのクレープ♪

鎌倉

急ぎ足で歩いたら、小町通りを終点まで歩けて
鶴岡八幡宮まで無事到達

鎌倉

今度は参道の方を駅へ向かって帰る

3月には桜が満開で人だらけだったけど
鳩サブレの本店も、今日はわりと静かだった

鎌倉

桜もすっかり新緑に変っていた

鎌倉

桜の時期じゃなくて、平日だったら
多少は静かなのね

鎌倉



2泊3日の箱根 横浜 鎌倉 江の島 観光をいっぱい楽しんで

実は帰りは、川崎駅で
次男のお嫁さんのMちゃんとマゴのYくんと待ち合わせして
一緒に羽田空港から富山空港へ~(^O^☆♪ 

羽田空港の荷物被けるカウンターへ行ったら
ずらっと洗濯機みたいな機械が並んでいてびっくり(@_@)

それが自分で荷物をスキャンする機会だった
すごい!!東京オリンピックに向けてこんなことに?!

(画像はANAのHPからお借りしました)
羽田空港

MちゃんYくんと
夕食も空港内のお蕎麦屋さんで一緒に食べて~♪

帰り道もとっても楽しい道中だった(*^^*)

Yくん

web拍手 by FC2
箱根&横浜&江の島&鎌倉2泊3日の旅 ⑧ 江ノ電に乗って江の島観光 後編
2018年04月16日 (月) | 編集 |
鳥居をくぐって坂を上ると
参道には両側にお土産屋さんや食堂が並ぶ

一番賑わって行列だったのがタコ煎餅のお店
http://www.murasaki-imo.com/

江ノ島

ここじゃなくて山の上でも買えるとのことなので
ここでは並ばなかった(お腹もいっぱいだったし)

キティちゃんのレストランもあった(@_@)

江ノ島

江ノ島

頂上まで数百段あるという階段を上る

江ノ島

江ノ島

江ノ島神社境内でお参りをして~♪

江ノ島

エスカーに乗ってシーキャンドルまで

江ノ島

その途中ところどころに、カラーズフェストの一環?
春の花があちこちに咲いていた(^-^)

江ノ島

猫もいたりして

江ノ島

江ノ島

何度かテレビ番組で紹介されているのをみたけど
有料のエスカーって、何かと思うと
実はただのエスカレーター

江ノ島

上から見下ろしても普通のエスカレーター(^▽^;)

江ノ島

日本で初めて屋外に設置された有料エスカレーターなんだって

3区間に分かれていて、乗り場が3カ所ある

我が家は2カ所目の乗り場から乗って

降りたところがこんな感じで

江ノ島

江ノ島

3カ所の目の乗り場で、もう一回乗ると

江ノ島

頂上?というか、開けた展望エリアと
奥にはサムエルコッキング苑とシーキャンドル(展望塔)がある

展望エリアの売店にタコ煎餅のお店があり~

江ノ島

注文すると、すぐに大きなプレス機械みたいなので焼いてくれる

江ノ島

昔縁日で食べたイカ煎餅の巨大版みたいなおせんべい(^-^)

江ノ島

展望エリアの公園もお花がいっぱい

江ノ島

もちろん海が広がっているのが見える

江ノ島

サムエルコッキング苑とシーキャンドル両方に入場するチケットを購入して
サムエルコッキング苑のゲートから入園
https://enoshima-seacandle.com/

サムエルコッキング苑って一体何??と思ったら

明治時代中期イギリスの貿易商
サムエル・コッキング氏(1842~1914年)が造った温室遺構
和洋折衷で南国ムード溢れる植物園

なんだって!

植物園の中を、色とりどりのお花を眺めつつ歩いていくと

江ノ島

江ノ島

江ノ島

奥の方に何やらお洒落な建物が!

江ノ島

海の見えるカフェ LONCAFE 江ノ島本店 (ロンカフェ)
http://loncafe.jp/enoshima.html

江ノ島

江ノ島

とびっちょ丼のあまりのボリュームに
全然お腹に余裕がなかったのが残念(~_~;)

ロンカフェのテラス席の前にあるパティオみたいなところは
マイアミビーチエリアというらしい

江ノ島

絶景なり(=^・^=)

江ノ島

江ノ島

さらに植物園を通ってシーキャンドルへ

江ノ島

江ノ島

なんと、不覚にも
シーキャンドルの外観写真を撮り忘れてる(^▽^;)

↓これは、シーキャンドルの入り口近くにあったお洒落な移動販売車

江ノ島

そして、いきなり展望台の中からの景色

江ノ島

江ノ島

さらに屋上のオープンエアの展望台にも♪

江ノ島

江ノ島

江ノ島

江ノ島で、気持ちのいい景色満喫(*^^*)
web拍手 by FC2
箱根&横浜&江の島&鎌倉2泊3日の旅 ⑧ 江ノ電に乗って江の島観光 前編
2018年04月16日 (月) | 編集 |
朝、目が覚めたら
昨夜の宝石箱のような夜景が
今度は良く晴れて気持ちのいい景色に変っていた(*^^*)

みなとみらい

みなとみらい

夜遅くまでくるくる回っていた真下の遊園地の遊具は
朝にはひっそりと休憩している(^.^)

みなとみらい

ずっとライトアップされていた結婚式場は
明るい光の中で見ると、思ったより広くてびっくり

みなとみらい

観覧車の先に赤レンガ倉庫

みなとみらい

さらにズームすると
私のコンデジ(20倍ズーム)でも、
観覧車のゴンドラの中まで見える近さ!

みなとみらい

テレビや写真でよく見るみなとみらいの素敵な風景の
その真ん中に泊まっていたのね~と、うっとり (ㅅ´ ˘ `)♡

コンビニサンドイッチとコーヒーで
簡単だけれど
この景色を眺めながらの優雅な朝食を食べて

ちょっと名残惜しいけど、ホテルをチェックアウト
ホテルから直接地下街(?)を通ってみなとみらい駅へ

みなとみらい

横浜の駅に荷物を預け鎌倉へ

そして鎌倉から江ノ電に乗る(^.^)

江ノ電

かれこれ10年くらい前に
北鎌倉を散策して、鎌倉大仏を見に行った時に
一度江ノ電に乗ったことがある

住宅と住宅の間の狭い線路を走ってびっくりしたものだった

本日は月曜日で平日だったので
この時間(10:30頃)にはわりと空いていて
先頭車両に並んでいたら、運転席のすぐ後ろに座ることができて
とっても面白かった(^-^)

江ノ電

こんな狭い道を電車が走るなんてね~すごいわ~

江ノ電

単線なので、反対側から来る電車とすれ違う場所が決まっていて
そこだけ線路が二又に分かれている

江ノ電

江ノ電

単線のままの駅もあれば

江ノ電

たまには2車線ある駅もあり

江ノ電

駅でも何でもない場所がすれ違いの待ち合わせの場所もある

江ノ電

いやぁ・・・面白かった(^-^)

江ノ電のパンフレットによると
この海が見えてくるあたりで歓声が上がるそうだ(^-^)

江ノ電

確かに、海が見えてくるとなんだかワクワク

江ノ電

海の先には江ノ島も見えるよ~

江ノ電

我が家も江ノ島駅で降りたけど
車内の大部分の人がここで下車

そして駅の前で記念撮影する人も多数

江ノ電

このポールの上の雀のオブジェには
いつも毛糸で洋服を編んで着せている方がいらっしゃるのは
時々テレビなどで紹介されていて見たことがある

江ノ電

みなさんよくご存知で、この雀の写真を撮っている人もたくさんだった

江ノ島駅から細い道の商店街を海の方へ歩いて

江ノ島

アンダーパスのような通路を通って

江ノ島

橋を渡って江ノ島へ

江ノ島

江ノ島

橋のたもとの何やら特徴的な建物はアイランドスパ
その上に見える塔のようなものはシーキャンドルという展望台

江ノ島

鳥居の先にある江ノ島神社に向かう前に

江ノ島

ガイドブックで見て、ココ!と決めた「とびっちょ」という
シラス丼のお店へと向かった
http://tobiccho.com/shops/tobiccho

江ノ島

江ノ島駅から「シラス丼」という看板が出ているお店が
ずら~っと続いていた

とびっちょはシラス問屋だそうで
ガイドブックでもイチオシしていただけあって
11:30でももう結構な混み具合だった

海が見える席もあるけど
すでに埋まっていて
それでも待たずに席に座れてラッキーだった

メニューの一部~

江ノ島

江ノ島

江ノ島

夫が食べたのは生シラスの入った5色丼とあら汁

江ノ島

私が食べたのは とびっちょ丼1890円

江ノ島

これが、写真じゃ大きさがわからないけど
目の前に置いてもらった瞬間に驚愕するほどの大きさ!(@_@)
洗面器くらいある直径の丼

こんな巨大な丼、見たことない

しかも、もちろん美味しいに決まっている(*^^*)

もう何も食べられない・・・というくらい満腹(^-^;

江ノ島

お隣にはこんなお店↓

江ノ島

さてさて、鳥居をくぐって、散策に出発

江ノ島
web拍手 by FC2
箱根&横浜&江の島&鎌倉2泊3日の旅 ⑥ 箱根湯本でランチ&ロマンスカーのサルーン席
2018年04月15日 (日) | 編集 |
箱根湯本に14:00頃着いて
それほどお腹は空いてないけど、お昼をどうしようと協議して
軽めに麺類でも食べようということになり

駅のすぐ前にあるお店に入ってみた

箱根湯本

そば処 治兵衛というお店で
http://www.hakoneyumoto.com/eat/17

立地条件がいいこともあるだろうけど
こんな時間(14時)でも数人が待っているくらい混んでいた

すごく忙しそうなのに、お店の方がとっても感じが良かった(^-^)

夫は。。。なんだっけ、コレ?
なめこおろし蕎麦かな?

箱根湯本

蕎麦の味には厳しい夫が、結構美味しいと高評価だった(^-^)

末っ子はやまかけうどんだったかな?

箱根湯本

私はクリームあんみつ(^^ゞ

箱根湯本

そして、おにぎりとお味噌汁を、末っ子と分け合って食べた

箱根湯本

駅前のお店だと思って、それほど期待してなかったけど
なかなかどうして、どれも美味しかった

それから1時間ほど、各自自由時間でお土産を物色してぶらぶら

箱根湯本

箱根湯本

箱根湯本

箱根湯本

16:00頃、帰りのロマンスカーに乗車~

ロマンスカー

帰りの車両にはサルーン席があって、予約できていたので
楽しみにしていた

ロマンスカー

サルーン席とは、半コンパートメントみたいな席で
1~4人何人乗っても同一料金(普通席の4人分の料金)

だから3人で乗ると、1人分高いことになるけど
乗ってみたかったんだよね~♪

ロマンスカー

家族だけで、この空間に乗って行けるのはかなり快適

隣のボックスはこんな感じで近いけど

ロマンスカー

この車両には3つのサルーン席があるだけで
あとは、こういうカウンターがある

ロマンスカー

ゆふいんの森号では、こういうカウンターは売店で
すごく人気があって、お客さんがいつも並んでいたけど

ロマンスカーのカウンターは販売はしていなくて
普通の車内販売のワゴンが車内を移動して営業していた

カウンターで
「ここではミルクティー買えないんですか?」って訊いたら
カウンターの中から乗務員さんが出てきてくれて
ワゴンに積んであるポットから紙コップに入れてくれた(^-^;

とっても快適なロマンスカーだったけど
1時間の乗車であっという間に町田に到着

末っ子は明日が仕事なので
町田から社員寮へと帰ることになっていて

夫と私は東急東横線に乗り換えて
元住吉駅へ向かい
今夜は次男とお嫁さんのMちゃんとマゴのYくんと
一緒に夕食を食べることになっている♪

末っ子とは町田でお別れだけど
実は次の週末には
末っ子は出張で金沢に帰って来ることになっているので
「じゃぁね!金曜日待っているからね~」と、
元気に手を振って解散

web拍手 by FC2
箱根&横浜&江の島&鎌倉2泊3日の旅 ⑤ ガラスの森美術館
2018年04月15日 (日) | 編集 |
雨がやまなかったら
チェックアウトの12:00まで
ホテルでのんびりしていようということにして
朝食の後お風呂に入ったりゆっくりしていたところ
11:00頃にどうやら雨が止んだ様子

じゃぁせっかくなので観光に出掛けようと出発

どっちみちあまりいいお天気ではない予報だったので
2日目の本日は美術館見学に行こうと思っていた

箱根には、有名な「彫刻の森美術館」の他にも
たくさんの美術館が点在していて
中でも
ポーラ美術館、ガラスの森美術館
星の王子様ミュージアム、岡田美術館 
これが4大美術館としてガイドブックには紹介されている

とはいえ、4つとも見て回るには時間が足りないので
ひとつか、せいぜいふたつと考えると
どこもそれぞれ魅力的に紹介されているので迷う(^-^;

ヨーロッパ風の庭園が素敵だったのが魅力で
星の王子様ミュージアムが第一候補と思いながら

箱根湯本の駅のバスターミナルから登山バスに乗って
バスの中でもパンフレットやガイドブックを吟味して迷う

窓の外は森というか、こんな景色

箱根

我が家が乗っているバスは快調に山道を登って行くけど
箱根湯本方面へ降りている車線の車が
ものすごい渋滞していて全然進んでない(((((((・・;)

その対向車線のあまりの渋滞具合を見て夫が
「これは帰りが大変だな。帰りは登山列車にするか」と
さかんに帰りのことを憂慮している

昨日の海賊船や登山列車などの混雑をみて
夫と末っ子が
「夏の軽井沢みたいだね」と何度も言っていて
私も頭の中で、すっかりはこねニアリーイコール夏の軽井沢
という公式が出来上がっていて(^-^;
なんとなく移動時間に不安を感じてきた

最初にバスが停まった観光地が
ガラスの森美術館だったので

もうここで降りて観光して
あとは時間を見て考えよう

とっても迷っていた美術館選びは
こういう事務的な理由で、
あっさりガラスの森美術館に決定した(´▽`;)ゞ
http://www.hakone-garasunomori.jp/

ガラスの森美術館

箱根湯本はもう雨はすっかり止んでいたのに
ここは標高が高い山だからか、霧と小雨だった

ガラスの森美術館

入り口からもうヨーロピアンな雰囲気で、いい感じ♪

ガラスの森美術館

入場券はどの美術館も1500円前後で
箱根フリーパスの割引・JAFの割引・ホテルでもらった割引
などの割引があり、受付の方に訊いたら
その中で、一番割引としてお得なのが
ホテルでもらったパンフレットに付いた割引券だった
(といっても、50円くらい違うだけなんだけど)

ガラスの森美術館

ガラスの森美術館

ガラスの森美術館

ガラスの森美術館

ガラスの森美術館

園内案内図(クリックで拡大します)

ガラスの森美術館

↓こちらはカフェというかティールーム
ガラスの森美術館

きっとすごく素敵なんだと思うけど
朝からお腹いっぱいのままなので、無念だけど入れない(>_<)

光の回廊を通って、展示館の中へ

ガラスの森美術館

展示館の中には、古くて価値のありそうなガラスの品々が
とってもたくさん展示されている

↓こんな感じのとか、たくさんあって紹介しきれないけど(^-^;

ガラスの森美術館

中は広いし、迷路のように入り組んでいるし

途中でホールでバイオリンの演奏会が開催されたし

ミュージアムショップもたくさんのガラス製品が販売されていたし

ゆっくり見ていたら1時間以上美術館の中にいた

ガラスの森美術館

展示を見終わった頃には
すっかり霧も雨も上がって

ガラスの森美術館

ヨーロッパ風庭園も十分満喫できた

ガラスの森美術館

ガラスの森美術館

ガラスの森美術館

時間的には、ここからそう遠くないポーラ美術館か
一番行きたかった星の王子さまミュージアムの
どちらかに寄って寄れないことはなさそうだったけど

夫が道路事情の渋滞をずっと気にしていたし

箱根湯本へ早めに戻って
駅周辺で買い物する方が気持ちが楽だよねということになり
今回は美術館観光は一カ所で終了(^^)

また次回来ることがあれば、他の美術館へリベンジ!
web拍手 by FC2
箱根&横浜&江の島&鎌倉2泊3日の旅 ③ ド定番の芦ノ湖海賊船と大涌谷の黒玉子~
2018年04月14日 (土) | 編集 |
山のホテルのすぐ近くにある箱根神社は
パワースポットとして人気だそうで
外国人の観光客さんもたくさん歩いていた

湖水に浮かぶように立っている朱塗りの鳥居が
とても美しい光景だということなので

 トリップアドバイザーの画像をお借りするとこんな感じ
 
箱根神社 / 九頭龍神社新宮 (トリップアドバイザー提供)

ぜひとも行こうと思っていたのだけれど
空模様はどんどん怪しくなってきて
もういつ雨が降ってもおかしくないような雲だったので

雨がひどくなる前に
なんとか海賊船と大涌谷という
箱根観光のド定番をクリアーしておきたくて
神社にお参りするのはとりあえず諦めて
(明日のお天気や時間などみて、
 行けたら行こうということにして)

山のホテルのシャトルバスに乗って、元箱根港へと戻る

途中、ドライバーさんが
箱根神社は元箱根からの大鳥居から歩くより
この階段からの方が近道ですと仰っていた
箱根神社

道が混んでいるので、旧道を通りますとのことで
ケンペルとバーニーの碑と
旧街道という立て看板(?)があるところを案内してもらった

箱根旧道

箱根旧道

このあたりの杉の木は樹齢が2000年くらいだとか
それくらい古い杉だと花粉がでないとか
短い時間にいろいろ解説してもらって楽しかった

山のホテル、ランチだけ利用だったけど、素敵なところだった
芦ノ湖に突き出るような形のティールームもあるので
いつかそこにも行ってみたいなぁ(*^^*)

海賊船に乗るべく、乗り場の待合室に入る
https://www.hakone-kankosen.co.jp/

お天気が悪くなってきたせいか
時間がさっきより遅いせいか
ランチの前に見た時より
海賊船を待っている人の数は少ないようにみえた

箱根フリーパスで乗ることのできる海賊船だけど
(片道1000円 往復1840円)
500円プラスして特別船室券を購入すると
(フリーパスを持っている人は+400円)
ゆったり乗ることができるというポスターが貼ってあった

でも、並んでいる人もさっきより少ないうえに
我が家は少し早めに着いて並んでいたので
前から2~3番目だったし
わざわざ特別船室に乗らなくてもいいかな~と
気にもとめずに、乗船

海賊船


。。。。して、びっくり(((((((・・;)

海賊船は、3つある港の(箱根町港 元箱根港 桃源台港)
どこから乗ってもいいし、往復でも片道でもいいので
前の方に並んでいるからといっても
前の港から乗っていたたくさんの人が
そのまま乗船しているので
全然座れるような余裕がない(・_・;

夫と末っ子は、
8人掛けくらいの席の合間に空席をみつけて
それぞれバラバラに座らせてもらって
『立って乗るよりマシ』状態で
外の景色なんて全然見る感じじゃなく
末っ子はすぐさまスマホの画面に見入っている

え~~~・・・・
観光地で遊覧船に乗るのに
家族やグループがバラバラになって
他の人たちの中に混ざって座らせてもらって
まるで通勤電車みたいに
ただ移動するのをスマホ見て待つの?

いやぁ。。。。。。都会の観光地は本当に大変なんだわ~
(; ̄ー ̄A

私は特別船室の入り口の受付に行き
「今からでも特別船室のチケットは買えますか?」と訊いた
「はい、大丈夫ですよ」

3人分1200円也でチケットを購入し
夫と末っ子を呼びに行った

「え、別料金でここに入れるの?」
「そうよ~ここでも地獄の沙汰も金次第なのよ~」

特別船室の中はゆ~~~~ったり

海賊船

一般船室は通路で立っている人もたくさんなのに。。。

海賊船

海賊船

ようやく優雅な観光気分になって
窓の外の芦ノ湖を眺める

お天気が良ければ、こんな絶景が見るはずらしいけど
(画像は箱根ホテルのHPからお借りしました)

海賊船

実際見えるのはこんななんだけど(⌒-⌒; )

海賊船

けど、船に乗るのが大好きなので気持ちがいい(^-^)

せっかくなのでデッキに上る

芦ノ湖

海賊船

海賊船

デッキも、特別船室から上ることができるデッキと
一般船室から上ることができるデッキは分かれていて
赤い箱の柵の向こう側が一般船室のデッキ

海賊船

海賊船

乗っている時間は25分なので
あっという間に桃源台港へ到着

しか~し
もっと便数を増やして、
みんながゆったり座って景色を楽しめるようにすればいいのになぁ
せっかくの観光なのにねぇ┐(´~`;)┌


海賊船

ここから大涌谷に行くので、ロープーウェイ駅へ
http://www.hakoneropeway.co.jp/guide/

桃源台港

ロープーウェイ

ロープーウェイはさすがに全員が座って乗ることはできる
それにしても1台が18人乗りってすごいよね(@_@)

ロープーウェイ

ポツポツ雨

ロープーウェイ

本降りになる直前に、24分で大涌谷に到着

大涌谷

よくテレビの箱根の旅番組でみるのがこの大涌谷

大涌谷

大涌谷

大涌谷

大涌谷

大涌谷


なかなかに迫力ある景色を堪能

でも、3分くらい(^-^;

雨が降って、風が強くて、めっちゃ寒い
急いで黒たまご館に走って入る

大涌谷

中はたくさんの人

大涌谷

一個食べれば7年寿命が延びると言われる
大涌谷名物、延命長寿の「黒たまご」。 5個入500円

大涌谷

その場で、3人で分けて食べた
7年寿命が延びたかな(^-^)


玉子を食べて、建物から出たら、あたりはまっ白Σ(=°ω°=;ノ)ノ 

大涌谷

いあぁ~ギリギリセーフだった~(^▽^;)


再びロープーウェイに乗って、早雲山駅へ

大涌谷

ほぼまっ白な窓の外

大涌谷

標高が下がってきたのか、
霧が晴れて少し見えるようになってきて
早雲山駅でケーブルカーに乗り換え
http://www.hakone-tozan.co.jp/
(↑音楽が鳴る公式HPです)

DSC03620blog10.jpg

ケーブルカー

ケーブルカー

ケーブルカー

ケーブルカー

何に乗ってもたくさんの人(^-^;

ケーブルカー

ケーブルカー

強羅で、登山列車に乗り換えて箱根湯本に戻り
それから今夜のホテルへと向かうのだった

登山列車
web拍手 by FC2
箱根&横浜&江の島&鎌倉2泊3日の旅 ②山のホテルで芦ノ湖を眺めながらランチ♪
2018年04月14日 (土) | 編集 |
私は箱根って初めてだったので
ドロナワでガイドブックやネットで一夜漬けレベルで調べまくった

末っ子は大学生の頃には
京王線で新宿から近いところに住んでいたし
社会人になってから小田急沿線に住んでいるのもあって
箱根には何度も友達や勤務先の人と行ったことがあるそうだけれど
温泉に泊まるのが目的で
観光らしい観光はしたことがないというし

夫も以前仕事関係で一度(かな?)行ったことがあるけれど
これまた観光はしたことがない

ということで、観光に関しては初心者の3人旅(⌒-⌒; )


ロマンスカーの終点である箱根湯本が箱根観光の出発点で
ガイドブックにもネットにも
箱根湯本の駅にはコインロッカーが4か所もある
って書いてあったけど

利用する観光客が多いので、決して余裕の数ではなかった

しかも、外国人観光客さんたちは
長期旅行の方が多いのもあって
みなさんスーツケースが大きい

なので、コインロッカーも、大きいところが空いてない(´_`。)

遅めの時間に荷物を預けようとすると大変~

12時頃に箱根湯本に着いて
2カ所目のロッカーで、どうにか空きをみつけて荷物を預け
先ずは登山バスに乗って箱根神社方向を目指す

登山バス

初心者向けの王道観光ルートとは逆回りになる回り方なんだけど
なにしろ2日間ともお天気があまり良くない予報で

特に1日目夕方から2日目午後まで
風雨が激しいということだったので
芦ノ湖や大涌谷といった外の景色を楽しむ場所は
1日目の、雨が降り出す前に回ろうと思ったので。


箱根観光には箱根フリーパスなるチケットが便利ということだったので
現地で買う場所を探したりしなくて済むように
ロマンスカーのチケットと一緒に旅行社であらかじめ買って持ってきていた
https://www.hakonenavi.jp/transportation/ticket/freepass/

このフリーパスでは
 箱根登山電車
・箱根登山ケーブルカー
・箱根ロープウェイ
・箱根海賊船
・箱根登山バス(指定区間)
・小田急箱根高速バス(指定区間)
・東海バスオレンジシャトル(指定区間)
・観光施設めぐりバス(箱根登山バス)

以上の交通機関に乗り放題だということだったので
乗り物に乗って観光するのが大好きな私はワクワクしていた

けどね~甘かったんだわ~

都会の人の多さに対する認識が圧倒的に甘かったのよね~
┐(´~`;)┌

先ずはこの登山バスが長蛇の列だった

我が家の前の2~3組の人たちは
「座って行きたかったら次のバスを待ってください」と
係りの人に言われて、乗るのを諦めて列を離れられた

我が家としては
立って乗ってでも早く着きたかったので頑張って乗った
そしたら
外国人の団体さんの合間合間に空席があったので
その中に紛れ込むように、座らせてもらうことができて助かった

カーブの多い山道を40分ほど走るので
立って乗っていたら結構きつかったと思う(^▽^;)

登山バス

家族バラバラに、団体さんの合間合間に座らせてもらっていたので
座れるだけで上出来な車内では
景色を見るような余裕はなく

ひたすら目的地に着くのを待って乗車しているわけで
『乗り放題の登山バス』という言葉から想像していた
移動中も観光というイメージは甘かったのよね~

で、箱根神社や芦ノ湖の海賊船乗り場 である
元箱根港で降りた時には

芦ノ湖畔

うわ~~~~海賊船だ~~~
芦ノ湖だ~~~
綺麗~~~~ (ノ´▽`)ノ

と、到着した喜びは大きかった

芦ノ湖畔

で、ふと見ると
海賊船に乗るために並んでいる人の列にぎょっとする
Σ(=°ω°=;ノ)ノ 

芦ノ湖畔

ランチ難民になるのを避けたかったので
ロマンスカーの中で家族会議をして
山のホテルのレストランに行くことに決まり

ロマンスカーのデッキから電話してみたところ
1:30頃なら予約できるとのことだったのでお願いしておいた

この海賊船乗り場の元箱根港の前のバス停から
山のホテルへのシャトルバスが出る

芦ノ湖畔

山のホテル

シャトルバスのドライバーの方は
10分足らずの短い移動時間の中でも
スマートな冗談を交えながら
ご挨拶や解説をして下さり
シャトルの中から優雅な気分になった(*^^*)

そして、ホテルの中がまたクラシカルでエレガント
とっても素敵な雰囲気だった(*^-^)b

つつじの茶屋@山のホテル

山のホテル

山のホテル

和食のレストランつつじの茶屋
http://www.hakone-hoteldeyama.jp/restaurant/tsutsuji/

少し高台にあり、芦ノ湖を見下ろすことができて
静かで落ち着いた素敵なところだった

つつじの茶屋@山のホテル

つつじの茶屋@山のホテル

ピークを過ぎて、少し空いてきた時間だったため
窓側の席に案内してもらえた

つつじの茶屋@山のホテル

末っ子は和風ステーキ御膳 ¥3,564

つつじの茶屋@山のホテル

夫と私は春花膳 ¥3,326

つつじの茶屋@山のホテル

どちらの御膳も、このプレートは同じお料理

つつじの茶屋@山のホテル

春花膳のお鮨と天ぷら
つつじの茶屋@山のホテル

春花膳のお蕎麦
つつじの茶屋@山のホテル

デザートに水菓子(これもステーキ膳と同じ)
つつじの茶屋@山のホテル

とっても優雅なランチタイム満喫(*^^*)

山のホテル

山のホテルのレストランにしてよかったね~と一同大満足

web拍手 by FC2